社会

山崎元の「なっ得!オヤジのためのマネー講座(最終回)」 ー一生役立つマネー運用五か条ー

20150212v

未来に集中してお金を動かそう 一生役立つマネー運用五箇条

 本連載は今回が最終回だ。まとめの意味も含めて、親愛なるオヤジ読者に向けて、一生役立つマネー運用の心得五箇条をお届けしよう。

 その一、お金の話では他人を信用するな。他人の話を頼って自分のお金を動かしてはいけない。金融マンが儲け話を勧めてくれるのは、自分では儲からない話だからだ。彼らはプロなのだから、本当に儲かるものは他人に回さない。筆者のような評論家も含めて「専門家」が、素人よりも相場を当てられるわけではない。ただ、解説がうまいだけだ。また、人は怪しいものに手を出すと、仲間が欲しくなる生き物だから、友人のクチコミも信用しないほうがいい。お金は、自分のわかる範囲、計算できる範囲で動かそう。

 その二、配当・分配金にこだわるな。特に毎月分配型の投資信託は最低だ。高齢者は、利息や配当、分配金を重視すべきだというのは誤った先入観だ。しかし、金融業者がこれを利用して悪い商品を売っている。高齢に近づきつつあるご同輩には、大いに気をつけてほしい。運用にまで年を取らせる必要はない。

 その三、NISA(少額投資非課税制度)とDC(確定拠出年金)は目一杯使え。

 現在、お金を運用した利益には2割の税金が課される。これを回避できるのが、NISAとDCだ。NISAは日本の成人なら誰でも利用でき、1年当たり100万円までの投資の利益が5年間非課税になる。DCは、勤め先の会社にある場合とない場合があるが、ない場合には、個人型確定拠出年金が利用できることが多い。DCは給料から税金を引かれる前のお金を積み立てられるので、節税のメリットが大きい。どちらも、使わないともったいない。ひと手間掛けて調べる価値がある。

 その四、インデックスファンドを買え。リスクを取って運用する対象として、現在、わかりやすくて手数料が安く、誰にでもお勧めできるのは、インデックスファンドと呼ばれる、株価指数に連動するように運用される投資信託のみだ。手数料は博打ならテラ銭だ。投資信託は手数料の安いものがいい。日本株は「TOPIX連動型上場投資信託」(コード番号1306)、外国株式は「ニッセイ外国株式インデックスファンド」が現在お勧めできる。いずれも、ネット証券で買える。内外の株式をおおむね半々に買うといい。リスクの大きさは、投資金額の多寡によって「自分で」調節しよう。金融マンに丸投げはいけない。

 その五、自分の買値にこだわるな。株式でも、投資信託でも、自分の買値にこだわって処分を決めるのは愚かだ。過去は将来に関係ない。まして、損を取り返そうなどと考えるのは大怪我の元だ。変えられるのは未来だけだ。運用も人生も未来に集中しよう。ご愛読ありがとうございました!

◆プロフィール 山崎元(やまざき・はじめ) 経済評論家。58年、北海道生まれ。東京大学経済学部卒業後、三菱商事に入社し、野村投信、住友信託、メリルリンチ証券など12回の転職を経て、現在は楽天証券経済研究所客員研究員。獨協大学経済学部特任教授。「全面改訂 超簡単 お金の運用術」(朝日新書)など著書多数。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    薬用和漢のチカラで髪を強くしなやかに…頭皮環境から考える山野愛子流「育毛」ケアとは?

    Sponsored
    76814

    20~60代の女性を対象に行った、ある髪に関するアンケートの結果によると、なんと9割以上の女性が「髪にツヤがあるほうが若く見えると思う」と回答し、4割以上が「初対面の女性の髪の状態またはヘアスタイルを見て、年齢を判断する」と答えたのだそうで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    女性と無縁の理系アラフォー男が3ヵ月で結婚!男が頼んだ“婚活のプロ”の正体とは?

    Sponsored
    74637

    「男子校出身で、おまけに大学も職場も理系のため、女性との接点がほとんどなかったんです。仕事も忙しく不規則なため、友人からの飲み会の誘いやサークルにも滅多に参加できず、そんな男性社会で20~30代を過ごしていたら、気づけば40歳。そこで慌てて…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    放っておくと命に関わる血管のリスク 「血管の老化」に要注意!?

    Sponsored
    75325

    突然ですが、日本人の主な死因を知っていますか?最も多いのは、1/4以上の割合を占めるガンです。実はその次に多いのが、心疾患や脳血管疾患を合わせた「血管事故」。心筋こうそくや脳卒中などは心臓や脳の特殊な病気ではなく、実は血管が詰まったり破れた…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
古舘伊知郎が「小川アナは櫻井くんに会いに行っていた」と暴露しファン大激怒
2
中居正広がWBCの現場で“暗黙のルール”を破り記者たちから大ブーイング
3
マネージャーに厳しい!?武井咲と演歌界の“小天狗”に「第二の細川茂樹」の声
4
細川茂樹「事務所契約解除」のウラに意外すぎる「バッチバチ素顔」
5
「相棒」最終回に2年越しの伏線が!?成宮寛貴は以前から復讐に手を染めていた?