芸能

映画に失礼!「HEAT」強制映画化は「海猿どころか、バカ猿だ!」の罵声

20150829heat

 やはり、どうしても作るようだ。映画化ありきの企画でスタートしたのはわかるが、深夜番組なみの視聴率2.8%という歴史的低視聴率を記録したEXILE・AKIRA主演のドラマ「HEAT」。フジテレビは世間の静止にも耳を貸さず、映画化にストップがかかることはなかった。

「香取慎吾主演のTBSドラマ『こち亀』と同じですね。あれも最初から映画化ありきでスタートしたものの、ドラマの視聴率は平均8.8%と惨敗。それでも強引に『こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE~勝どき橋を封鎖せよ!~』(2011年)として映画化に踏み切った。結果は興収8億円で、コンテンツからいえば惨敗に近いビミョーな数字でした。それでもSMAPの知名度と、香取の公共電波ジャックとすら揶揄された執拗な宣伝活動でそこまで引き上げたという印象でしたね。ところが『HEAT』の場合は平均視聴率4.1%で『こち亀』の半分以下で、さらに映画では実績ゼロのEXILE。タイトルを『DRAGON(仮)』として、目先を変えるという噂もありますが、まともなら2~3億円の商いにしかならないのではと、映画関係者は惨敗を予想しています」(映画誌編集者)

 それでも、当初は「HEAT」を第二の「海猿」にすることを目論んでいたフジテレビだけに、公開直前にはAKIRAの番組ジャック、EXILEファンたちの“義務的”前売りチケット購入、舞台挨拶のつるべ打ちなど、ありとあらゆる手段を使ってくるはずだ。

「それでもせいぜい5億円でしょう。その数字ならばシネコンは2~3週間、中程度のスクリーンを1つ与えればいいレベル。ところがフジテレビとEXILEですから、公開1、2週はメインの大きなスクリーンをあてがわなければならない。よほど映画館側にオイシイ契約でもないかぎり、頭をかかえる結果になるでしょう。ふつうなら映画化を断念するのが賢明ですが、むしろ誰もドラマを観ていないわけですから、キャストも設定もガラッと違うものに変えるほうが吉と出るかもしれませんよ」(前出・編集者)

 この「HEAT」の映画化に関しては、ネット上でも「この映画化って誰得?」「HIROは何も言わないのか」「AKIRAの演技をスクリーンで観るってどういう拷問なんだよ」「映画に失礼!」「海猿というより、ただのバカ猿だろ」など散々だ。ちなみに映画公開は来年2月が予定されているようだが、ヒートアップするのは罵声だけになりそうかも。

(水谷とおる)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    忘年会シーズンに糖質制限なんて無理!酵素のチカラで炭水化物も怖くない!?

    Sponsored
    91454

    男30代40代の働き盛り。当然、昼も夜も栄養バランスを考えた食事なんてなかなかできず、酒の付き合いも多い。そのため食生活は極めて不規則だ。話題の糖質オフやグルテンフリーはどこ吹く風で、とりあえず、日本人ならお米だろ!と、エネルギーを蓄えて毎…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「地方なめんな!」の声まで…浜崎あゆみ、ライブ短縮・中止続発でファン困惑
2
森且行との“合体”で元SMAP勢が五輪ビジネスで「古巣」を打ち負かす!?
3
乃木坂46白石麻衣がアンダーウエアを見せない「秘密」に男たちが悶々!
4
西内まりや“ビンタで芸能界追放”危機で「元SMAPとタッグ」計画が急浮上
5
本田翼、イケメンデザイナーとの「密着写真」公開にファンが大ダメージ!