芸能

「百田夏菜子を超えたとは何様だ!」ももクロファンがNGT48に宣戦布告

20151012momokro

 新潟市を拠点に活動するAKB48の姉妹グループ・NGT48が10月3日、新潟市内で行われたNST新潟総合テレビとのコラボステージに出演した。

 そのステージでセンターを務めた“かとみな”こと加藤美南のアクロバティックなパフォーマンスに注目が集まっている。

 同イベントではAKB48の代表曲のひとつ「ヘビーローテーション」を含む7曲を披露。同楽曲では頭のサビ終わりにある、センターを務めるメンバーのソロダンスが見どころの一つなのだが、加藤はそこで前方宙返りを披露し、観客のド肝を抜いたのだ。

「同楽曲の元祖センターは大島優子ですが、大島のパワフルなダンスが印象強く、彼女が卒業後はたくさんのメンバーがそのポジションを務めるも物足りなさを感じている人も多かった。ですが、加藤はそれを超えるインパクトを残しました。早々にネット上でも大きな話題となり、大絶賛を受けています。中には『優子の穴がやっと埋まった』とつぶやく人もいるくらいです」(アイドル誌記者)

 彼女の存在をより多くの人に知ってもらおうというファンの働きもあり、ネット掲示板にはさまざまな見出しで加藤を褒め称えるスレッドが立っている。ただ、それが発端で思わぬ騒動に発展しまったというのだ。記者がこう続ける。

「エビ反りジャンプを得意技とし、同じくアクロバティックなパフォーマンスが魅力といえば、ももいろクローバーZの百田夏菜子ですが、この2人を天秤にかけ、『加藤美南がももクロ・百田夏菜子超えの前宙を披露』というスレッドまで立てられています。これを見たモノノフ(ももクロファンを指す言葉)たちが激怒したんです。百田も3歳頃から新体操をやっているアクロバティックな動きが自慢なだけに、アンチAKBの多いモノノフたちはここは引き下がれないとばかりに怒りをぶちまけているようです」

 実際、モノノフたちは「そこで、夏菜子を出す必要あんのか!」「アスリートじゃないんだから、そんなとこで比べるなや」「これは宣戦布告ととらえていいんだろうな?」とすでに臨戦態勢に入っているようだ。

 しかし、かとみなの前方宙返りには何の罪もない。あまり物騒なバトルには発展してほしくないものだ。

(佐伯シンジ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
竹内涼真に「最速で人気急落」が囁かれる5つの“問題言動”!
2
「さんタク」正月放送決定でも2人を隔てる不穏な空気
3
広末涼子、「ぶっちゃけ発言」で囁かれ始めた“深刻な家庭事情”!
4
松本潤が有村架純に完敗!?主演映画で魅力を発揮できなかった意外なワケ
5
座ったまま合体!有村架純、松本潤との超過激ベッドシーンに映画関係者も大興奮