芸能

真木よう子、「消えたバスト」騒動で指摘される24歳時の“不自然な肥大化”

20151127maki

 女優の真木よう子が13日、自身のインスタグラムで公開した“激ヤセ写真に心配の声があがっている。

「自慢のGカップはぺったんこで、そこにあるのは筋ばった骨と皮のみ。鎖骨どころか肋骨までくっきり浮かび上がる有様です。目の下にはクマもできて、カラダに異変があるのは明らかでした」(芸能記者)

 この「消えたバスト」をめぐって、ネット上では彼女の“不自然な”バストの歴史が改めてクローズアップされる事態になっている。

「検証サイトを見ると、19歳時のグラビアではこれといった膨らみもなく、推定BかCカップといったところ。21歳時のオムニバス写真集ではスリーサイズはB83・W59・H93とありますが、この時も小さいとは言わないまでも“並”といったところです。それが2006年の24歳時に第30回山路ふみ子映画賞 新人女優賞を受賞した時には、突然胸元が肥大化。その写真を掲載した雑誌では『最後のスイカップ』『推定92センチのG乳女優』と紹介されています。そして、この頃から現在に至るまでスリーサイズは非公表になっています」(芸能記者)

 肋骨が見えるほどガリガリになった真木のバストは、再びあの膨らみを取り戻すのだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    薬用和漢のチカラで髪を強くしなやかに…頭皮環境から考える山野愛子流「育毛」ケアとは?

    Sponsored
    76814

    20~60代の女性を対象に行った、ある髪に関するアンケートの結果によると、なんと9割以上の女性が「髪にツヤがあるほうが若く見えると思う」と回答し、4割以上が「初対面の女性の髪の状態またはヘアスタイルを見て、年齢を判断する」と答えたのだそうで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    女性と無縁の理系アラフォー男が3ヵ月で結婚!男が頼んだ“婚活のプロ”の正体とは?

    Sponsored
    74637

    「男子校出身で、おまけに大学も職場も理系のため、女性との接点がほとんどなかったんです。仕事も忙しく不規則なため、友人からの飲み会の誘いやサークルにも滅多に参加できず、そんな男性社会で20~30代を過ごしていたら、気づけば40歳。そこで慌てて…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    放っておくと命に関わる血管のリスク 「血管の老化」に要注意!?

    Sponsored
    75325

    突然ですが、日本人の主な死因を知っていますか?最も多いのは、1/4以上の割合を占めるガンです。実はその次に多いのが、心疾患や脳血管疾患を合わせた「血管事故」。心筋こうそくや脳卒中などは心臓や脳の特殊な病気ではなく、実は血管が詰まったり破れた…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
経営店も続々閉店…テレビから消えた川越シェフに一体何が?
2
筧美和子、「とんねるず」特番で起きた“胸ポロ”の裏に隠された苦悩
3
よくぞ言った!坂上忍の「本田圭佑批判」がサッカー界から賞賛される理由
4
X JAPANが日本公演の日程を発表、これが「ラストYOSHIKI」になる!?
5
ダレノガレ明美の写真を巡って「ニップル?それともボタン?」の激論が勃発