芸能

春香クリスティーンの破局はハーフタレント飽和が原因?

20150810haruka

 日本とスイスのハーフとして知られる春香クリスティーンが、公開告白した恋人と交際わずか5カ月で破局していたことを明らかにした。ハーフタレントには珍しい、汚れ役とも言えそうなエピソードだが、春香自身はこうやって話題になることをよしとしているようだ。

 その春香は上智大学の現役学生で、語学にも堪能。スイス出身らしく政治にも興味があり、「永田町大好き!」という本も上梓するなどインテリハーフというポジションで活躍している。一方でドイツ語によるお笑い芸人の物真似が特技で、その際の鬼気迫る表情があまりにもブス顔のため、ハーフタレントには珍しい“自称ブス枠”としての顔も持っているのである。

 そのブス枠ゆえか、22歳だった昨年は彼氏いない歴22年を自称。それが冒頭で紹介した、テレビ番組での公開告白に繋がったわけである。このように貴重な“ブスハーフ枠”というポジションを確立した春香だが、その裏にはハーフタレントが飽和している現状があるのではないだろうか。

 いまやハーフタレントは少しも珍しくなく、ハーフというだけでチヤホヤされた時代はとうの昔に終わっている。タレントとして生き残るにはルックス以外の要素も必要で、ベッキーが切り拓いたMCもこなせるハーフという枠では、SHELLYが大活躍中。最近はマギーもその枠を狙っている。

 毒舌枠ならダレノガレ明美が頭一つリード。ローラに代表されるオバカ枠では最近、藤田ニコルの台頭が著しい。一方で文化人枠では先駆者の滝川クリステルに続き、「ZERO」(日本テレビ系)のキャスターも務めていたホラン千秋の名前もあがる。映画評論ならなんといってもLiLiCoだろう。

 これらの人気ハーフに対して、かつての勢いを失った例もある。トリンドル玲奈は一時期ほどのテレビ出演がなくなり、主演を務めた映画「リアル鬼ごっこ」が大コケしたのは記憶にも新しい。ハーフ三姉妹としてもてはやされた道端三姉妹もテレビ出演が激減しており、賞味期限が過ぎてきたようだ。

 結局のところ、タレントとして生き残るためには何らかの才能が必要なわけで、ハーフであること自体が才能とされた時代はもう過去のことなのだ。春香クリスティーンが“ブスハーフ枠”で生き残れるのも、4カ国語に堪能な語学力などインテリと称される知性があってこそ。これからタレントを目指すハーフは、難関大学を狙ったほうがいいかもしれない。

(白根麻子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
出演作をコケさせガール!?水原希子ムービーが「観客10人」の大惨事!
2
乃木坂46白石麻衣の「倹約」告白にファンが再びザワつき始めた理由!
3
時の流れは残酷!? B’z・稲葉浩志のトーク顔が「完全にオバチャン」で騒然!
4
武井咲にあやかりたい「結婚待たされ」美女の“悩”プライバシー(3)井上真央に“神風”が吹いた
5
映画「銀魂」が37億円突破!「ジョジョ」は大爆死で格差が浮き彫りに