芸能

有村架純主演の月9が局内2番手に陥落!高良健吾の二股疑惑で大爆死決定か!?

20160215arimura

 2月8日放送のフジテレビの月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」第4話の視聴率8.9%に下落。早くも2回目の2桁割れを記録してしまった。一方で水10ドラマの「フラジャイル」は同じ第4話の比較で9.7%と圧勝。フジテレビにおけるドラマの序列をひっくり返す勢いなのである。テレビ誌のライターが説明する。

「内容が暗すぎると先行きが危ぶまれていた『いつ恋』ですが、第4話では主人公・高良健吾の二股がクローズアップされ、女性ファンのヒンシュクを買っています。図らずも世間を騒がせている『ゲスの極み乙女。』川谷絵音や狩野英孝とイメージが被ってしまい、現実世界だけでなくドラマにまでゲス男が登場するのかと、視聴者を呆れさせているんです」

 ただでさえ昨今のドラマは、女性ファンが視聴率を支えるもの。もちろんWヒロインの有村架純と高畑充希、そして森川葵という美人女優3人を目当てに観る男性ファンもいるが、現状のストーリーでは女性ファンも男性ファンも取り込めない恐れが強そうだ。テレビ誌のライターが続ける。

「男性ファンは可愛い女の子の笑顔を見たいのに、女優陣はいずれも暗い表情ばかり。高畑は年齢に見合わない年増っぽい衣装を着せられ、老人ホームでの制服姿が色っぽいと話題の有村も今以上に肌を見せる様子は見られません。それでいてイケメン俳優の高良がゲス男ぶりを発揮するだけでは、視聴者のモヤモヤが増大するだけです」

 平均視聴率はなんとか10.0%をキープしているものの、「フラジャイル」も同9.8%と大健闘。次回の数字次第では、低視聴率の代名詞的な存在だった水10ドラマに負けるという、フジテレビ内での下克上が発生しそうな勢いだ。

 このままでは「いつかこの低視聴率を思い出してきっと泣いてしまう」ハメになりかねず、悪い意味で目が離せないのである。

(白根麻子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「断られ続けて今月もお見合いゼロ!」婚活失敗の原因はココロの余裕の無さが生む“負のスパイラル”?

    Sponsored
    61944

    お見合い、合コン、友達の紹介など、これまでにも“出会い”はたくさんあったけど、なかなか結婚にまでは至らなかった‥‥そんな人は意外に多い。また「仕事尽くめで恋愛なんてしている暇がなかった」とか、長く付き合った彼女がいたものの、「価値観の相違か…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    洗っても気になるフケ…原因は頭皮の菌!? 対策には頭皮ケアが重要!

    Sponsored
    64427

    バーボン片手に、一人タバコをくゆらすダンディズム‥‥アサ芸世代が憧れた“オヤジ臭さ”といえば、そんなハードボイルドな後ろ姿だったかもしれない。それがいまや、孤独な男の背中からは「加齢臭」が漂い、肩には「フケ」が落ちてくる始末。こんな肩と背中…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    仕事終わりにとりあえずビール! 毎日飲み過ぎのあなたに

    Sponsored
    49459

    外回りの営業マンにとっては汗ダクダクの夏、こんな季節は仕事帰りのビールが最高ですよね。とはいえ飲み過ぎには要注意。翌日の重~い二日酔いで「仕事にならない‥‥」なんて経験、あなたにもあるのでは? そこで「二日酔いがひどい時の対応策」について、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
市川海老蔵が歌舞伎仲間にも明かさない小林麻央の「深刻病床」
2
福原愛「“不肖の父”急逝でわかった“絶縁”までの親子修羅」
3
清原和博 盟友・野村貴仁が初自伝「再生」にも書けなかった激ヤバ秘話
4
上戸彩、自慢のFカップがBまでしぼんだ!あまりの激ヤセぶりに心配の声
5
加藤綾子「フリーになっても古巣出演ルール」の慣習に嫌気爆発