芸能

清原和博 「捨てられ離婚」までの“不倫中毒”な野獣生活

20141009a

 ここ何年も「離婚」のキーワードが浮上していた球界の番長が、ついに「戦力外通告」を受けた。モデル妻が見切りをつけた原因は、現役時代の打撃のごとく豪快な、下半身暴走だった。

「直接の原因は不倫旅行です。あの騒動が決定打となり、奥さんが『絶対に別れる』と。でも2人の息子のために‥‥と、思いとどまって仮面夫婦を続けましたが、限界が来てしまった」

 9月22日にファックスで離婚を発表した清原和博氏(47)についてスポーツライターが話す「不倫旅行」とは、09年に発覚した3件の隠密行動のことを指す。

 この年の3月、TBSの解説者として渡米し、WBC米国ラウンドに臨んだ際に愛人女性を同伴。飛行機内や空港などでイチャつく姿が目撃されている。

 さらに5月には、F1モナコグランプリ中継番組のスペシャルキャスターとして現地へ飛んだ。ここでも3月の渡米時と同じ女性と成田空港に現れ、出国。その女性と思われる人物が、スタッフとして実際の放送画面に映っていたのである。もちろん、帰国も2人一緒だった。

 清原氏と愛人は、国内旅行も楽しんだ。神戸、大阪を3泊4日。同じく09年9月のことである。

 こうした行状は立て続けに報じられ、亜希夫人の知るところとなったのだ。

 この愛人は、銀座の高級クラブ「R」のママで、清原氏より少し年上の美女。アスリートをマネジメントする事務所の幹部が、2人のつきあいについて言う。

「竹芝桟橋(東京・港区)近くにあるマンション付近で清原氏の姿を頻繁に目撃する、という報告を受けていました。どうやら愛人ママの自宅があったようです。清原氏は彼女に対し、将来的に結婚するつもりだ、という話までしていた」

 清原氏がかつて所属していた事務所の関係者も、こう話すのだ。

「清原氏が泊まっているシティホテルのロビー付近に運転手が延々と待機させられたことがあるそうです。一緒に部屋にいたのは愛人ママで、夜にチェックインして翌日夕方まで出てこなかった。それがつらくて『もう清原さんにはつきあいきれません』と言って辞めていった」

 ところが、こんな遊びっぷりが世間にバレても、

「球界では『またか』というそっけない反応だった。誰も驚かないというか、そんなの現役時代から当たり前のことだったから」

 と苦笑するのは、スポーツ紙デスクである。

「(巨人時代に)結婚する際、清原氏は亜希夫人に10億を渡したとか。仲のいい選手に『嫁に普通預金渡したわ』と打ち明け、『いくらですか』と聞かれて『10億や』と答えた、と。生活資金を渡したから、あとは遊んでも‥‥ということでしょうか。遠征先に女性を同伴していたこともありました。結婚間もない00年10月の日本シリーズ宮崎合宿では、ホステス風の女性と宮崎市内のホテルで会っていた。翌年の宮崎キャンプでも同じホテルで、今度は別の女性とのツーショットを目撃されています」

 独身時代から「夜の三冠王」「六本木の種馬」の称号は球界に知れ渡り、

「(大阪の)新地やミナミのクラブで『私は清原の女です』と言うのが何人いたことか。札幌遠征の試合時には『昨日から清原の女がいっぱい来て大変だった』と関係者がボヤいていたこともある」(セ・リーグ球団スカウト関係者)

 その野獣生活は所帯を持ったあとも続き、「不倫中毒」症状が治まることはなかった。清原氏が右脚ふくらはぎに入れ墨を入れて球界で問題視された際、

「主人は(指導者として)球界に復帰したいと言っています。入れ墨は私が責任を持って消させますから」と、関係者に頭を下げていた亜希夫人の気持ちを、結局は裏切ったことになる。

「今年3月に報じられた薬物疑惑や奇行、解説の仕事のドタキャンなどが追い打ちをかけ、もう連絡を取るのをやめたい、と関係を切る球界OBは多い。ほぼ野球界から抹殺された存在で、最近はもっぱらパチンコ店のイベント営業に行っている」(前出・スポーツ紙デスク)

 指導者として「トライアウト」を受けられる日は来るのか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「さんタク」正月放送決定でも2人を隔てる不穏な空気
2
竹内涼真に「最速で人気急落」が囁かれる5つの“問題言動”!
3
戸田恵梨香の車で事故った成田凌にファンが「交際発覚」より失望した事実!
4
清水良太郎、逮捕現場ホテルに垣間見えた「薄っぺらいプライド」!
5
木村拓哉、映画の会見での場違いトークにネット民がざわつきまくり!