スポーツ

サンスポ、水戸正晴の万券を生む血統論「ユールシンギングが人気勢一蹴」

20150618zz

 今週は東京で「エプソムC」が行われる。比較的上位人気で決まる重賞だが、今年は好メンバーがそろい混戦ムード。波乱含みの戦い。一方、阪神の「マーメイドS」は、5年連続で2桁人気馬が馬券に絡む荒れ傾向の重賞だ。

 サマー2000シリーズに向かう馬、ここを使って秋に備える馬。各馬さまざまだが、GIIIながら骨っぽい顔ぶれが集うことで知られる、人気の重賞エプソムC。目下2連勝と勢いづくサトノアラジン、このレース2連覇を狙うディサイファ、復活なった快速エイシンヒカリ、そして安田記念を自重し、急遽回ってきたフルーキー他、今年も好メンバーがそろった。

 見応え満点と言っていいが、賞金別定だけに比較的人気サイドで決まるのが特徴だ。03年に馬単が導入されてからのこれまでの12回で、馬単で万馬券になったのはわずか2回。馬連は0回で、昨年まで8年連続して万馬券は出ていない。1番人気は4勝、2着2回。2番人気は2勝、2着3回。この8年では1、2番人気のいずれかが連対を果たしている。こんなデータがある以上、やみくもな穴狙いは無謀でしかない。

 他にどんな特徴があるだろうか。これも過去12年を振り返ってわかることは、本格化した4歳馬が圧倒的に強く(7勝、2着5回)、充実の5歳馬(4勝、2着5回)がそれに続く。6歳馬は1勝(2着2回)のみ。7歳以上の連対は皆無だ。

 であるなら、4、5歳馬に、まず目を向けるべきだろう。

 ならば前述した人気のエイシンヒカリ、サトノアラジン(ともに4歳)のいずれかから入るのが馬券の筋ということになるが、穴党としては、簡単にうなずくわけにはいかない。やはり少しばかりひねってみたい。

 狙ってみたいのはユールシンギングだ。人気どころに決して見劣りしない力量の持ち主だからだ。

 周知のとおり3歳秋にセントライト記念を勝ち、菊花賞で穴人気(4番人気)になったほどの馬。結果15着と大敗を喫したが、それでも昨春には新潟大賞典を制している。ポテンシャルの高さは推して知るべしだが、体質的な弱さと気性の悪さが災いして、その後は使っては休むという繰り返し。今年も【17】【18】【8】着と、目下のところサッパリだ。

 しかし前走の新潟大賞典では相性のよいコースということもあり、しまい追い上げて勝ち馬にコンマ5秒差まで詰め寄ってみせた。これは復調をうかがわせるものではないだろうか。

「代謝がよくなって馬体が締まってきた。ムキにならなくなり、競馬に集中するようになっている。いい時の姿に戻ってきたことは確か」

 こう良化ぶりを強調するのは勢司調教師だが、ならスランプ脱出と見ていいのではないか。1週前の追い切りも伸びやかでリズミカルだった。であるなら、期待できるというものだ。

 左回りはスムーズで、特に東京コースは〈1 2 1 0〉と相性がいい。1800メートルの距離も得意とあっては、ここは言わば走れる条件がそろっている。4代母シャダイアイバーはオークス馬で、近親にエアジハード(安田記念、マイルCS)がいる良血。良馬場条件に大きく狙ってみたい。

 穴はノーステアフルアクセルだ。前者は長距離馬のイメージが強く、この距離でどうかだが、得意な東京コースなら好走可能。曾祖母は全欧3歳女王(英オークスなどGI3勝)。軽視は禁物だ。後者も左回りは得手で、使われて大幅良化。両馬とも道悪になったら大きく浮上していい。

 マーメイドSは、荒れることで定評がある牝馬限定戦。一筋縄では収まらない。期待を寄せたいのは、アドマイヤシーマだ。

 まだ準オープンの身。その1600万条件の前走は9着。が、これは“2走ボケ”。軽く見ては断じていけない。近親にシロッコ(BCターフなどGI4勝)がいる良血。軽ハンデを生かしての“一発”があっていい。

◆アサヒ芸能6/9発売(6/18号)より

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    忘年会シーズンに糖質制限なんて無理!酵素のチカラで炭水化物も怖くない!?

    Sponsored
    91454

    男30代40代の働き盛り。当然、昼も夜も栄養バランスを考えた食事なんてなかなかできず、酒の付き合いも多い。そのため食生活は極めて不規則だ。話題の糖質オフやグルテンフリーはどこ吹く風で、とりあえず、日本人ならお米だろ!と、エネルギーを蓄えて毎…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    少しのお酒で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    年末年始の飲み会が増えるこの時期、「少しお酒を飲んだだけでも顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバー…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    2017アサ芸プラス人気記事ベスト5⇒1「マッチ『愚か』な発言」に圧勝の後輩

    95590

    徳間書店が運営するニュースサイト「アサ芸プラス」。先の人気記事第10位⇒第6位に引き続き、2017年の人気記事トップ5を公開します!5位:近藤真彦、国分太一にまくし立てた「パワハラ結婚論」に大ブーメラン!国分太一がMCを務める情報番組「ビビ…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、兄逮捕で3年前の「無邪気な発言」が蒸し返されるワケ
2
酒気帯び運転逮捕!広瀬アリス・すず姉妹の兄の「オタク&武闘派」素顔
3
本田翼「自分を無視した女優」告白で取りざたされた“後輩”の実名!
4
芦田愛菜は学校生活で好感度上昇!?「美女&イケメン化」に成功した元子役3人
5
浜崎あゆみが最新「ヘソ&胸」見えショットを公開!それでもファンが憂うワケ