社会

福島瑞穂 慰安婦問題を流布し続けた30年間の“反日履歴”とは?(2)人権派を自称しているが…

 福島氏は「ワールドウォッチング」でこうも語っている。

「性暴力という言葉がありますけど、奪ったのは彼女たちの人生そのもの」

 こうして彼女は結果的に、元日本兵に「性犯罪者」のレッテルを貼ったのだ。そんな福島氏は「人権派」を自称しているが、大月氏は嘲笑する。

「東大法学部という、左翼思想のエリート官僚養成所で真面目に正しいことをやってきた『だけ』という意識でしょう。何の後ろめたさも罪悪感も、今もなお持っていないでしょうね」

 藤井氏もこう憤る。

「初めから検証もせずに、強制連行をやったと決めつけたんです。要するに、日本人をおとしめさえすればいいと考えたんでしょう。日本人が相手になると、人権もまったく考えないんですよ。『人権派』なんて名乗ることこそ笑止千万です」

 一連の「慰安婦問題」のおかげで、福島氏は弁護士としての地位を確固たるものとした。98年には社民党から出馬し当選。03年には党首となる。鳩山由紀夫内閣では、内閣特命担当大臣も務めている。

「彼女には慰安婦問題でメディアに出たメリットがあったと思いますよ。売名行為としてのウマミはあったでしょう」(藤井氏)

 冒頭のネット放送以外で、福島氏は朝日新聞の問題に対する説明をしていない。そこで事務所にコメントを求めると担当者からこんな答えが返ってきた。

「準備ができていないので、お答えできない」

 ならば所属する社民党に、福島氏が説明しない理由を聞くと、担当者がこう答えた。

「全部の政党にアンケートしたのではなく、こちらだけへの質問ですよね? だったらお答えできません」

 もはや慰安婦問題を扱ってきた自覚があるのかも怪しいところだが、誤報を認めた朝日よりも重罪とも言える福島氏を大月氏はこう評する。

「『戦争』絡みの『慰安婦』問題というものすごく大きな話になったので見誤りますけど、要はあの人、今で言う『小保方さん』でしょ。大した自覚もなくうっかりやらかしちまった、ってことなんじゃないですか」

 国会での説明も議論されている福島氏。政治家としての説明責任をどう果たすのだろうか。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「私にくわえさせると薬物に火を点け…」清水良太郎を通報した女性が告白
2
体操 田中理恵 「カメラマン」に対抗した仰天措置 「恥骨テーピング」で激写封じしていた
3
大竹しのぶ「男を吸い尽くす」魔性の手口(1)略奪婚で「泥棒猫」と罵倒された
4
元SMAP「72時間番組」で危ぶまれる「視聴不可能」の大トラブル!
5
胸のトップがハミ出てる!?水原希子「ギリギリ画像」大量公開の切迫事情