社会

廃棄業者・加工業者“ゴミ食品”戦慄の流通網を暴く(2)「冷凍ビーフカツ事件」は氷山の一角に過ぎない

20160211l

 食品ゴミの再食品化は、食品業界で「あって当たり前、ないのが不思議」と言われてきた。その一部が明るみに出たのが、今回の廃棄食品横流し事件である。

 カレーチェーン「CoCo壱番屋」を展開する「壱番屋」(愛知県一宮市)が、冷凍ビーフカツ4万枚(5.6トン)を産廃処理業者「ダイコー」(同県稲沢市)に廃棄委託。そのビーフカツが麺類製造業「みのりフーズ」(岐阜県羽島市)に横流しされ、愛知、岐阜、三重県内のスーパーで販売、また弁当工場でも使われていた。つまり、消費者はゴミを食わされていたわけだが、北関東の産廃処理業者に言わせると、「そんなことは日常茶飯事」だという。

「産廃(ゴミ)を口に入れていない日本人は1人もいないはず。すべてとは言わないけど、ラーメン店のスープに使われる鶏ガラも赤ちょうちんや居酒屋の焼き鳥も元をたどれば大半が産廃だ。卵を産まなくなった廃鶏を使っているからね。廃鶏は、生きた産廃だから」

 採卵鶏は、1羽が1年間に産む卵の数が330個を切ると、エサ代で採算がとれなくなるため廃鶏として処分されるという。かつて廃鶏は鶏肉専門業者へ直接売り渡されていた。

 ところが近年は、食用鶏のブロイラーに押され、養鶏業者は産廃処理業者に逆にカネを払って廃鶏の処分を依頼している。要するにゴミ扱いである。その後は焼却、あるいは肥料にしたりペットフードに加工したり、動物園の肉食獣のエサにするなど、廃鶏の用途はさまざまだが、「そうするのはわずかで、実際は多くが食用に回されている」という。

 ある養鶏業者が話す。

「産廃業者に引き渡したら、その先、どうしようと、うちには関係ない。鳥インフルエンザの心配はないと思うが、廃鶏のなかには下痢、便秘、卵詰まり、脂肪過多症などで病死寸前のものが混じっている。箱にギュウギュウ詰めで運ばれるから、肉にされるころは息絶え絶えか死んでいるだろうね」

 そうした廃鶏“ゴミ”の焼き鳥は、ブロイラーと違って歯ごたえがあるため、店によっては名古屋コーチンや地鶏に化けたりして、高い値段を吹っかけられる。

 一方、鶏卵にも問題がある。生食の賞味期限は通常、採卵から2週間後に設定されており、期限切れのものは加熱調理が必要とされる。ところが、市販の鶏卵には賞味期限が表示されているものの、採卵日表示のものと非表示のものがある。

 茨城県内のスーパー店長が打ち明ける。

「非表示のものを割ったら、『中がドロドロで黒かった、臭かった』と客からクレームがつき、現物を持ち込まれたことがありました。ビックリして納品先を問い詰めたら、何店かを転々とした“卸し回し”でした。うかつにも廃棄すべきゴミのタマゴをつかまされていたわけです。以来、その業者は出入り禁止です」

 別のスーパーから賞味期限切れのものを返品され、その日付を改ざんし、別の店に卸す。それを繰り返していたというから中身が腐るのは当然である。

「現在は、賞味期限が近づいたものは返品することになっています。返品したものは、格安の量販店や弁当店に回しているようです」

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

アサ芸チョイス:

  1. 54881
    PR
    マイナス金利導入で値上がりも?まだ間に合う「生命保険の見直し」その秘策

    今年2月16日から、日本史上初の金融政策である「マイナス金利」が導入されました。だけど、この政策によって私たちの生活にどのような影響があ

  2. 49459
    PR
    元気ハツラツの秘訣は『にんにく』『しじみ』『牡蠣』のトリプルパワー

    年齢を重ねていくたびにしんどくなってくるのが、年末年始の宴会。“おつきあい”とはいえ連日宴席となると、カラダの外も内側もズッシリと溜まり

  3. 56571
    PR
    年齢面で不利な“40代の婚活”を変えた「結婚相談所のサービス」その仕組とは?

    40歳を過ぎていよいよプレッシャーを感じてきたのが「結婚」の二文字。「まだ婚活は早い」「婚活をしなくてもそのうちいい出会いがあるだろう」

注目キーワード

人気記事

1
ゲス極・川谷絵音の衝撃発言で囁かれる「ベッキーのボディはバツグン」説
2
清原和博が供述した大物俳優「X」が警視庁に内偵されている!(1)検査をしようとしたところ…
3
パソコンに残ったデータを発見!?ベッキーとゲス極・川谷の愛欲LINEの流出元
4
貫地谷しほりが公開したすっぴん写真がまるで「行為中」そのもの!?
5
小林麻耶が一時意識不明、番組退席直前の異変とブログに綴っていた“心の闇”