芸能

“ダウンタウンVSとんねるず&爆笑問題”全因縁をバラす(1)「いいとも!」最終回は大混乱に

20140417a

 32年の歴史に幕を閉じた「笑っていいとも!」は歴代のレギュラー陣が一堂に会し、華々しいフィナーレを飾った。近年のバラエティ不況を吹き飛ばす高視聴率を叩き出したが、それは主であるタモリの幕引きだけではない。お笑い界の“禁断の共演“が多く実現したことへの関心の高さだった。

「これ、プロレス? これ、オレの番組だぞ!」

 独特の表現でタモリ(68)があきれ顔を見せる。

「はっきり言って、このメンバーで仲よくできるわけないだろが!」

 爆笑問題・太田光(48)が大声で叫ぶ。さらに──、

「タモリさんのおかげで仲悪い人たちと会うことができた」

 そう続けると、ダウンタウン・浜田雅功(50)が殴りかかるそぶりを見せる。3月31日にオンエアされた「笑っていいとも! グランドフィナーレ 感謝の超特大号」(フジテレビ系)は、まさしく“カオス”の盛り上がりを見せ、28.1%もの高視聴率を獲得。

 特番では、タモリの永遠の恋人・吉永小百合が、千葉からの中継ながら初登場というサプライズがあった。ただ、それ以上に視聴者の関心を集めたのは、ダウンタウン、とんねるず、爆笑問題、明石家さんま、ウッチャンナンチャン、ナインティナインという当代きってのお笑い芸人が同じ場に居並ぶという“奇跡”に対してであった。

 同じ特番に出演したバナナマン・設楽統(40)は翌日の「ノンストップ!」(フジ系)で、いみじくもこう語ったものだ。

「お笑いレジェンドたちが一堂に会した。これ、すごいことなんですよ。同じ画面にこういう形でこの人たちがいるのは、もろもろなことがあって実現しない。同じ局内にいても絶対に会わないなんて噂を聞いたことがある」

 当初はさんまに始まり、ダウンタウンやウンナンが1組ずつ順にタモリとトークをするという構成だった。ところが、例によって先陣のさんまが引っ張ったため、「長いよ!」と言いながらダウンタウンとウンナンが乱入。さらに、とんねるずと爆笑問題も割って入ったため、結果的に夢の共演が実現した形になったのだ。

 その舞台裏について、ナインティナイン・岡村隆史(43)が自身のラジオ番組で驚きの事実を口にしている。

「各事務所のマネジャーから怒号が飛び交っていた。ただ立ち会っていただけの『めちゃイケ』のスタッフにも、『ここまでやるとは聞いてない!』とか『いったいどうなってんだ!』って迫っていましたから」

 そして番組の終了後、ムッとした表情で飛び出したのが浜田だったという。その浜田が、共演の場面でもツッコミすら入れずにスルーした相手がとんねるず・木梨憲武(52)であったことから、1つの仮説がぶり返す。

「やはり、浜ちゃんの嫁を巡る因縁を許していなかったんでしょうね」(スポーツ紙芸能デスク)

 その因縁とは、95年に出版された「とんねるずの元マネジャー」と称する渡辺進氏の暴露本「貴明と憲武」(鹿砦社刊)に起因する。

〈独身のはずの憲武のマンションに行くと、部屋の中に人の気配がした。内側からドアが開いた。見ると、あの肉感派の美女タレントNがそこに立っていた〉

 それが浜田の妻である小川菜摘(51)だったというのだ。

◆アサヒ芸能4/8発売(4/17号)より

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

アサ芸チョイス:

  1. 57616
    ストロングすぎる!?雨上がり決死隊・蛍原のおかっぱ頭に史上初の異変が!

    4月27日、「スカルプD 薬用スカルプシャンプー ストロングオイリー」の記者発表会が開催され、CMでお馴染みの「雨上がり決死隊」の2人が

  2. 62097
    この3つがNG習慣!急速に増加中、目のピントが崩壊する「スマホ老眼」とは?

    近頃、ふとした瞬間に「あれ?目のピントがおかしいぞ…」。そんな感覚を持った人はいないだろうか?もしも、答えが「YES」で、さらにあなたが

  3. 58844
    夫の昔と今のギャップで離婚を考える妻も!小林製薬が発表した驚愕の調査結果

    インパクトのある商品名を付けることでお馴染みの小林製薬が「ナイシトール」発売10周年を記念して、「夫の昔と今のギャップに関する調査」を実

注目キーワード

人気記事

1
浜崎あゆみ、AAA浦田直也との抱擁キス写真公開に「話題作りに必死すぎ」と失笑
2
やっぱりコネ入社?フミヤの息子・藤井弘輝アナの“鼻毛”より驚いた非常識ぶり
3
信じられない!月9ドラマで桐谷美玲と三浦翔平の犯罪行為に視聴者ドン引き
4
あのアニメキャラに似てる?深田恭子のインスタ水着画像に賛否が続出
5
これがティファニーの接客?武井咲、主演ドラマの「ありえないタメ口」に批判殺到