芸能

今年の大晦日、「紅白」に松たか子の姿はあるか?

20141010matsu

 人気女優として映画やドラマ、舞台などで活躍する一方、今年公開されたディズニー映画「アナと雪の女王」で雪の女王・エルサの吹き替えを担当し、劇中歌を見事に歌い上げた、松たか子(37)が改めて存在感を放っている。

 一部では、大晦日の「NHK紅白歌合戦」への出場も取り沙汰されているが──。

「昨年は『あまちゃん』企画で何とかそれなりの視聴率を獲得した『紅白』ですが、今年は邦楽にめぼしいヒット曲がなく、目玉になりそうな企画もないため、NHKサイドとしては大ブームになった『アナ雪』になんとかあやかりたいと思っている。もともと、最近のNHKは若年層の視聴者獲得に力を入れていて、アイドル枠を増やしたりしています。昨年などアニメ『進撃の巨人』のオープニングテーマ曲を歌う『Linked Horizon』を出場させたくらいですからね」(レコード会社社員)

 とはいえ、“アナ雪ファミリー”の中でも、以前から「紅白」出場に色気を見せるMay.Jや、過去に松田聖子と母娘共演を果たすなどNHKと良好な関係を築いている神田沙也加と比べ、肝心の松は「紅白」出場にあまりノリ気ではないと言われてきたのだ。

「松さんは表向き、最近音楽活動から距離を置いていることを理由に難色を示しているとされていますが、実のところはMay.Jさんや神田さんと同格に扱われることを嫌がっていたんだと思います。実際、May.Jさんと神田さんは『アナ雪』ブーム以来、バラエティ番組なんかにもよくゲストとして一緒に出演していますが、松さんは距離を置いている感じですしね」(芸能プロダクションマネジャー)

 だが、ここに来て松の態度が軟化した背景にはいったい何があったのか。

「もともと、松さんは96年に当時史上最年少で『紅組』の司会を務めたり、翌97年には歌手として出場するなどNHKサイドとはパイプがあるし、関係も悪くない。NHKサイドとしてはなんとか松に『紅白』へ出場してもらうため平身低頭で交渉を続けるとともに、なんらかの交換条件を出したのではないかと言われています。ウワサになっているのが大河ドラマのヒロインの座。来年の大河は井上真央主演の『花燃ゆ』で決定していますが、再来年以降はまだ白紙ですからね。松さんなら大河ドラマのヒロインに選ばれても、女優としての格も備えているので視聴者も違和感はないでしょう」(前出・レコード会社社員)

 松が大晦日のステージに立つ可能性が高くなってきたようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
竹内涼真に「最速で人気急落」が囁かれる5つの“問題言動”!
2
「さんタク」正月放送決定でも2人を隔てる不穏な空気
3
広末涼子、「ぶっちゃけ発言」で囁かれ始めた“深刻な家庭事情”!
4
松本潤が有村架純に完敗!?主演映画で魅力を発揮できなかった意外なワケ
5
座ったまま合体!有村架純、松本潤との超過激ベッドシーンに映画関係者も大興奮