芸能

阿部寛「投資失敗で大借金」「役作りで苦悩」の知られざるドン底時代

20151206abe

 後半に入っても高視聴率を続ける「下町ロケット」(TBS系)。11月29日に放送された第7話は、視聴率17.9%と好調をキープ。最終回での20%超えを目指して、TBSも鼻息が荒いという。その主演を務めるのが、今やすっかり大物俳優の貫録が付いてきたと言われる阿部寛。

「『天地人』『坂の上の雲』といった大河ドラマでの活躍。当たり役となった『トリック』、そして映画『テルマエ・ロマエ』では日本アカデミー賞最優秀主演男優賞に輝いた、今や日本映画界に欠かせない演技派の俳優です。でも、ここまで来る道のりは、苦労の連続だったようです」(女性誌記者)

 大学在学中に、集英社第3回ノンノボーイフレンド大賞に応募して優勝。カリスマモデルとして活躍後に俳優デビューを飾り、このまま順風満帆な芸能生活を送るのかと思いきや、

「演技の経験もないためしだいに仕事がなくなり、バブル崩壊で投資用のマンションの大借金を抱え、パチンコで生計を立てていた時期もあったと聞いています」(前出・女性誌記者)

 そんなどん底時代に出会ったのが、つかこうへい作・演出の舞台「熱海殺人事件」だ。

 この作品の中で阿部が演じたのは、なんと元棒高跳びの選手でバイセクシャルな部長刑事という役どころ。本人も出演するかどうか相当悩んだと、以前出演したTBSの番組「Aスタジオ」で告白している。

「チャイナドレスを着ているバイセクシャルの部長刑事役。稽古初日、心の整理がつかず、30分くらい廊下をウロウロしてから、腹を決めて稽古場に入りました。“モデル上がり”と呼ばれるのが嫌でそのイメージを壊すためにこの役をやることにしました。舞台が終わって、つかさんから『俺の芝居の中でベスト3に入る出来だった。絶対にお前はこのままでいけるぞ!』と言われたことが、今でも支えになっています」

 つかマジックで才能が開花したのか、実際にこの年から、演技派俳優として開花。50歳を迎え、ますます円熟味がますばかりである。

ファンとしては、原点に返って、もう一度バイセクシャルの役も観てみたいものだが‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

アサ芸チョイス:

  1. 54881
    PR
    マイナス金利導入で値上がりも?まだ間に合う「生命保険の見直し」その秘策

    今年2月16日から、日本史上初の金融政策である「マイナス金利」が導入されました。だけど、この政策によって私たちの生活にどのような影響があ

  2. 49459
    PR
    元気ハツラツの秘訣は『にんにく』『しじみ』『牡蠣』のトリプルパワー

    年齢を重ねていくたびにしんどくなってくるのが、年末年始の宴会。“おつきあい”とはいえ連日宴席となると、カラダの外も内側もズッシリと溜まり

  3. 56571
    PR
    年齢面で不利な“40代の婚活”を変えた「結婚相談所のサービス」その仕組とは?

    40歳を過ぎていよいよプレッシャーを感じてきたのが「結婚」の二文字。「まだ婚活は早い」「婚活をしなくてもそのうちいい出会いがあるだろう」

注目キーワード

人気記事

1
小林麻耶が一時意識不明、番組退席直前の異変とブログに綴っていた“心の闇”
2
視聴率爆下げの原因?松本潤「99.9」公式ツイッターの発言に視聴者から批判殺到
3
田中みな実が圧勝!前田敦子が自分のインスタグラムで公開処刑される
4
貫地谷しほりが公開したすっぴん写真がまるで「行為中」そのもの!?
5
まるで岡本夏生…真木よう子が超絶劣化も胸は健在で男性ファンは「ならば良し」