芸能

ドラマ美女たちの「フェロモン合戦」をナマ報告!(3)NHK大河を迎え撃つはずだった綾瀬はるかだが…

20160204g

 さて、こんな好調「真田丸」女性陣を迎え撃とうとするドラマ群の美女たちに目を移そう。まず筆頭格の綾瀬はるか(30)だが、主演「わたしを離さないで」(TBS系)が、初回視聴率6.2%と初陣からつまづいてしまった。1月15日に放送された「ぴったんこカン☆カン」(TBS系)には番宣として出演。体育館で何度も短距離ダッシュ。そのたびに着衣からも分かる大きな胸が揺れさせてくれたが、結果には結び付かなかったようだ。

 さらに最近は本業の女優で、「巨乳封印」にシフトチェンジしようとしていた。

「11年公開の主演映画『プリンセス トヨトミ』(東宝)では、Yシャツ姿で町なかを激走して、大揺れするFカップ乳は口コミで広がり、興行収入が跳ね上がった。味を占めた所属事務所は昨年、10年ぶりに水着写真集を発売。ところが、予想外に売れなかったんです。これでふんぎりがついたようで、それ以降は一転、『平成の吉永小百合』を目指して肌の露出を“封印”する方針にしたそうです」(スポーツ紙記者)

 第1話のシャワーシーンでは、すりガラス越しに綾瀬の「背中ヌード」が見られたのだが‥‥。

「事務所からNGが出たので、代役の方にお願いしました」(ドラマ関係者)

 綾瀬の方針転換に、上智大学・碓井広義教授はこう指摘する。

「吉永小百合さんを目指すのは結構ですが、肌の露出を封印するのは別の話。脱ぐ意味のある作品であれば、体当たりで挑戦するべき。それが転機になるかもしれないのですから。事務所が制限するものではないし、ファンにはいずれ『綾瀬が脱ぐぞ!』と思わせてほしいのです」

 多忙な仕事からの帰りには、こんな姿も目撃されている。

「最近、駒沢の居酒屋でよく見かけます。交際が報じられた松坂桃李(27)とではなく、中年女性と一緒にテイクアウトしていきます。交際については、松坂の母親が今は仕事に集中するべきだと反対しており、年内の結婚はなさそうですね」(前出・スポーツ紙記者)

 仕事も私生活も厳しい船出のようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    寒い屋外からオフィスに戻ると頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    98132

    厳しい寒さが続き、屋外と室内の温度差が激しいと、「顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバーしたり、さ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    モデルや芸能人も愛用!管理栄養士が監修するダイエット方法「スルスルこうそ」の実力とは?

    Sponsored
    91454

    ダイエットをする人にとって、その理由はそれぞれ。でも、いざ始めてみると、一筋縄ではいかないのがダイエットというものですよね。簡単に痩せることができたら苦労しません。失敗する人は何をしたってうまくいかず、負の連鎖を繰り返すことになってしまいま…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    少しのお酒で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    年末年始の飲み会が増えるこの時期、「少しお酒を飲んだだけでも顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバー…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
眞子さま「婚約延期」で「皇太子vs秋篠宮」代理戦争(1)「母親だけの問題じゃない」
2
浜崎あゆみ、「新幹線のファーストクラス」移動に鉄道ファンがキョーレツ羨望!
3
眞子さま「結婚延期」で浮上した皇室内の“壮絶ウラ攻防”
4
有賀さつき「52歳ガン死」までの過酷闘病(1)病名が伏せられていた理由は?
5
眞子さま「婚約延期」で「皇太子vs秋篠宮」代理戦争(3)お相手の醜聞を広める理由