芸能

「あさが来た」絶好調で“同時代”大河ドラマの井上真央がさらなる公開処刑

20151029inoue

 NHK朝ドラ「あさが来た」が絶好調だ。初週の20%超えから高視聴率を維持。第4週は平均で22.3%を記録し、徐々に視聴者の数を増やしている。

「行動的で、余計なひと言も多い主人公・あさ(波瑠)に対して、もの静かで何事もグッとこらえるタイプの姉・はつ(宮崎あおい)。2人の性格、そして境遇の対比が見事に表れています。そして、嫁であるはつをいびり倒す姑役の萬田久子。そんな母に服従するも、やがてはつのために母に抗う夫役の柄本佑など、脇を固める役者も充実しています」(芸能ライター)

 さらなる展開が期待されるところだが、一方で心配されるのが大河ドラマだ。

「『花燃ゆ』は依然として低空飛行を続けています。奇しくも、舞台が幕末から明治時代にかけてで主人公が女性。朝ドラと比較されるのも無理はありません。明治時代に入り、舞台を群馬に移してから少し盛り返していますが、V字回復とはいきません。井上真央演じる主人公が、時代の流れにおいて当事者になることがなく、常に脇で翻弄される立場であることが低視聴率の原因と言われています。おおみそかの『紅白』にもとても呼べないほどの爆死ぶりに、井上のメンタルはかなり弱っているとか。朝ドラとも比較されて、ますます“公開処刑”状態に拍車がかかってしまっています」(週刊誌記者)

 ネット上では「朝ドラと同じキャスト、同じテーマで大河作れば?」との書き込みがあるほど、両者の差は歴然だ。

「あさが来た」は来春、「花燃ゆ」は12月まで。さらなる展開に注目だ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    女性と無縁の理系アラフォー男が3ヵ月で結婚!男が頼んだ“婚活のプロ”の正体とは?

    Sponsored
    74637

    「男子校出身で、おまけに大学も職場も理系のため、女性との接点がほとんどなかったんです。仕事も忙しく不規則なため、友人からの飲み会の誘いやサークルにも滅多に参加できず、そんな男性社会で20~30代を過ごしていたら、気づけば40歳。そこで慌てて…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    他人ごとではない…冬に注意すべき「血管事故」対策は「血管年齢の若返り」!?

    Sponsored
    75325

    突然ですが、日本人の主な死因を知っていますか?最も多いのは、1/4以上の割合を占めるガンです。実はその次に多いのが、心疾患や脳血管疾患を合わせた「血管事故」。心筋こうそくや脳卒中などは心臓や脳の特殊な病気ではなく、実は血管が詰まったり破れた…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    最大75%効率アップ!「まだスマホの充電が終わってない!」を防いでくれる急速充電器

    74187

    仕事や趣味で活躍するスマホやタブレット。重宝する半面、ヘビーユースする人にとって問題となるのがバッテリー問題ではないだろうか。満足に充電できず慌てて外出した際、電車内や取引先で電池残量がピンチになる不安は避けたいところ。そこで今回セレクトす…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
堀北真希 新婚生活で夫・山本耕史が俳優仲間に「こわい…」と話した理由とは?
2
忽然と消えた女子アナたちはいま!(1)山岸舞彩はハラスメント被害、徳永有美は内村光良と不貞再婚…
3
Hey!Say!JUMPのトーク中に映ったYOSHIKIの非常識行動にファンがイラッ!
4
ブレイク俳優の高橋一生が「an・an」で一糸まとわぬ姿を披露しファンが困惑
5
「今夜くらべてみました」で日テレがSHELLYをリストラできない裏事情