芸能

“ファンモンロス”の空気ゼロ!?モン吉ソロ復帰に「もう手遅れ」のシラケ声

20160201monkichi

 元ファンキーモンキーベイビーズで、ボーカルの一人として活躍していたモン吉が、3月9日に配信限定シングル「桜ユラユラ」でソロデビューをすることが発表された。

 13年6月にグループが解散後、すっかり影を潜めていたモン吉が久々に表舞台に姿を見せることになり、一部のファンにはこれ以上ない朗報となったようだが、ネット上では「今頃出てきても遅い」「もうブームは去っている」と一蹴されている。

「グループ脱退後のモン吉は、ファンモン時代の貯蓄や一時的にクラブDJなどで生計を立てるなど、完全にフリーター化。世界放浪の旅に出たり、メディアとは無縁の自由奔放な生活を送っていましたが、昨年11月に第一子が誕生したことで、歌手活動再開に踏み切ったようです。しかし、解散直後の“ファンモンロス”のムードは完全に終了していますから、苦戦が予想されています。また、世間的にはもう一人のボーカルであったファンキー加藤がしゃべり倒すイメージしかありませんから、グループ時代から自己アピールが上手ではなかったモン吉がソロで輝くのは難しいかもしれません」(エンタメ誌ライター)

“ファンモンロス”の空気がまだ残っていた14年からソロ活動しているファンキー加藤も同年8月発売の2ndシングル「輝け」で週間売上5位を記録したのを最後に、以降のシングルではトップ10入りを逃すなど大苦戦中だ。その理由も明白で、加藤が“ファンキー”を名乗れたのも、対照的で控えめなボーカリストのモン吉がいたからだとファンは認識している。つまり、どちらもソロでは“物足りなさ”しか残らないわけだ。

「グループ解散の理由にファンキー加藤とモン吉の不仲も噂されていましたが、双方が否定。DJケミカルの脱退のみが解散の理由であり、加藤は『(モン吉と)やりたい音楽の方向性も同じ』と語っていますが、もしそれが事実なら、やはり生き残る手段は2人が手を組むことだけでしょうね」(前出・エンタメ誌ライター)

 どちらにせよ、今のままではお互いがソロ活動しても「あの人は今」扱いされそうな状況だ。

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    あなたも結婚できる!“人の手”にこだわった紹介サービスって?

    Sponsored
    52075

    話題の“こじらせ男子”というワケではない。40歳を過ぎてからというもの、職場でもそれなりの責任を任される立場にもなったし、性格だって明朗快活。それなのにナゼ、自分はこれまで結婚に縁がなかったんだろうか?旧友の「結婚しました!」という連絡を聞…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出張についてのアンケート

    Sponsored
    81003

    いつもアサ芸プラスをご愛読いただきありがとうございます。アサ芸プラスでは、今後出張に関する情報を提供させていただくにあたり、ユーザーの方の興味関心をアンケートでとらせていただいております。簡単な内容ですのでご協力よろしくお願いします。ご協力…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    秋津壽男“どっち?”の健康学「夜中、頻繁に目覚めるのは危険?不整脈や動脈硬化を合併する可能性」

    83505

    「あなた、またなの?」で始まるテレビコマーシャルを目にしたことがないでしょうか。夜中、頻繁に目が覚める旦那さんに対して、横で寝ている奥さんが声をかける内容です。同じ布団で寝ているパートナーが頻繁に起きると「いいかげんにしてよ」と言いたくなり…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
中居正広でもリカバー不能?「音楽の日」で歌手LiSAを巡って大放送事故!
2
新垣結衣、共演女優が公開告発するも視聴者は全面支持したDL「裏切り行為」!
3
NMB48山本彩の名前を絶叫連呼!TBS音楽特番で中居正広も収拾不能の放送事故
4
藤井聡太四段、横綱白鵬に贈った扇子の「完売品とは揮毫が違う」レア度!
5
「激太り」沢田研二がさらに激変で「渋くてカッコいい」「ガッカリ」の大激論!