芸能

阿部寛「投資失敗で大借金」「役作りで苦悩」の知られざるドン底時代

20151206abe

 後半に入っても高視聴率を続ける「下町ロケット」(TBS系)。11月29日に放送された第7話は、視聴率17.9%と好調をキープ。最終回での20%超えを目指して、TBSも鼻息が荒いという。その主演を務めるのが、今やすっかり大物俳優の貫録が付いてきたと言われる阿部寛。

「『天地人』『坂の上の雲』といった大河ドラマでの活躍。当たり役となった『トリック』、そして映画『テルマエ・ロマエ』では日本アカデミー賞最優秀主演男優賞に輝いた、今や日本映画界に欠かせない演技派の俳優です。でも、ここまで来る道のりは、苦労の連続だったようです」(女性誌記者)

 大学在学中に、集英社第3回ノンノボーイフレンド大賞に応募して優勝。カリスマモデルとして活躍後に俳優デビューを飾り、このまま順風満帆な芸能生活を送るのかと思いきや、

「演技の経験もないためしだいに仕事がなくなり、バブル崩壊で投資用のマンションの大借金を抱え、パチンコで生計を立てていた時期もあったと聞いています」(前出・女性誌記者)

 そんなどん底時代に出会ったのが、つかこうへい作・演出の舞台「熱海殺人事件」だ。

 この作品の中で阿部が演じたのは、なんと元棒高跳びの選手でバイセクシャルな部長刑事という役どころ。本人も出演するかどうか相当悩んだと、以前出演したTBSの番組「Aスタジオ」で告白している。

「チャイナドレスを着ているバイセクシャルの部長刑事役。稽古初日、心の整理がつかず、30分くらい廊下をウロウロしてから、腹を決めて稽古場に入りました。“モデル上がり”と呼ばれるのが嫌でそのイメージを壊すためにこの役をやることにしました。舞台が終わって、つかさんから『俺の芝居の中でベスト3に入る出来だった。絶対にお前はこのままでいけるぞ!』と言われたことが、今でも支えになっています」

 つかマジックで才能が開花したのか、実際にこの年から、演技派俳優として開花。50歳を迎え、ますます円熟味がますばかりである。

ファンとしては、原点に返って、もう一度バイセクシャルの役も観てみたいものだが‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出荷本数26万本の隠れヒット!「ころころ歯ぶらし」はお口のトラブルに万能の歯ブラシだッ!

    Sponsored
    43394

    お口のトラブルを気にされている方の大半が、「もっとしっかり磨かないと!」と、力いっぱい歯を磨いてしまっていないだろうか? こういった“ゴシゴシ”磨きは歯や歯ぐきに負担をかけてしまうので、口内環境に悪影響を与える可能性が高い。またお口のトラブ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    へぇ~納得!女性が夢中になる男の自信復活“本命サプリ”とは あなたはこう感じることはありませんか?

    Sponsored
    72842

    「彼女が泊まりに来てくれなくなった」「女性と一晩過ごしたが、その後連絡が取れなくなった」「自分に自信が持てなくて、女性に積極的にアプローチできない」ある女性のホンネを調査したアンケートでは、相当数の人が「パートナーはパワーがみなぎっている方…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    48年26万人超の毛髪研究が導きだした「超話題の頭皮ケア」、今から始める育毛活動はコレ!

    Sponsored
    71839

    40歳を過ぎた頃から気になりはじめた我が頭髪。朝起きると枕には抜けがパラパラ、シャンプーあとの排水口には抜毛がドッサリ‥‥。それらを横目で見ながら、「まだ大丈夫」なんて思っていたのもつかの間。最近は残業続きでストレスも増えるうえ、忙しさでロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
清水富美加の告白本で業界人が「それ言っちゃダメ!」と青ざめた内容とは?
2
「水着なんてどうせオカズ」清水富美加の告白本が赤裸々すぎる!
3
「肌がピチピチ!」生田斗真は恋人・清野菜名のアソコに惚れた?
4
米軍内での「金正恩暗殺計画」はここまで進んでいる!
5
不貞してもポジティブ?マギーと芸人の同居企画に視聴者がどんどん無表情に!?