芸能

美人女優たちが共艶!NHKドラマはこんなに大胆!(1)“なっちゃん”こと田中麗奈が…

20160310w

 NHKの朝ドラが55年を迎えた一方、夜ドラマでは公共放送とは思えない大胆な濡れ場が目を釘づけにしている。胸の谷間は序の口。激しい口づけや濃厚な濡れ場に視聴者は悶々とすること間違いなし。思わず受信料を払いたくなるような国民的濡れ場はホンマ、スゴイんやで!

 NHKドラマが大変なことになっている。民放テレビ局が規制を恐れて際どい表現を自粛していく中、公共放送のNHKだけが「みなさまのために」次々と大胆な濡れ場に挑戦しているのだ。映画評論家の秋本鉄次氏はこう語る。

「お堅いイメージのNHKですが、80年には『ザ・商社』で夏目雅子さんが乳房ヌードに挑戦したこともあり、侮れません。今の時代、乳首は難しいですが、人気女優がベッドシーンで背中ヌードや下着を見せたり、性行為を想像させる体位でカラむことがあるので目を離せないのです」

 1月スタートのドラマ「愛おしくて」でも、清涼飲料水「なっちゃん」のCMでおなじみの田中麗奈(35)が、衝撃的なセックスシーンに挑戦している。

 田中が演じる藤沢小夏は伝統工芸の有松絞りを学ぶため、秋吉久美子(61)演じる絞り染め作家の深浦怜子に弟子入りをした。

 怜子は獣医師の中原光太郎(吉田栄作)と男女の深い関係にあったが、田中の飼っている犬の相談に乗っているうちに、吉田と田中の距離は縮まっていく。そして、2月16日に放送された第6話では、ついに愛欲を抑えきれずに師匠の男と一線を越えてしまったのだ。

 深夜に田中の部屋を訪れた吉田は、力強く田中を抱き締めた。その思いを受け入れた田中は、キスを求めるように瞳を閉じる。唇が触れ合うと、スイッチが入った田中は舌をねじ込ませるようにネットリと何度も吸いついた。ベッドに移動すると、田中は甘美な吐息を漏らしながらブラウスの胸ボタンを外していく。吉田がブラウスを脱がせると、ほっそりとした背中と水色のブラジャーが画面にアップで映し出された。

 再びディープキスで唇を重ね合うと、田中は対面騎乗位でエビ反りしながら、桃色吐息をエスカレートさせるのだった──。

 清純派から新境地を開拓した、この濡れ場について、ドラマ関係者はこう話す。

「撮影の数週間前から腹筋をしたり、体のラインがキレイに見えるように整えていたそうです。演出担当者はベッドシーンに関して出演者に任せていたので、田中さんと吉田さんがリハーサルで実際に抱き合ったりしながら、構成を思案していました」

 三角関係の恋愛バトルが展開されるドラマのもう一つの見どころは、秋吉の妖艶なセクシーシーン。撮影前にボディ磨きまでしたという秋吉は、惜しげもなくワンピース姿で熟れた胸の谷間を披露。さらに吉田とソファの上でカラんだ時には、パンティに指を突っ込まれ、まさぐられる場面も見られた。前出の秋本氏は賛辞を惜しまない。

「いつでも脱ぐ覚悟のある女優であり、60代になっても観賞できるボディの持ち主。ねっとりとした声や指先の動きだけでエロスを表現できるので、師匠と弟子という役さながらに、田中さんも濡れ場を学んでもっと成長してほしいですね」

 セクシー対決の行方は、秋吉に軍配か。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    薬用和漢のチカラで髪を強くしなやかに…頭皮環境から考える山野愛子流「育毛」ケアとは?

    Sponsored
    76814

    20~60代の女性を対象に行った、ある髪に関するアンケートの結果によると、なんと9割以上の女性が「髪にツヤがあるほうが若く見えると思う」と回答し、4割以上が「初対面の女性の髪の状態またはヘアスタイルを見て、年齢を判断する」と答えたのだそうで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    女性と無縁の理系アラフォー男が3ヵ月で結婚!男が頼んだ“婚活のプロ”の正体とは?

    Sponsored
    74637

    「男子校出身で、おまけに大学も職場も理系のため、女性との接点がほとんどなかったんです。仕事も忙しく不規則なため、友人からの飲み会の誘いやサークルにも滅多に参加できず、そんな男性社会で20~30代を過ごしていたら、気づけば40歳。そこで慌てて…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    放っておくと命に関わる血管のリスク 「血管の老化」に要注意!?

    Sponsored
    75325

    突然ですが、日本人の主な死因を知っていますか?最も多いのは、1/4以上の割合を占めるガンです。実はその次に多いのが、心疾患や脳血管疾患を合わせた「血管事故」。心筋こうそくや脳卒中などは心臓や脳の特殊な病気ではなく、実は血管が詰まったり破れた…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
経営店も続々閉店…テレビから消えた川越シェフに一体何が?
2
筧美和子、「とんねるず」特番で起きた“胸ポロ”の裏に隠された苦悩
3
よくぞ言った!坂上忍の「本田圭佑批判」がサッカー界から賞賛される理由
4
X JAPANが日本公演の日程を発表、これが「ラストYOSHIKI」になる!?
5
ダレノガレ明美の写真を巡って「ニップル?それともボタン?」の激論が勃発