芸能

「高学歴アイドル」櫻井翔が検定に満点合格でファンの「後追い受験」殺到か!?

20160512sakurai

 嵐の櫻井翔が慶大卒の頭の良さを見せつけた。4月25日放送の「NEWS ZERO」の「イチメン」コーナーでのこと。この日取り上げた「ユニバーサルマナー検定」2級に見事合格したのだ。

 同検定は今後日本に増え続ける高齢者や障害者をサポートするためのノウハウを学んで、実際の生活に生かすことを目的とした検定だ。昨年はホテルや小売業など、接客することの多い企業が団体で受験、約1万5000人が受験している。

「準3級、3級、2級があり、櫻井が受けたのは2級。2級は3級を合格しないと受けられないため、3級は合格済みだったようだ。『NEWS ZERO』の仕事は櫻井自身がやりたいと始めた報道キャスターで、本人の中で別格の仕事として位置付けられている。当然気合いの入れ方が違う」(芸能ライター)

 番組では櫻井が車いすに乗ったり介助をしたり、いろいろな器具を装着して高齢者を疑似体験する姿を伝えていく。「段差が怖い」などリアルな感想が次々飛び出す中、注目されたのは合否だった。

「一応、きちんと勉強したので手ごたえはある」と櫻井が自信ありげに答えた後、村尾キャスターが「満点でした」と合格を発表。「満点でした? 100点ですか?」とウキウキの櫻井。思わず「あー、嬉しー、本当嬉しいですね。大切にいただきます。嬉しい。ありがとうございます」と感謝の声を連発した。

 しかし、優等生の櫻井にとっては、これくらい朝飯前では?

「今回は勝手が大いに違って面食らってばかりだったようです。櫻井は計画的に順序立ててきっちり事を運ぶのが大好きなタイプ。だが、これはテキストが当日会場で配布されるため、予習ができないぶっつけ本番。当日は、講義70分、実技研修150分の後で、30分かけて検定試験を受けました。一般人に混じって受けた研修、その後に試験というのは大変な集中力がいります。それでも、満点合格してみせたのはさすがです」(女性誌記者)

「『ユニバーサルマナー』という名前の通り、これからは、誰もが知って身につけるマナーになれば、障害のある人もない人も住みやすい世の中になるのではないかなと思いました」と締めの言葉もキメてみせた櫻井。櫻井ファンの間で“後追い検定受験”がブームになるかもしれない。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    あなたも結婚できる!“人の手”にこだわった紹介サービスって?

    Sponsored
    52075

    話題の“こじらせ男子”というワケではない。40歳を過ぎてからというもの、職場でもそれなりの責任を任される立場にもなったし、性格だって明朗快活。それなのにナゼ、自分はこれまで結婚に縁がなかったんだろうか?旧友の「結婚しました!」という連絡を聞…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出張についてのアンケート

    Sponsored
    81003

    いつもアサ芸プラスをご愛読いただきありがとうございます。アサ芸プラスでは、今後出張に関する情報を提供させていただくにあたり、ユーザーの方の興味関心をアンケートでとらせていただいております。簡単な内容ですのでご協力よろしくお願いします。ご協力…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    秋津壽男“どっち?”の健康学「夜中、頻繁に目覚めるのは危険?不整脈や動脈硬化を合併する可能性」

    83505

    「あなた、またなの?」で始まるテレビコマーシャルを目にしたことがないでしょうか。夜中、頻繁に目が覚める旦那さんに対して、横で寝ている奥さんが声をかける内容です。同じ布団で寝ているパートナーが頻繁に起きると「いいかげんにしてよ」と言いたくなり…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤江梨子が海老蔵と結婚できなかった、市川家必須の「妻の条件」が凄すぎる
2
元SMAP・森且行が「パチンコ化」で「大損覚悟で打ちに行く」ファン熱狂!
3
スポンサーに怒られる!?本田翼が人気紀行番組でまさかの“失言”
4
ローラ、ネット民が「バストの先の“茶色い部分”が見えた」と大騒ぎ!
5
「陰口をいう人」ASKAが以前の仲間を痛烈批判、相手はやはりあの人!?