事件

事件

講談社エリート社員「妻殺害」逮捕までの焦燥言動!(2)先々の引き継ぎを暗示する言動

朴容疑者はその実績から、社内の新人研修や漫画のイベントなどで登壇して弁舌をふるうことも多く、「かのスティーブ・ジョブズのように、壇上を右に左に歩き回りながら話す癖がありました。おもしろい話もするんですが、表情だけは終始変えない。業界内で『朴…

カテゴリー: 事件 | タグ: , , , , |
事件

講談社エリート社員「妻殺害」逮捕までの焦燥言動!(1)社内でも不可解な現象が起きていた

妻を殺害した容疑で1月10日に逮捕されたのは、出版最大手、講談社のエリート社員だった。09年に「別冊少年マガジン」の創刊メンバーとして、空前の大ヒット作「進撃の巨人」を世に送り出し、昨年6月からは漫画誌「モーニング」の編集次長として辣腕を振…

カテゴリー: 事件 | タグ: , , , , , |
事件

これ以上「進撃の巨人」を貶めないで!元編集者の殺人容疑でコミックファンが涙

一般人とはいえ、衝撃のニュースといっていいだろう。大手出版社・講談社の人気コミック誌「モーニング」の編集次長だった、朴鐘顕容疑者が逮捕された。容疑は昨年8月に亡くなった、妻の殺害。これが事実なら、コミック界を揺るがす大事件に発展しかねない。…

カテゴリー: 事件 | タグ: , , , , |

事件

7年ぶり急転…「島根女子大生殺人事件」犯人が撮影したおぞましい写真(2)事件報道後「実家に帰る」と…

鬼畜の所業を写真に収めていた矢野容疑者とは、いかなる人物だったのか。中学時代の同級生が明かす。「おとなしく真面目で、女性と話すのが苦手なタイプ。体格はガッチリしていて筋肉質で、中学では陸上部に所属していた。部の合宿で海に行った時、ウニを踏ん…

カテゴリー: 事件 | タグ: , , , |
事件

7年ぶり急転…「島根女子大生殺人事件」犯人が撮影したおぞましい写真(1)遺品の中に…

7年も前に発生した「島根女子大生バラバラ殺人」が急展開したのは、16年12月17日のこと。犯人は事件発覚2日後に事故死した、前科持ち。男のデジカメには、被害者を“解体”する鬼畜の所業が残っていた──。09年10月26日夜、島根県立大学1年生…

カテゴリー: 事件 | タグ: , , , |
事件

アサヒ芸能「スクープ大事件史」Vol.17(4)木嶋佳苗「悪魔の男狩り」手口

09年9月、埼玉県警は住所不定無職の木嶋佳苗を詐欺罪で逮捕した。婚活を利用した不審死事件の容疑者として次から次へと男を騙していた彼女の生き方とは…。木嶋は北海道別海町出身。取材では、小6の頃から性体験を吹聴する早熟で、中学高校時代の性的な仕…

カテゴリー: 事件 | タグ: , , , |
事件

アサヒ芸能「スクープ大事件史」Vol.17(3)「ヒ素カレー」事件の林真須美容疑者の判決は…

98年7月、和歌山市園部地区の夏祭りでカレーライスを食べた67人が腹痛や吐き気を訴えて救急搬送、4人が死亡した。吐瀉物からは亜ヒ酸が検出され、事件の幕が開いた。〈「AさんとBさんは現在わかっているだけで、総額1億3000万円の会社名義の保険…

カテゴリー: 事件 | タグ: , , , |
事件

アサヒ芸能「スクープ大事件史」Vol.17(2)整形逃亡5459日!福田和子が拘置場で味わった苦い経験

97年7月、潜伏先の福井市で逮捕された、指名手配逃亡犯の福田和子。時効成立21日前、ぎりぎりのタイミングだった。整形手術「8つの顔を持つ女」「22に及んだ偽名」、パチンコや宝飾品好きなど、男をダマし14年11カ月に及んだ日々は魔性の女よろし…

カテゴリー: 事件 | タグ: , , , , |
事件

アサヒ芸能「スクープ大事件史」Vol.17(1)「昼の顔」と「夜の顔」“春をひさぐ奇怪な女”の肖像

「愛欲とウソと迷宮」の謎に多く包まれた、90年代に起きた女たちの事件簿。取材の過程で明らかになった事件の主役となった魔女、怪女、毒女たちの「闇の肖像」。そこから浮かび上がった女たちの人生ドラマをダイジェスト公開する。97年3月、渋谷区円山町…

カテゴリー: 事件 | タグ: , , |
事件

アサヒ芸能「スクープ大事件史」Vol.16(9)19人を刺殺した植松聖の黒幕とは?

その「池田小児童殺傷事件」の殺人鬼、宅間守のことを思い起こさせたのが、16年7月26日未明に起きた戦慄の「相模原19人刺殺事件」である。戦後最凶の刺殺事件は、数秒ごとに1人のペースで無抵抗の入居者を殺害した犯行だった。殺人鬼の名は、植松聖(…

カテゴリー: 事件 | タグ: , , , , |
事件

アサヒ芸能「スクープ大事件史」Vol.16(8)宅間守の実父が語る殺人鬼の素顔

あの阿鼻叫喚の地獄絵図の一報を聞いたときの記憶が忘れられない。出刃包丁を手にした金髪の殺人鬼・宅間守が白昼の小学校を襲い幼い命を次々と奪った殺人現場はあまりにも凄惨だった。事件直後、記者は実父に6時間インタビュー。そして、拘置所移管後には、…

カテゴリー: 事件 | タグ: , , , |
事件

アサヒ芸能「スクープ大事件史」Vol.16(7)市橋達也の2年7ヶ月に及ぶ逃走劇

2年7カ月に及ぶ逃亡を経ての逮捕劇はテレビ報道の演出もあって大きな関心を集めた。おまけに逃亡の記録を出版するという、稀有な殺人者──。千葉・市川の自宅ベランダで殺害された英会話学校女性講師の遺体が発見されたのは07年3月のことだった。逮捕後…

カテゴリー: 事件 | タグ: , , , |
事件

アサヒ芸能「スクープ大事件史」Vol.16(6)桶川事件のその後

事件は殺害の実行犯やストーカー行為を手伝った仲間ら13人の逮捕者を出したが、主犯の小松の行方はようとして知れなかった。だが、翌年1月27日、北海道弟子屈町の屈斜路湖で遺体で発見される。99年2月10日号はその模様をこう伝えている。〈白鳥を撮…

カテゴリー: 事件 | タグ: , , , |
事件

アサヒ芸能「スクープ大事件史」Vol.16(5)桶川の犯人は「ヤキモチ焼きで凶暴な素顔」

いま思い起こしても、卑劣極まりない事件のひとつといえるだろう。桶川駅前で刺殺された21歳の美人女子大生。事件の鍵を握っていたのは彼女にしつこくつきまとっていたかつての交際相手だった。実は、事件の一報を伝えた1999年11月18日号で、ほぼ犯…

カテゴリー: 事件 | タグ: , , , |