スポーツ

香妻琴乃 注目度が高まる期待の“美人ゴルファー”素顔(1)絶妙フェロモンで中年男性ファンを魅了

20141127k

 ゴルフファンの間で「美人すぎる女子プロゴルファー」として話題になっていた香妻〈こうづま〉琴乃(22)。今季は賞金ランキング20位と、人気に実力も追いついてきた。一気に注目度が高まってきた彼女の素顔とは──。

「自分のゴルフもできたので、次に生かせると思います。全部出し切りました」

 去る11月7日から9日まで行われた「ミズノクラシック」ではプレーオフの末、2位タイ。あと一歩のところでツアー初優勝を逃した香妻は、会見で淡々とこう語ったものだ。ゴルフライターの月橋文美氏が言う。

「157センチ、51キロと小柄な体型ながら、ドライバーの飛距離は260ヤードで、(アマチュア時代から)実力はトップクラスでした。プロデビュー後、しばらく調子を崩して飛ばなくなっていましたが、今季は復調しつつありますね。パットがとても安定しています」

 日本女子プロゴルフ協会によれば彼女に対する今季のファンメールの数は469通で、女子プロゴルファー中4位に急浮上。自身のツイッターのフォロワー数も今や1万5000人に迫る勢いだ。

「7月の『サマンサタバサレディース』に続くプレーオフ負けとあって、今回の惜敗は各メディアが大きく取り上げた。試合会場でも香妻は一番人気で、大勢のギャラリーが殺到。試合で着ていたウエアを『娘に着せたい』と、デパートのゴルフ用品売り場に来る中年男性も増えているそうです」(ゴルフ専門誌編集者)

 香妻の人気の秘密について、在京民放テレビ局のゴルフ担当記者が語る。

「かねてより『“魅せるゴルフ”を目指します』と公言している彼女はファッションにも気を遣っています。試合では、推定Dカップと言われる弾力のありそうなバストの輪郭がはっきりわかるタイトなウエアを着用してボディラインを強調。さらにミニスカートやショートパンツをはくことも多く、生太腿を隠さない。ショットではヘソ出しもたびたび見られ、ギャラリーを沸かせています」

「ミズノクラシック」の前夜祭では首回りが大きく開いたシャツに黒いミニスカ、10センチ近い高さのハイヒールという私服姿で男性陣を悩殺していたという。この記者が続ける。

「女子プロゴルファーに美人選手はいても、多くは自分の娘にしたいようなかわいらしいタイプです。ところが、香妻は愛人、それも高嶺の花ではなく手が届きそうな癒し系の雰囲気がある。そんな絶妙なフェロモンが中年男性たちをも引きつけているんでしょう」

 実際、その魅力をキープするため、香妻は私生活でも努力を続けているという。ゴルフ専門誌編集者が明かす。

「以前、撮影でプロのヘアメイクに化粧をしてもらった時も彼女は『目を、パッチリ大きく見せるにはどうすればいいですか?』と熱心に質問してました。日頃からファッション誌を熟読してメイクの研究にも余念がありません。最近は黒いアイライナーを使い目尻のラインを跳ね上げる『小悪魔メイク』がお気に入りだそうです。ファッションモデルのウオーキングや立ち姿を鏡の前でマネしたり、柔軟性アップのためにヨガもやっているそうです」

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「私にくわえさせると薬物に火を点け…」清水良太郎を通報した女性が告白
2
体操 田中理恵 「カメラマン」に対抗した仰天措置 「恥骨テーピング」で激写封じしていた
3
大竹しのぶ「男を吸い尽くす」魔性の手口(1)略奪婚で「泥棒猫」と罵倒された
4
元SMAP「72時間番組」で危ぶまれる「視聴不可能」の大トラブル!
5
胸のトップがハミ出てる!?水原希子「ギリギリ画像」大量公開の切迫事情