芸能

清原和博容疑者の「人生再生」後見人が絶縁告発!(1)PLの盟友・桑田真澄との“KKコンビ”復活を拒み…

20160225d

 ここ数年の清原容疑者は転がる石のように堕ちていった。それでも、人生のどん底でもがき苦しむ闇番長をサポートする後見人がいたのだが‥‥。その重要人物も「シャブ逮捕」の裏切りには憤怒し、絶縁を宣言した。

 14年3月に一部週刊誌で「薬物疑惑」を報じられた清原容疑者は、その半年後の9月に亜希夫人と正式に離婚。さらにスポンサーとの契約も更新できない苦境に陥っていた。

 しかし、どん底まで堕ちても清原容疑者は豪遊を続け、生活レベルを下げることができない。残された道はもはや芸能界に転身し、千万単位で稼ぐことが急務だったのだ。

 清原容疑者が頼ったのは、芸能界にも幅広く顔の利くP氏だった。

「俺のところに清原の話が来たのは一昨年12月。相談してきたのは、かつて清原と親密な関係にあった銀座のママだ。『キヨがテレビで干されて困っている。助けてほしい』と電話があった。さっそく年が明けた1月に清原と会食したが、清原は本当にお金に困っている様子だった。それで、芸能界で仕事を始めたいのなら薬物には絶対手を出してはいけないと釘を刺した。すると本人は『絶対にやりませんのでお願いします』と深々と頭を下げてきたんだ」(以下、クレジットのない発言はP氏)

 何より驚いたのは、清原容疑者の涙だったという。

「すでに離婚していたため、子供と自由に会えなくなったことをこぼしていた。また、広尾のマンションについては、『自分が稼いだ金で手に入れた人生の結晶だ。手放したくない』とメソメソ泣く。手や胸に入れ墨を入れるなど、『自分勝手なことをしているのだから自業自得だ』と言ってやったよ。結局、その家は2億円以上で売り払われたが、清原の部屋はあまりに汚れていて、まさに“ブタ箱”のようだった。補修費用だけで1000万円かかったと聞いている。さすがに奥さんも、清原がクスリを常用していたのは知っていただろうね」

 芸能界復帰に際してP氏が清原容疑者に提案したのは、PL学園時代の「KKコンビ」復活だった。

「疑惑があった以上、芸能界での仕事を再開するためには、人前でニコニコ笑顔を見せたり、頼まれればサインを書かなければならない。清原に、それが芸能人としての復帰につながるんだと話した。特に清原の場合には、PLの盟友・桑田真澄(47)と和解することが一番の社会復帰につながると説明したんだ。しかし、アイツは『それはイヤです』と拒否してきた」

 清原容疑者が簡単に首を縦に振らなかった背景には、もちろん85年、「運命のドラフト」という遺恨があったからに他ならない。

 スポーツライターが解説する。

「巨人が第一希望だった清原にとって、こっそり密約を交わして巨人入りした桑田は絶対に許せない相手だった。清原がFAで巨人に移籍した際にも結局は一緒に食事したのは一度きり。その後、引退してからテレビ番組でPLの同窓会が企画された時には『桑田が来るんだったら俺は出ない』とゴネて、結局、桑田は招待されなかった。12年にCMで奇跡的に共演してKKコンビが復活した時にも、裏では『一緒に並びたくない』と写真を撮られるのを嫌がっていた。遺恨は一生消えないでしょう」

 それでもP氏が本気で説得した末に、清原容疑者もどん底からはい上がるためになりふりかまっていられず首を縦に振ったという。しかし、肝心の桑田の事務所からOKが出ず、結局、KKコンビの復活は実現しなかったという。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    女性と無縁の理系アラフォー男が3ヵ月で結婚!男が頼んだ“婚活のプロ”の正体とは?

    Sponsored
    74637

    「男子校出身で、おまけに大学も職場も理系のため、女性との接点がほとんどなかったんです。仕事も忙しく不規則なため、友人からの飲み会の誘いやサークルにも滅多に参加できず、そんな男性社会で20~30代を過ごしていたら、気づけば40歳。そこで慌てて…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    他人ごとではない…冬に注意すべき「血管事故」対策は「血管年齢の若返り」!?

    Sponsored
    75325

    突然ですが、日本人の主な死因を知っていますか?最も多いのは、1/4以上の割合を占めるガンです。実はその次に多いのが、心疾患や脳血管疾患を合わせた「血管事故」。心筋こうそくや脳卒中などは心臓や脳の特殊な病気ではなく、実は血管が詰まったり破れた…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    最大75%効率アップ!「まだスマホの充電が終わってない!」を防いでくれる急速充電器

    74187

    仕事や趣味で活躍するスマホやタブレット。重宝する半面、ヘビーユースする人にとって問題となるのがバッテリー問題ではないだろうか。満足に充電できず慌てて外出した際、電車内や取引先で電池残量がピンチになる不安は避けたいところ。そこで今回セレクトす…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
櫻井翔が女子アナと真剣交際の裏で大事な“相棒”を乗り換えていた!?
2
「今夜くらべてみました」で日テレがSHELLYをリストラできない裏事情
3
ブレイク俳優の高橋一生が「an・an」で一糸まとわぬ姿を披露しファンが困惑
4
「重病説」が飛び交うホリケンの「顔色が悪い本当の理由」とは?
5
細川茂樹「事務所契約解除」のウラに意外すぎる「バッチバチ素顔」