芸能

案の定、視聴率が再下落!有村架純「いつ恋」の“良作ドラマ”ステマに不評の嵐

20160302arimura

 やはり視聴率は1桁に逆戻りだ。2月29日に放送された月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(フジテレビ系)の視聴率が8.9%に下落。前話で10.7%を記録したのは悪天候で在宅率が高かったからという説を証明する形となった。そんな不人気ドラマを巡り、やたらと「良作ドラマ」と持ち上げるステマ記事が横行していると指摘するのはテレビ誌のライターだ。

「同作品の紹介記事はハッキリと二分されます。一つは視聴率という客観的データをもとに不人気ドラマと断じたうえで、その理由を分析するもの。そして、もう一つは『リアリティにあふれる』とか『現代の若者を描きだしている』などと低視聴率をよそにやたらとドラマとしての出来栄えを持ち上げるものです。どんなドラマにもそれなりの見所はあり、それを評価する記事は珍しくありませんが、作品全体を『良質なドラマ』と無批判に賛美する記事にはステマではという疑問を抱かざるを得ませんね」

 そんな「いつ恋」と好対照なのが、前々作の「恋仲」だ。月9ドラマで史上初の視聴率1桁発進となったものの、中盤以降には視聴率を回復。最終的には平均視聴率10.8%と及第点をマークし、生放送も盛り込んだ最終回には世間の注目も集まっていた。その「恋仲」に“良作”という評価は聞こえてこなかったとテレビ誌編集者は指摘する。

「良作とは呼ばれない『恋仲』ですが、同作品の描いた世界観が視聴者に支持されたことは数字が示す事実です。それに対して視聴率とは関係なく良作扱いされる『いつ恋』については、社会派ドラマの雰囲気をまとえば良作になるのかと問いただしたいですね。本当に良質なドラマであれば、描かれている世界観が暗くても視聴率が付いてくることは『家政婦のミタ』や『家なき子』で証明されています」

 第7話では有村架純演じるヒロインが、プロポーズしてくれた上司に対して返事を保留したあげく、別の男を助けるのに手を貸してほしいと虫のいい頼みごとをする始末だ。そんな態度は自分勝手と呼ばれるはずだが、「良作ドラマ派」はそんなヒロインを良しとするのか、見解を披露いただきたいものである。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

アサ芸チョイス:

  1. 57616
    ストロングすぎる!?雨上がり決死隊・蛍原のおかっぱ頭に史上初の異変が!

    4月27日、「スカルプD 薬用スカルプシャンプー ストロングオイリー」の記者発表会が開催され、CMでお馴染みの「雨上がり決死隊」の2人が

  2. 62097
    この3つがNG習慣!急速に増加中、目のピントが崩壊する「スマホ老眼」とは?

    近頃、ふとした瞬間に「あれ?目のピントがおかしいぞ…」。そんな感覚を持った人はいないだろうか?もしも、答えが「YES」で、さらにあなたが

  3. 58844
    夫の昔と今のギャップで離婚を考える妻も!小林製薬が発表した驚愕の調査結果

    インパクトのある商品名を付けることでお馴染みの小林製薬が「ナイシトール」発売10周年を記念して、「夫の昔と今のギャップに関する調査」を実

注目キーワード

人気記事

1
視聴率のために時間調整!林家たい平「100kmマラソン」のゴールをスタッフが阻止
2
市川海老蔵が歌舞伎仲間にも明かさない小林麻央の「深刻病床」
3
ちょいギャル風?堀北真希の“実妹”が「可愛すぎてヤバイ!」と話題沸騰
4
「24時間テレビ」でオリラジ藤森と寝た女性スタッフが特定される放送事故!
5
あびる優が水着写真を投稿も「窃盗女が何をホメてもらいたいの?」と拒絶反応