芸能

清原和博 “薬物底なし沼”と“あふれ出る女性遍歴”(1)自分のプレイを周囲に放言し…

20160303a

 プロ野球選手時代、86年の新人王以外にタイトルとは縁がなく、「無冠の帝王」と呼ばれた清原容疑者だが、ことネオン街では“夜のホームラン王”として君臨し続けた。浮き名を流した相手もタレント、女子アナ、銀座ママなど、枚挙にイトマがない色男ぶりだったのである。そしての女性遍歴はいつしか、逮捕直前まで溺れた女との快楽半生へと重なっていった──。

「俺は、ありとあらゆる普通ではできないようなプレイも経験したよ。もうやり残したことはないな」

 欲望の限りを尽くした清原和博容疑者(48)が、親しい知人にこう豪語したことがあった。さらには、詳細なことまで付け足して、周囲に語っていた。

「想像以上のことを全部やったよ」

 およそ、野球少年たちが憧れるヒーローが口にするとは思えない言葉の数々だが、当時は酔ったうえでのざれ言として済まされた。しかし、今年2月2日、清原容疑者が自宅マンション内で覚醒剤所持により逮捕されたことから、みずから吹聴したアブノーマルな性行為の自慢話が単なる下ネタでは収まらず、知人の耳には生々しい響きとしてこだまするようになったほどだという。

 甲子園を沸かせたスターは、プロ入り直後から“入れ食い”状態だった。一般の女性ファンはもちろん、有名美女たちとも数々の熱愛騒動を起こしている。

 最初の女性スキャンダルは86年、ルーキーイヤーのオフだった。ベテラン芸能記者が述懐する。

「相手は2歳年上のセクシータレント・雨野夕紀。にっかつロマンポルノでデビューしたばかりのグラマラス美女で、清原が取材のために所沢の合宿所から上京した際に都内の公園でデートしているところを写真誌に激写された。清原は直撃されても、『これが4回目のデート。年上だから気軽に話せる』と、初スキャンダルにもまんざらではない様子で堂々と答えましたが、関係は長く続かなかった」

 まだ上京したての若獅子の咆哮も初々しいばかりだが、当時を知るパ・リーグ関係者は語る。

「清原をこよなく寵愛していた当時の堤義明オーナーからVIP待遇を受けていた。球団の親会社が運営するプリンスホテルのスイートルームを自由に使うことが許されていたんです。清原が遠征先で問題を起こした際に、内々で済ますことができる配慮だった。実際、清原が使った部屋はシーツもベッドもメチャクチャに汚されて、不特定多数の美女と激しく遊びまくっていたのが丸わかりだったといいます」

 その後も、モデルやミス・ユニバース、元女子アナの薮本雅子(48)などゴージャスな美女を次々と堕としていった清原容疑者だが、常々、

「俺はええもん食って、ええ車乗って、ええオンナとつきあうためにプロ野球に入ったんや」

 と、高笑いしていた。実際、BMW、フェラーリ、ベンツ、ベントレー、ポルシェ‥‥と高級外車を次々と乗り換えたのと同様に、美女もやつぎばやに乗り捨てていったのだ。

「96年にはタレントの吉野公佳(40)との自宅密会報道が飛び出しました。しかし、その直前に吉野が体調を崩し、異常なまでに激ヤセしたことで、その原因を巡って清原との交際がこじれたからだと噂されただけでなく、あらぬ疑いをかける向きもあった」(前出・ベテラン芸能記者)

 96年オフ、清原容疑者は幼少時代から憧れた巨人へFA移籍したが、それでも“夜の帝王”の座から下りることはなかった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

アサ芸チョイス:

  1. 54881
    PR
    マイナス金利導入で値上がりも?まだ間に合う「生命保険の見直し」その秘策

    今年2月16日から、日本史上初の金融政策である「マイナス金利」が導入されました。だけど、この政策によって私たちの生活にどのような影響があ

  2. 49459
    PR
    元気ハツラツの秘訣は『にんにく』『しじみ』『牡蠣』のトリプルパワー

    年齢を重ねていくたびにしんどくなってくるのが、年末年始の宴会。“おつきあい”とはいえ連日宴席となると、カラダの外も内側もズッシリと溜まり

  3. 56571
    PR
    年齢面で不利な“40代の婚活”を変えた「結婚相談所のサービス」その仕組とは?

    40歳を過ぎていよいよプレッシャーを感じてきたのが「結婚」の二文字。「まだ婚活は早い」「婚活をしなくてもそのうちいい出会いがあるだろう」

注目キーワード

人気記事

1
小林麻耶が一時意識不明、番組退席直前の異変とブログに綴っていた“心の闇”
2
視聴率爆下げの原因?松本潤「99.9」公式ツイッターの発言に視聴者から批判殺到
3
田中みな実が圧勝!前田敦子が自分のインスタグラムで公開処刑される
4
貫地谷しほりが公開したすっぴん写真がまるで「行為中」そのもの!?
5
まるで岡本夏生…真木よう子が超絶劣化も胸は健在で男性ファンは「ならば良し」