芸能

キムタク、ジョン・ウー監督へのアピールでハリウッド進出なるか!?

20150730kimutaku

 SMAPの木村拓哉が台湾観光局のCMに出演する。メガホンをとったのは、映画「ミッション:インポッシブル2」などで知られるジョン・ウー監督。木村とは初タッグになる。

「現地でのキムタク人気は本物だった。一目見たさに(台湾の)松山空港ロビーに詰めかけたファンの数は約500人。台湾メディアもこぞって駆けつけ、テレビ中継車が空港周辺を取り囲んで大混雑となった」(芸能ライター)

 滞在期間は3泊4日。そのうち2日間は早朝から深夜までびっしり撮影。行く先々でファンが列をなした。台湾側もリージェント・台北のエグゼクティブスウィート(1泊52000元)を用意するVIP待遇で歓待されたという。

「今年の観光局の広告予算は5000万元(約2億円)。木村は日本でCM1本5000万円のギャラを取る売れっ子だが、今回は日台友好の意味を込めて、超破格の最低ギャラで契約してもらったそうだ。10月からCMがスタートすれば、テレビ、ネット、空港、飛行機の機内までCMが流れ、キムタク一色になる。その宣伝効果は計り知れない。日本観光大使に起用された後輩グループの嵐は、ノーギャラのボランティア出演。その代わり、国をあげて日本を代表する顔としてPRしてもらい、億単位の効果があった。今回もSMAPの台湾公演を視野に入れての出血大サービスなのだろう」(広告代理店関係者)

 もちろんキムタクにも大きな計算があった。それは今や押しも押されもせぬハリウッドの巨匠となったウー監督へのアピール。自分の仕事にはとにかくこだわり、台詞だろうが、美術だろうが口をはさみたがる性分のキムタクが、今回ばかりは監督の指示通りに動いていたという。

「滞在中は一言の不平不満も漏らさず、エキストラのせいで14回も撮り直しさせられても、不機嫌にならなかった。滞在先のホテルでもわがままなリクエストをせず、お忍びで夜遊びするやんちゃもなく、ジェントルマンぶりを貫いたそうだ」(前出・広告代理店関係者)

 最終日には、1本6900元のグッチのネクタイを買い求め、8人のボディガードら台湾関係者に感謝のしるしとしてプレゼント。別れ際に堅い握手をして再会を約束したという。

「この話が伝えられるや、キムタクは公開中の主演映画のタイトルに引っ掛けて『HERO』と呼ばれるなど、大いに株をあげた。ウー監督も俳優・キムタクに太鼓判を押したそうです」(前出・芸能ライター)

 キムタクのハリウッド進出に1歩近づいた!?

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出荷本数26万本の隠れヒット!「ころころ歯ぶらし」はお口のトラブルに万能の歯ブラシだッ!

    Sponsored
    43394

    お口のトラブルを気にされている方の大半が、「もっとしっかり磨かないと!」と、力いっぱい歯を磨いてしまっていないだろうか? こういった“ゴシゴシ”磨きは歯や歯ぐきに負担をかけてしまうので、口内環境に悪影響を与える可能性が高い。またお口のトラブ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    へぇ~納得!女性が夢中になる男の自信復活“本命サプリ”とは あなたはこう感じることはありませんか?

    Sponsored
    72842

    「彼女が泊まりに来てくれなくなった」「女性と一晩過ごしたが、その後連絡が取れなくなった」「自分に自信が持てなくて、女性に積極的にアプローチできない」ある女性のホンネを調査したアンケートでは、相当数の人が「パートナーはパワーがみなぎっている方…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    薄毛頭皮に直接ビタミンC!芸能界でも愛用者が増え続ける育毛剤の隠れた“ヒット商品”とは?

    Sponsored
    68454

    最近みるみる進んでいくのが頭髪の後退。なんとか食い止めたいとさまざまな育毛剤を使ってはみたものの、その効果は一向に現れず。これには薄毛の父親を恨むしかないのか。まったく遺伝というものは、似なくてもいい部分ばかりが似てしまう。だが聞くところに…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
人生初の屈辱!竹内由恵アナが芸人に「顔面格付け第7位」にされてガチギレ
2
佐藤江梨子が海老蔵と結婚できなかった、市川家必須の「妻の条件」が凄すぎる
3
草なぎ剛「嘘の戦争」白熱演技をブチ壊す、水原希子の棒演技と滑舌の悪さ
4
星野源 お気に入りはあの女優?紅白では封印した意外な素顔
5
さんまもブラマヨも何様?「ホンマでっか!?TV」の非情な先生イジリに視聴者が拒絶反応