芸能

清原和博容疑者の「人生再生」後見人が絶縁告発!(1)PLの盟友・桑田真澄との“KKコンビ”復活を拒み…

20160225d

 ここ数年の清原容疑者は転がる石のように堕ちていった。それでも、人生のどん底でもがき苦しむ闇番長をサポートする後見人がいたのだが‥‥。その重要人物も「シャブ逮捕」の裏切りには憤怒し、絶縁を宣言した。

 14年3月に一部週刊誌で「薬物疑惑」を報じられた清原容疑者は、その半年後の9月に亜希夫人と正式に離婚。さらにスポンサーとの契約も更新できない苦境に陥っていた。

 しかし、どん底まで堕ちても清原容疑者は豪遊を続け、生活レベルを下げることができない。残された道はもはや芸能界に転身し、千万単位で稼ぐことが急務だったのだ。

 清原容疑者が頼ったのは、芸能界にも幅広く顔の利くP氏だった。

「俺のところに清原の話が来たのは一昨年12月。相談してきたのは、かつて清原と親密な関係にあった銀座のママだ。『キヨがテレビで干されて困っている。助けてほしい』と電話があった。さっそく年が明けた1月に清原と会食したが、清原は本当にお金に困っている様子だった。それで、芸能界で仕事を始めたいのなら薬物には絶対手を出してはいけないと釘を刺した。すると本人は『絶対にやりませんのでお願いします』と深々と頭を下げてきたんだ」(以下、クレジットのない発言はP氏)

 何より驚いたのは、清原容疑者の涙だったという。

「すでに離婚していたため、子供と自由に会えなくなったことをこぼしていた。また、広尾のマンションについては、『自分が稼いだ金で手に入れた人生の結晶だ。手放したくない』とメソメソ泣く。手や胸に入れ墨を入れるなど、『自分勝手なことをしているのだから自業自得だ』と言ってやったよ。結局、その家は2億円以上で売り払われたが、清原の部屋はあまりに汚れていて、まさに“ブタ箱”のようだった。補修費用だけで1000万円かかったと聞いている。さすがに奥さんも、清原がクスリを常用していたのは知っていただろうね」

 芸能界復帰に際してP氏が清原容疑者に提案したのは、PL学園時代の「KKコンビ」復活だった。

「疑惑があった以上、芸能界での仕事を再開するためには、人前でニコニコ笑顔を見せたり、頼まれればサインを書かなければならない。清原に、それが芸能人としての復帰につながるんだと話した。特に清原の場合には、PLの盟友・桑田真澄(47)と和解することが一番の社会復帰につながると説明したんだ。しかし、アイツは『それはイヤです』と拒否してきた」

 清原容疑者が簡単に首を縦に振らなかった背景には、もちろん85年、「運命のドラフト」という遺恨があったからに他ならない。

 スポーツライターが解説する。

「巨人が第一希望だった清原にとって、こっそり密約を交わして巨人入りした桑田は絶対に許せない相手だった。清原がFAで巨人に移籍した際にも結局は一緒に食事したのは一度きり。その後、引退してからテレビ番組でPLの同窓会が企画された時には『桑田が来るんだったら俺は出ない』とゴネて、結局、桑田は招待されなかった。12年にCMで奇跡的に共演してKKコンビが復活した時にも、裏では『一緒に並びたくない』と写真を撮られるのを嫌がっていた。遺恨は一生消えないでしょう」

 それでもP氏が本気で説得した末に、清原容疑者もどん底からはい上がるためになりふりかまっていられず首を縦に振ったという。しかし、肝心の桑田の事務所からOKが出ず、結局、KKコンビの復活は実現しなかったという。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    忘年会シーズンに糖質制限なんて無理!酵素のチカラで炭水化物も怖くない!?

    Sponsored
    91454

    男30代40代の働き盛り。当然、昼も夜も栄養バランスを考えた食事なんてなかなかできず、酒の付き合いも多い。そのため食生活は極めて不規則だ。話題の糖質オフやグルテンフリーはどこ吹く風で、とりあえず、日本人ならお米だろ!と、エネルギーを蓄えて毎…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    少しのお酒で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    年末年始の飲み会が増えるこの時期、「少しお酒を飲んだだけでも顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバー…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    秋津壽男“どっち?”の健康学「アルコール摂取で引き起こす病気とは?内臓だけではなく脳や心臓にも負担」

    93890

    早いもので、今年も残すところ約1カ月となりました。12月は忘年会など、1年で最もお酒を飲む機会が多くなります。上手に飲めばよき潤滑油となるお酒ですが、調子に乗って飲みすぎると二日酔いになったり、会社の同僚や上司に部下、あるいは取引先の相手な…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ナイナイ岡村、大泉洋に向け「6000万円返せ」声を荒らげていた!
2
太川陽介の妻・藤吉久美子を見舞ったテレビマンとの「路線バス不貞」疑惑!
3
ショック!あの元アイドルが「大人の男性向け派遣サービス店」で窃盗していた
4
ゆりやん、女芸人No.1決定戦優勝で疑われた“出来レース”の「4つの証拠」
5
JR東日本、原田知世CM復活で「面目丸つぶれ」危機の女性タレントとは?