芸能

ニッポンの“CMシンデレラ”50年の名場面(1)「芦川よしみ・タケダ胃腸薬21(1986年)」

20160218l

 そろそろバブル時代に突入しようかという86年、CMから流れたデュエットソングは爆発的にヒットした。芦川よしみ(57)と武田鉄矢が歌った「男と女のラブゲーム」である。

── 「タケダ胃腸薬21」のCMがオンエアされた瞬間に誰もが口ずさめましたねえ。スナックのチーママ役で歌った「飲みすぎたのは~、あなたのせいよ♪」のフレーズ。

芦川 普通はCMソングって15秒か30秒しか用意されないけど、あの曲は最初から1曲分の長さがあったんですよ。

── 大ヒットは確実と?

芦川 CM自体もそうです。1カ月のオンエアという契約だったのが、好評のうちに3カ月に延びました。

── 76年には歌手デビューしてレコ大の新人賞にも選ばれています。デュエットソングを歌うのはお手のものだったのでは?

芦川 いや、歌手をやめて女優に専念した直後だったので、私は「元歌手」ではなく、「チーママ役」の演技に徹して歌ったんですよ。

── お相手の課長さん役は武田鉄矢でしたが。

芦川 当時、武田さんはゴルフに凝っていらして、収録の合間もゴルフ談議ばっかりで。私はやらなかったのでチンプンカンプンでしたよ(笑)。

── CMであれほどヒットしながら、残念ながらレコードの共演は実現せず。

芦川 武田さんのスケジュールが取れなかったんですね。私は矢崎滋さんとのデュエットでしたが、他にもいろんな人たちとの競作になりましたね。

── 翌年の続編とも言うべき「男と女のはしご酒」は晴れて武田とのデュエットが発売され、ベストテンにも入る大ヒットに。

芦川 TBSの「ザ・ベストテン」では、私が映画の撮影で京都にいて、武田さんがコンサートで北海道。これに赤坂のスタジオも含めて3元中継でデュエットしたんですよ。

── プロの仕事ですねえ。いずれも、世の酒飲みにはテーマ曲のように浸透していました。

芦川 ドラマや映画の撮影で、二日酔いのスタッフが「飲みすぎたのは~」って歌いながら入ってくるんです。私、すかさず「自分のせいよ!」とツッコミを入れていました(笑)。

── それ以前には博水社の「ハイサワー」と、やはり酒絡みのCMがロングランでオンエアされてます。

芦川 全部で6パターンあったと思いますが、第1弾で私、いきなりバニーガールになってるんですよ。夫役の井上高志さんがお風呂に入っていて、そこにバニーの姿で「ハーイ、あなた、ハイサワーよ」って入って行くんです(笑)。

── あのシリーズでは、うたた寝しているダンナに「お客さん、終電だよ!」と語りかけるバージョンもヒットしましたね。

芦川 スタッフのちょっとしたアドリブから、ああいうフレーズが生まれていったんですね。

── 歌手デビューが76年、タケダのCMが86年、右顔面の骨折で6時間にも及ぶワイヤ手術をしたのが06年。末尾が6の年は人生の節目にぶつかっているように思いますが、この16年は明るくありたいですね。

芦川 はい、3月で大手術からちょうど10年だけど、失明の危機も乗り越えられたから、怖いものはないですよ!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「断られ続けて今月もお見合いゼロ!」婚活失敗の原因はココロの余裕の無さが生む“負のスパイラル”?

    Sponsored
    61944

    お見合い、合コン、友達の紹介など、これまでにも“出会い”はたくさんあったけど、なかなか結婚にまでは至らなかった‥‥そんな人は意外に多い。また「仕事尽くめで恋愛なんてしている暇がなかった」とか、長く付き合った彼女がいたものの、「価値観の相違か…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    洗っても気になるフケ…原因は頭皮の菌!? 対策には頭皮ケアが重要!

    Sponsored
    64427

    バーボン片手に、一人タバコをくゆらすダンディズム‥‥アサ芸世代が憧れた“オヤジ臭さ”といえば、そんなハードボイルドな後ろ姿だったかもしれない。それがいまや、孤独な男の背中からは「加齢臭」が漂い、肩には「フケ」が落ちてくる始末。こんな肩と背中…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    仕事終わりにとりあえずビール! 毎日飲み過ぎのあなたに

    Sponsored
    49459

    外回りの営業マンにとっては汗ダクダクの夏、こんな季節は仕事帰りのビールが最高ですよね。とはいえ飲み過ぎには要注意。翌日の重~い二日酔いで「仕事にならない‥‥」なんて経験、あなたにもあるのでは? そこで「二日酔いがひどい時の対応策」について、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「日本一可愛い女子高生」が「テラスハウス」メンバーとの密会ベッドを告発され大炎上
2
完全な営業妨害!坂口杏里がバイきんぐ小峠から“奪ったもの”がデカすぎる
3
キムタクをチラリとも見ず!?香取慎吾の不審行動に広瀬すずまでトバッチリ?
4
15歳少女を2年間…寺内樺風容疑者の“変質的な素顔”(1)普通の大学生活を送っている裏で…
5
市川海老蔵が歌舞伎仲間にも明かさない小林麻央の「深刻病床」