芸能

前田敦子「放送事故レベルの生歌」はファンもフジも想定どおり!?

20150622maeda

 6月17日放送の「水曜歌謡祭」(フジテレビ系)で前田敦子が生歌を披露し、放送事故レベルと酷評されている。太田裕美の名曲「木綿のハンカチーフ」を本人と一緒に歌い、歌唱力の差を露呈する結果となったが、AKB48在籍当時を知るアイドル誌ライターは、こんな見方をする。

「声がかすれていたとか高音部で声が裏返っていたとか、いろいろ言われていますけど、だって前田敦子ですよ? みなさん彼女にいったい何を期待しているんでしょうかね。OLのカラオケ程度だと思えば、それなりに音程が取れていただけマシなほうかもしれません。大体あっちゃんはアイドルであって、歌手じゃないんですから」

 もちろん、「AKB48では歌っていたでしょ?」という声もあるだろうが、48グループが基本的に口パクなのは公然の事実。生歌を聴いてもらうという行為をほとんどしたことがないのである。その意味では、太田とのデュエットという“公開処刑”を行ったフジテレビこそ、戦犯のそしりを免れないだろう。それにしてもなぜ、前田に生歌を歌わせるような愚挙に出たのか。

「事務所サイドからすれば、たとえ放送事故レベルだろうと、存在感をアピールするには歌番組はかっこうの場なんです。一方、低視聴率にあえぐ番組サイドとしては、これまで口パクだった前田が生で歌うということで注目を浴びたいという思惑があったはず。最初から美声は期待しておらず、姿を見せるだけで十分だという判断だったのでしょう」(音楽番組関係者)

 歌っている途中、視線が定まっていなかった前田と、しっかりと前田を見つめながら歌っていた太田。こんなところにも歌手としての場数の差が表れているのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
出演作をコケさせガール!?水原希子ムービーが「観客10人」の大惨事!
2
乃木坂46白石麻衣の「倹約」告白にファンが再びザワつき始めた理由!
3
時の流れは残酷!? B’z・稲葉浩志のトーク顔が「完全にオバチャン」で騒然!
4
武井咲にあやかりたい「結婚待たされ」美女の“悩”プライバシー(3)井上真央に“神風”が吹いた
5
映画「銀魂」が37億円突破!「ジョジョ」は大爆死で格差が浮き彫りに