社会

精力がアップしメタボも解消!男性ホルモンUPには脂質を摂るべし

20160418metabo

 メタボの原因はさまざま挙げられているが、テストステロン(男性ホルモン)の低い人ほどBMI(肥満度を示す指数)が高いという結果が出ている。それゆえダイエットに励むのだが、思わしい結果がなかなか出ない。そして悲しいことに、お腹の出に比例して精力が落ちてくる。

「グローミン」などのテストステロン軟膏を製造している老舗、大東製薬工業の福井厚義社長も、「テストステロンが減ると、EDはじめ、さまざまな症状が出るが、そのひとつに内臓脂肪の増加やIMT(頚動脈内膜の厚さ)が厚くなることがあり、メタボになりやすい」と語る。

 テストステロンは当然ながら加齢とともに減少する。テストステロンを増やすには筋トレが有効だが、亜鉛やビタミンDを含む食物(牡蠣やアンコウなど)の摂取もいいという。さらには脂質の摂取にも効果があるとされている。管理栄養士の川田孝子氏によれば、

「これまで悪者扱いされていた脂質ですが、一価不飽和脂肪酸(オリーブオイルなど)と飽和脂肪酸(赤身肉、チーズなど)が多い食事はテストステロン値を上げることがわかったのです」

 手っ取り早くはテストステロン補充薬を使うのも効果はあるというが、ともかく精力をアップしてメタボも解消となれば言うことなしである。

(谷川渓)

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    寒い屋外からオフィスに戻ると頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    98132

    厳しい寒さが続き、屋外と室内の温度差が激しいと、「顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバーしたり、さ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    モデルや芸能人も愛用!管理栄養士が監修するダイエット方法「スルスルこうそ」の実力とは?

    Sponsored
    91454

    ダイエットをする人にとって、その理由はそれぞれ。でも、いざ始めてみると、一筋縄ではいかないのがダイエットというものですよね。簡単に痩せることができたら苦労しません。失敗する人は何をしたってうまくいかず、負の連鎖を繰り返すことになってしまいま…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    少しのお酒で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    年末年始の飲み会が増えるこの時期、「少しお酒を飲んだだけでも顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバー…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
有賀さつき「52歳ガン死」までの過酷闘病(1)病名が伏せられていた理由は?
2
羽生結弦のライバル、ネイサン・チェンが金メダルを取れない理由!
3
人気俳優、ファンとのバスツアー直前に「元アイドルと入浴」写真が大漏洩!
4
有賀さつき「52歳で急逝」までの過酷闘病の全貌とは?
5
オードリー春日の東大不合格でわかった田村淳の青学挑戦が「絶望的」なワケ!