芸能

弘兼憲史×萩本欽一 欽ちゃんとドンと「新老人」を楽しもう!(3)前より「死」が近くなった気がする

20160414k

萩本 ところで、弘兼さんは、ご自分で年齢の線引きはするんですか?「何歳になったら年寄りだ」とか。

弘兼 いや~、しないですね。

萩本 でしょう? じゃあ弘兼さんも年齢なんか気にしてないんですよ。

弘兼 でも、日本人の男性の平均寿命って約80歳なんですね。そうすると平均まで生きるとして、僕はあと11年なんです。

萩本 だったら、僕はあと6年ですよ(笑)。

弘兼 いやいや、たぶん、萩本さんはもっと長生きしますよ(笑)。だけど、そうやって考えると自分の人生、短いなぁとは思います。

萩本 でも、平均寿命って毎年延びてますよね。

弘兼 確かに。ただ、医者に聞いたら「90歳を超えることはないんじゃないか」と。ガンの治療薬ができるとか、何か劇的な変化があればもっと延びるかもしれませんけど。

萩本 それでも、弘兼さんは自分を老人だと思ってないんでしょう?

弘兼 昔に比べると、何となく死が近くにある気はするんですけどね。ですから、「新老人のススメ」にも書いたんですけど、あと11年あるとしたら引き算で考えるんです。例えば貯金が1000万円あって、それを使い切ろうと思ったら、1年に100万ずつ使わないとなくならないな、とか。そういう計算は何となくしますね。

萩本 僕もね、ある程度寿命の線を引いていた時期があったんですよ。僕の人生は(コント)55号から始まったから、55歳で亡くなるのが最高の人生じゃないかって。で、その頃にちょうど貯金もなくなるといいかなぁと思って、ムダづかいして生活してたんです。そしたら、55歳になってもピンピンしてた(笑)。

弘兼 アハハハハハ!

萩本 だから、そのあとに稼ぐのがえらい大変だったんです(笑)。だから弘兼さんだって、気をつけたほうがいいかもしれませんよ。

弘兼 う~ん、確かにそうなんですよね。そういうふうに逆算して生きられればいいとは思うんですけど、実際はそううまくいかないですから。それに僕もわりに行き当たりばったりに生きてまして、実はそのほうが好きなんですよね。

萩本 あらら(笑)。「平均寿命まであと11年」の話はどうなったんですか?

弘兼 こういうのは、まさに「朝令暮改」と言いますね(笑)。言っていることがコロコロ変わるという。

萩本 でも、今の自分が元気を出すために「あと8年しか人生はない」みたいな考え方で生きるのは、いいかもしれないですね。「いつまでも元気でいたい」だとしんどいけれど、「80歳で人生が終わる」と思えば、逆に何でもできる。当然その先もあるのかもしれないですけど、その時はその時でね。

弘兼 なるほど。

萩本 例えば、それを言い訳にして知らない女の人に声をかけるとかできるじゃないですか。「ごめんなさい、あと3年しか寿命がなくて急いでるもんですから、声かけさせてもらいました」なんてね(笑)。

弘兼 ハハハ、よく晩年の森繁久彌さんがそんな感じだったって言いますよね。女優さんやスタッフの女性のおしりを触るのが当たり前になっていて、みんなも「森繁さんだからしょうがないか」って思ってたそうですが。

萩本 あれ、女性に言わせると、「触らせてくれ」っていうのは「おはようございます」と一緒だったらしいですよ。朝の挨拶の1つなんですって(笑)。

弘兼 長く生きると、そんな境地にたどりつくんでしょうか。私なんか、まだまだ森繁さんの域には達せませんけどねぇ。

萩本欽一(はぎもと・きんいち) 1941年東京都出身。66年に坂上二郎と「コント55号」を結成、たちまちお茶の間の人気者に。80年代には「欽ちゃんのどこまでやるの!?」などで視聴率「100%男」の異名を取るまでに。昨年4月に駒澤大学仏教学部に入学、大きな話題を呼んだ。

弘兼憲史(ひろかね・けんし) 1947年山口県出身。早稲田大学法学部卒業後、松下電器産業(現パナソニック)勤務後、74年に漫画家デビュー。主な代表作は「島耕作」シリーズ、「黄昏流星群」など。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    薬用和漢のチカラで髪を強くしなやかに…頭皮環境から考える山野愛子流「育毛」ケアとは?

    Sponsored
    76814

    20~60代の女性を対象に行った、ある髪に関するアンケートの結果によると、なんと9割以上の女性が「髪にツヤがあるほうが若く見えると思う」と回答し、4割以上が「初対面の女性の髪の状態またはヘアスタイルを見て、年齢を判断する」と答えたのだそうで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    女性と無縁の理系アラフォー男が3ヵ月で結婚!男が頼んだ“婚活のプロ”の正体とは?

    Sponsored
    74637

    「男子校出身で、おまけに大学も職場も理系のため、女性との接点がほとんどなかったんです。仕事も忙しく不規則なため、友人からの飲み会の誘いやサークルにも滅多に参加できず、そんな男性社会で20~30代を過ごしていたら、気づけば40歳。そこで慌てて…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    放っておくと命に関わる血管のリスク 「血管の老化」に要注意!?

    Sponsored
    75325

    突然ですが、日本人の主な死因を知っていますか?最も多いのは、1/4以上の割合を占めるガンです。実はその次に多いのが、心疾患や脳血管疾患を合わせた「血管事故」。心筋こうそくや脳卒中などは心臓や脳の特殊な病気ではなく、実は血管が詰まったり破れた…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
古舘伊知郎が「小川アナは櫻井くんに会いに行っていた」と暴露しファン大激怒
2
中居正広がWBCの現場で“暗黙のルール”を破り記者たちから大ブーイング
3
マネージャーに厳しい!?武井咲と演歌界の“小天狗”に「第二の細川茂樹」の声
4
細川茂樹「事務所契約解除」のウラに意外すぎる「バッチバチ素顔」
5
「相棒」最終回に2年越しの伏線が!?成宮寛貴は以前から復讐に手を染めていた?