芸能

案の定、視聴率が再下落!有村架純「いつ恋」の“良作ドラマ”ステマに不評の嵐

20160302arimura

 やはり視聴率は1桁に逆戻りだ。2月29日に放送された月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(フジテレビ系)の視聴率が8.9%に下落。前話で10.7%を記録したのは悪天候で在宅率が高かったからという説を証明する形となった。そんな不人気ドラマを巡り、やたらと「良作ドラマ」と持ち上げるステマ記事が横行していると指摘するのはテレビ誌のライターだ。

「同作品の紹介記事はハッキリと二分されます。一つは視聴率という客観的データをもとに不人気ドラマと断じたうえで、その理由を分析するもの。そして、もう一つは『リアリティにあふれる』とか『現代の若者を描きだしている』などと低視聴率をよそにやたらとドラマとしての出来栄えを持ち上げるものです。どんなドラマにもそれなりの見所はあり、それを評価する記事は珍しくありませんが、作品全体を『良質なドラマ』と無批判に賛美する記事にはステマではという疑問を抱かざるを得ませんね」

 そんな「いつ恋」と好対照なのが、前々作の「恋仲」だ。月9ドラマで史上初の視聴率1桁発進となったものの、中盤以降には視聴率を回復。最終的には平均視聴率10.8%と及第点をマークし、生放送も盛り込んだ最終回には世間の注目も集まっていた。その「恋仲」に“良作”という評価は聞こえてこなかったとテレビ誌編集者は指摘する。

「良作とは呼ばれない『恋仲』ですが、同作品の描いた世界観が視聴者に支持されたことは数字が示す事実です。それに対して視聴率とは関係なく良作扱いされる『いつ恋』については、社会派ドラマの雰囲気をまとえば良作になるのかと問いただしたいですね。本当に良質なドラマであれば、描かれている世界観が暗くても視聴率が付いてくることは『家政婦のミタ』や『家なき子』で証明されています」

 第7話では有村架純演じるヒロインが、プロポーズしてくれた上司に対して返事を保留したあげく、別の男を助けるのに手を貸してほしいと虫のいい頼みごとをする始末だ。そんな態度は自分勝手と呼ばれるはずだが、「良作ドラマ派」はそんなヒロインを良しとするのか、見解を披露いただきたいものである。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

アサ芸チョイス:

  1. 57616
    ストロングすぎる!?雨上がり決死隊・蛍原のおかっぱ頭に史上初の異変が!

    4月27日、「スカルプD 薬用スカルプシャンプー ストロングオイリー」の記者発表会が開催され、CMでお馴染みの「雨上がり決死隊」の2人が

  2. 49459
    PR
    元気ハツラツの秘訣は『にんにく』『しじみ』『牡蠣』のトリプルパワー

    年齢を重ねていくたびにしんどくなってくるのが、年末年始の宴会。“おつきあい”とはいえ連日宴席となると、カラダの外も内側もズッシリと溜まり

  3. 59850
    嵐・松本潤、深田恭子も実践!白湯を飲むだけで痩せる究極のダイエット法

    話題のタレント、ベッキーをはじめ、嵐の松本潤や深田恭子、牧瀬里穂、宇多田ヒカルなど多くのタレントが実践して反響を呼んでいるのが、白湯ダイ

注目キーワード

人気記事

1
「高知東生逮捕」でネット上ではあの俳優に“疑惑の目”が!?
2
高知東生は逮捕ラッシュの始まり?緊張走る清原和博の“薬物仲間”たち
3
中越典子が夫・永井大の「借金騒動」と「二丁目疑惑」で“こころ”はボロボロ?
4
高知東生と不貞相手の無神経な密会場所に妻・高島礼子はあ然!?
5
思想犯扱いされた春香クリスティーンが号泣!フジのやり過ぎドッキリに批判殺到