芸能

浜田ばみゅばみゅの「なんでやねんねん」が「ツッコミコミコミ」より冴えない理由

20151209hamada

 12月16日に中田ヤスタカがプロデュースする「浜田ばみゅばみゅ」として、新曲「なんでやねんねん」を発売するのはダウンタウンの浜田雅功である。

 5月に「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」(日本テレビ系)で放送された「浜田アイドル化計画」が発端となり、中田の全面プロデュースが実現したという。

 そんな中、「ばみゅばみゅ」のデビュー曲となる「なんでやねんねん」ではなく、松本人志が作詞、月亭方正が作曲を行い、5月に同番組で披露された「本家の曲」を支持する声が広がっている。日テレ社員が言う。

「浜田さん自身も『なんでやねんねん』では『ツッコミコミコミ』より明らかに歌のテンションが下がってますよね。実際、局内でも『ツッコミコミコミ』のほうがよかったという声があるんです。それでも『なんでやねんねん』をCD化したのは、『中田ヤスタカプロデュース』との兼ね合いです」

 いったいどのような事情があったというのか。別の社員が説明する。

「そもそも『ツッコミコミコミ』はCD化する予定がなかった曲。歌詞にも歌番組でNGな用語だらけ。そのあたりも面白さの一因なのでしょうが。一方の『なんでやねんねん』は『作詞作曲・中田ヤスタカ』にすることを前提に、レコード会社が持ちかけてきた企画です。その分、無難になっている点は否めません」

 冴えないデビューとなった「浜田ばみゅばみゅ」。今後の「ツッコミコミコミ」を超える作品に期待したい。

(白川健一)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

アサ芸チョイス:

  1. 54881
    PR
    マイナス金利導入で値上がりも?まだ間に合う「生命保険の見直し」その秘策

    今年2月16日から、日本史上初の金融政策である「マイナス金利」が導入されました。だけど、この政策によって私たちの生活にどのような影響があ

  2. 49459
    PR
    元気ハツラツの秘訣は『にんにく』『しじみ』『牡蠣』のトリプルパワー

    年齢を重ねていくたびにしんどくなってくるのが、年末年始の宴会。“おつきあい”とはいえ連日宴席となると、カラダの外も内側もズッシリと溜まり

  3. 56571
    PR
    年齢面で不利な“40代の婚活”を変えた「結婚相談所のサービス」その仕組とは?

    40歳を過ぎていよいよプレッシャーを感じてきたのが「結婚」の二文字。「まだ婚活は早い」「婚活をしなくてもそのうちいい出会いがあるだろう」

注目キーワード

人気記事

1
小林麻耶が一時意識不明、番組退席直前の異変とブログに綴っていた“心の闇”
2
視聴率爆下げの原因?松本潤「99.9」公式ツイッターの発言に視聴者から批判殺到
3
田中みな実が圧勝!前田敦子が自分のインスタグラムで公開処刑される
4
貫地谷しほりが公開したすっぴん写真がまるで「行為中」そのもの!?
5
まるで岡本夏生…真木よう子が超絶劣化も胸は健在で男性ファンは「ならば良し」