芸能

男心をくすぐる“大人の女子アナ”を一斉調査!(2)NHKは魅力的な“大人女子アナ”が多い

20160303h

 みなさまのNHKは大人の美女アナの宝庫。「あさイチ」でメインMCを務める有働由美子アナ(46)はその筆頭格だ。芸能評論家の織田祐二氏は、こんなプレイを提案する。

「かつてスポーツ選手と交際していた時、カツラで変装して“通い妻”をしていたのは有名な話。局の飲み会でもよくカツラ姿で芸を披露しているそうで、夜の営みに応用しない手はない。エマニエル夫人のようなブロンドヘアに変身した有働アナと場末のホテルにシケこんで、朝までお相手したいですね」

 昨年4月、京都放送局に異動となった井上あさひアナ(34)も色香では負けていない。2月15日に放送された「趣味どきっ!」(Eテレ)では可憐な着物姿を披露して、全国のファンに健在ぶりをアピールした。

「京都伝統の茶の湯の魅力を伝える内容だったのですが、お茶を飲む際、上からのアングルで美しいうなじがアップで映し出され、ほんのりとしたエロスを漂わせていました。おカタそうに見えて、実はノリがいい。和室で帯を取ってグルグルと着物をひんむく“お殿様プレイ”にも喜んでつきあってくれそうです」(女子アナウオッチャー・丸山大次郎氏)

 和装の井上アナにド派手な洋装で張り合うのが、「ニュースウォッチ9」でおなじみ鈴木奈穂子アナ(34)。

「2月初旬に着ていた金ピカのボディコン風衣装には驚きました。下半身がかなりタイトで、お尻や下腹部のムチムチ感がNHKらしからぬエロスを醸し出していました。特に結婚してからは人妻のフェロモンが出まくっていて、若い男性視聴者を骨抜きにしています」(前出・丸山氏)

 一方、夕方のニュースを担当する橋本奈穂子アナ(35)は、その艶っぽい声で楽しませてくれそうだ。

「大きな胸元もそそりますが、注目すべきはリアクション。生放送中にハプニングが起きるたびに、『お!』『あれ!?』とストレートな反応を見せてくれます。きっと、頭に浮かんだ言葉をすぐ口に出すタイプ。ベッドの上でも『お、お! お~!』と連呼して感度のよさをレポートしてくれそうです」(芸能評論家・織田祐二氏)

 ダブル奈穂子との妄想エッチを賞味したら、杉浦友紀アナ(32)の爆乳プレイでシメにしたい。杉浦アナは1月24日に放送された「サンデースポーツ」でストレッチを実演。腰をくねらせるたびに、ゆったりとした衣装越しに、推定Fカップのオッパイの揺れがしっかりと伝わってきた。

「顔だちはそれほど派手ではないのにボディはダイナマイト。そのギャップが男の欲情をかきたててくれます。オンとオフの切り替えがうまく、時折見せるミニスカ美脚にも注目してほしいですね」(前出・丸山氏)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
清水良太郎、逮捕現場ホテルに垣間見えた「薄っぺらいプライド」!
2
戸田恵梨香の車で事故った成田凌にファンが「交際発覚」より失望した事実!
3
カトパン初出演ドラマ、ラストシーンでよみがえるフジ史上最悪の放送事故!
4
竹内涼真に「最速で人気急落」が囁かれる5つの“問題言動”!
5
胸のトップがハミ出てる!?水原希子「ギリギリ画像」大量公開の切迫事情