芸能

芸能界、脱いだらスゴい隠れた「大きなバスト」の持ち主60人!タレント・モデル編

20160922bustg

 いつもテレビで見慣れている顔なのに、ふとした瞬間、視線が胸元に釘づけになってしまうことがある。ものすごく得したような僥倖を与えてくれるのは、この女神たちだ。

○ホラン千秋(160センチ B86・W60・H89)

 ショートカットに、かつてキー局の女子アナをめざした知性。それはタレントになっても清潔なままだが、実は水着グラビアも何度かこなしたことがある驚きボディの持ち主。

○サロメ・デ・マート(170センチ 推定87センチ・Dカップ)

 今春よりオンエアされている「オランジーナ」のCMで、自転車に乗って「コマンタレブー」を連発するフランス人の美人先生。白いブラウスの上からも、双丘の高みが歴然。

○池田エライザ(169センチ B85・W59・H88)

 指で唇を尖らせる「エライザポーズ」は、女子の間でも「自撮りの神」として大流行。素肌もきれいなことで知られるが、さらに、スレンダーグラマーであることもお忘れなく。

○市川紗椰(168センチ B85・W55・H82)

 ニュースキャスターとして「ユアタイム」(フジテレビ系)にチャレンジする一方、ランジェリーのCMでは、息を飲むような谷間の美しさを披露。その“ツンデレ感”は、さらなる冒険が望めそう。

○大沢あかね(160センチ B88・W59・H85)

 土曜の午後のひととき、画面に映るのは劇団ひとりの嫁となった大沢あかねの明るい姿。庶民的に見えるが、その胸元に目をやると、そんじゃそこらにはいない特大サイズが!

○大川藍(164センチ B79・W57・H78)

 昨年の10月末に「アイドリング!!!」を卒業し、その後は「JJ」や「ピーチジョン」のモデル、「Going!」のお天気コーナーで大活躍。スレンダーでもDカップは確実。

○西内まりや(170センチ B80・W58・H83)

 モデルから歌手、女優、そしてバラエティまで、今の時代には珍しくマルチな展開が目立つ。ボディもルックスも女の子たちの憧れであるが、男の目にも十分にセクシー。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    寒い屋外からオフィスに戻ると頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    98132

    厳しい寒さが続き、屋外と室内の温度差が激しいと、「顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバーしたり、さ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    モデルや芸能人も愛用!管理栄養士が監修するダイエット方法「スルスルこうそ」の実力とは?

    Sponsored
    91454

    ダイエットをする人にとって、その理由はそれぞれ。でも、いざ始めてみると、一筋縄ではいかないのがダイエットというものですよね。簡単に痩せることができたら苦労しません。失敗する人は何をしたってうまくいかず、負の連鎖を繰り返すことになってしまいま…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    少しのお酒で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    年末年始の飲み会が増えるこの時期、「少しお酒を飲んだだけでも顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバー…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
眞子さま「婚約延期」で「皇太子vs秋篠宮」代理戦争(1)「母親だけの問題じゃない」
2
眞子さま「婚約延期」で「皇太子vs秋篠宮」代理戦争(3)お相手の醜聞を広める理由
3
眞子さま「婚約延期」で「皇太子vs秋篠宮」代理戦争(2)「得体が知れない」との声も
4
眞子さま「結婚延期」で浮上した皇室内の“壮絶ウラ攻防”
5
有賀さつき「52歳ガン死」までの過酷闘病(1)病名が伏せられていた理由は?