芸能

「又吉批判」の古舘伊知郎が“モノ言うキャスター”宣言していた!

20150726furutachi

「芥川賞と本屋大賞の区分けが段々なくなってきた感じがするんですけどね」「僕なんかの年代はあれっ? という感じもちょっとするんですよね」

 7月16日、「報道ステーション」(テレビ朝日系)でピース・又吉直樹の芥川賞受賞にケチをつけるかのような発言をした古舘伊知郎。その後の大騒動を知ってか知らずか、7月21日の段階でも謝罪、弁明はなく、その姿勢がますます反感を買っている。

「上から目線のコメントをするキャスターは少なからずいますが、古舘さんは特に何様度が高いんです。人気アナウンサーの安住紳一郎や羽鳥慎一も『心がない』『冷たい』と揶揄されることがありますが、どこか憎めない愛嬌がある。しかし、古舘さんにはそれが感じられない」(テレビ誌記者)

 古舘は昨年、雑誌「AERA」のインタビューやその直後のトークライブで、「自分の感ずるところ、思うところをなかなか言えない」「とにかく口にさるぐつわした状態で10年経ったわけです」と憤まんをぶちまけている。古舘なりに悩み多き日々を過ごしてきたのだろう。

「そしてそのライブで『俺はこうやって喋りを生業にしながら、肝心な時にきちっとした言葉が言えないでいる』『これからは、そうはいかないという覚悟を決めた』などと、決意表明のような発言があったそうです。物申すのも結構ですが、又吉さんのほかに、もっと言わなきゃいけない相手がいるはず。それが視聴者に届いていないのでは」(前出・テレビ誌記者)

 軽口で視聴者を怒らせるのではなく、安保法案や新国立競技場問題をはじめ、国民を悩ます「迷走する政治」に対して大いに物申してほしいものだ。

(大門はな)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

アサ芸チョイス:

  1. 54881
    PR
    マイナス金利導入で値上がりも?まだ間に合う「生命保険の見直し」その秘策

    今年2月16日から、日本史上初の金融政策である「マイナス金利」が導入されました。だけど、この政策によって私たちの生活にどのような影響があ

  2. 49459
    PR
    元気ハツラツの秘訣は『にんにく』『しじみ』『牡蠣』のトリプルパワー

    年齢を重ねていくたびにしんどくなってくるのが、年末年始の宴会。“おつきあい”とはいえ連日宴席となると、カラダの外も内側もズッシリと溜まり

  3. 56571
    PR
    年齢面で不利な“40代の婚活”を変えた「結婚相談所のサービス」その仕組とは?

    40歳を過ぎていよいよプレッシャーを感じてきたのが「結婚」の二文字。「まだ婚活は早い」「婚活をしなくてもそのうちいい出会いがあるだろう」

注目キーワード

人気記事

1
清原和博が供述した大物俳優「X」が警視庁に内偵されている!(1)検査をしようとしたところ…
2
壊滅状態のフジにトドメ!?伊藤英明主演「僕のヤバイ妻」が盗作問題で打ち切り危機
3
ゲス極・川谷絵音の衝撃発言で囁かれる「ベッキーのボディはバツグン」説
4
清原和博が供述した大物俳優「X」が警視庁に内偵されている!(3)疑惑の「X」の異常な言動
5
貫地谷しほりが公開したすっぴん写真がまるで「行為中」そのもの!?