芸能

「もう37歳だろ!」TOKIO長瀬智也、バラエティでの“少年キャラ”が大不評

20160125nagase

 2013年10月期放送の主演ドラマ「クロコーチ」(TBS系)以来、約2年ぶりとなる主演ドラマ「フラジャイル」(フジテレビ系)が現在放送中。その番宣もあって、メディア出演が増え、再びスポットライトを浴びる機会が増えたのがTOKIOの長瀬智也だ。

 長瀬は医療現場が舞台となる同ドラマで、偏屈で口が非常に悪く、強烈な変人だが、天才と評される病理医を演じている。

 そんな長瀬の素顔はダンディなイメージが強く、その男前なビジュアルは男も惚れると言われるほどだが、ここ最近のバラエティ番組での発言はまるで“少年そのもの”といったものが多く、そのギャップには賛否あるという。

 17日に放送されたバラエティ番組「KinKi Kidsのブンブブーン」(フジテレビ系)では、長瀬が今一番ハマっているという家庭用ゲーム機・ファミコンのソフトを探しに行くロケを敢行。その際、20年以上前であるジュニア時代の忘れられない悲しいエピソードを振り返っている。ファミコンの人気ソフト「ファイナルファンタジーIII」をプレイし、全クリ間近までいったが、キンキの堂本光一がコードに足を引っ掛けてしまったため、セーブデータが消えてしまったという内容だ。それについて長瀬は「俺は忘れねえからな、一生!」と若干本気にも見える口調でネチネチと話していた。

「その前に放送されていた冠番組『TOKIOカケル』(フジテレビ系)でも、スーパーでカートを利用して買い物する際に、長瀬は曲がる時にドリフトをしたりして遊んでいると言っていましたね。彼のファンは『子供ができたら、絶対楽しく遊んでくれそう』とうらやましがったという声もあるようですが、まともな大人は『おいおい』と思ったはずです」(女性誌記者)

 事実、それに対しては「ときどきスーパーにそういうパパがいるけど、子供も調子に乗るし危ないし、はたから見てると迷惑な親子にしか見えない」「長瀬のような有名人が言うと真似するバカが出てくるからやめて」「アイドルだからアラフォーでも少年でいられるだけ」など、長瀬の“少年マインド”も不評だ。

 そのガキっぽさが一部からウケていることはわかるが、渦中のSMAPに次ぐベテランジャニーズとして、本人も37歳で言い訳のきかない年齢になったことをもう少し自覚する必要があるかもしれない。

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

アサ芸チョイス:

  1. 54881
    PR
    マイナス金利導入で値上がりも?まだ間に合う「生命保険の見直し」その秘策

    今年2月16日から、日本史上初の金融政策である「マイナス金利」が導入されました。だけど、この政策によって私たちの生活にどのような影響があ

  2. 49459
    PR
    元気ハツラツの秘訣は『にんにく』『しじみ』『牡蠣』のトリプルパワー

    年齢を重ねていくたびにしんどくなってくるのが、年末年始の宴会。“おつきあい”とはいえ連日宴席となると、カラダの外も内側もズッシリと溜まり

  3. 56571
    PR
    年齢面で不利な“40代の婚活”を変えた「結婚相談所のサービス」その仕組とは?

    40歳を過ぎていよいよプレッシャーを感じてきたのが「結婚」の二文字。「まだ婚活は早い」「婚活をしなくてもそのうちいい出会いがあるだろう」

注目キーワード

人気記事

1
小林麻耶が一時意識不明、番組退席直前の異変とブログに綴っていた“心の闇”
2
視聴率爆下げの原因?松本潤「99.9」公式ツイッターの発言に視聴者から批判殺到
3
田中みな実が圧勝!前田敦子が自分のインスタグラムで公開処刑される
4
貫地谷しほりが公開したすっぴん写真がまるで「行為中」そのもの!?
5
まるで岡本夏生…真木よう子が超絶劣化も胸は健在で男性ファンは「ならば良し」