芸能

客が入らず大コケ…嵐・二宮和也がトラウマを背負った主演映画とは?

20150413ninomiya

 嵐の二宮和也が2003年に主演した映画「青の炎」のBlu-rayが12年の時を経て、6月12日に発売されることが決定した。過去に発売された二宮の特典付きのDVDはすでに廃盤となっており、オークションなどではプレミア価格で取引されていた。そのため今回のBlu-ray発売はファンにはうれしい知らせとなったようだ。

 だが、この映画は主演の二宮にとって“トラウマ”になっていると、ある芸能記者は語る。

「二宮にとっては映画初主演作ということもあり、公開当時、彼はこっそりと劇場に足を運んだそうです。しかし、劇場内は初日にも関わらず閑古鳥が鳴いており、ガラガラだったとか。二宮は今年放送されたラジオ内でも当時の動員不振に触れており、『あれ以来、映画に出るのが怖くなった』と、相当なショックを受けていたことが伺えます」

 だが、映画雑誌記者によると、興行収入的には振るわなかった本作だが、この映画によって思わぬ道が開けたと語る。

「ヒットこそしなかった『青の炎』ですが、監督は演劇界の重鎮・蜷川幸雄ということもあり完成度が高く、批評家からの評価も上々だった。さらに、本作での二宮の演技は海外監督の目にも留まり、映画『硫黄島からの手紙』でハリウッドデビューが決まったのです。当時、海外進出は事務所のゴリ押しという声が一部でありましたが、決定権を持っていたのは世界的巨匠のクリント・イーストウッド。日本の事務所の力はまず通用しないでしょう。つまり、ハリウッド映画への出演は、紛れもなく『青の炎』での二宮の演技が評価され、彼自身が勝ち取ったものです」

「硫黄島からの手紙」は米アカデミー賞にもノミネートされ、二宮の代表作の一つとなっている。その“呼び水”となった作品を、ファンならずともあらためてチェックしてみてはどうだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    忘年会シーズンに糖質制限なんて無理!酵素のチカラで炭水化物も怖くない!?

    Sponsored
    91454

    男30代40代の働き盛り。当然、昼も夜も栄養バランスを考えた食事なんてなかなかできず、酒の付き合いも多い。そのため食生活は極めて不規則だ。話題の糖質オフやグルテンフリーはどこ吹く風で、とりあえず、日本人ならお米だろ!と、エネルギーを蓄えて毎…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    少しのお酒で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    年末年始の飲み会が増えるこの時期、「少しお酒を飲んだだけでも顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバー…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    秋津壽男“どっち?”の健康学「アルコール摂取で引き起こす病気とは?内臓だけではなく脳や心臓にも負担」

    93890

    早いもので、今年も残すところ約1カ月となりました。12月は忘年会など、1年で最もお酒を飲む機会が多くなります。上手に飲めばよき潤滑油となるお酒ですが、調子に乗って飲みすぎると二日酔いになったり、会社の同僚や上司に部下、あるいは取引先の相手な…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ナイナイ岡村、大泉洋に向け「6000万円返せ」声を荒らげていた!
2
太川陽介の妻・藤吉久美子を見舞ったテレビマンとの「路線バス不貞」疑惑!
3
ショック!あの元アイドルが「大人の男性向け派遣サービス店」で窃盗していた
4
ゆりやん、女芸人No.1決定戦優勝で疑われた“出来レース”の「4つの証拠」
5
JR東日本、原田知世CM復活で「面目丸つぶれ」危機の女性タレントとは?