芸能

山崎賢人は疫病神だった?「デスノート」松山ケンイチ登場を原作ファンが大喜び

20161013yamazaki

 10月29日公開の映画「デスノート Light up the NEW world」において、松山ケンイチが8年ぶりに「L」の役を務めることが明らかになった。この配役が10月7日に発表されると、ファンからは歓迎の声が続出。その理由を映画ライターがこう語る。

「ほとんどの『デスノート』ファンが、テレビドラマ版で“L”を演じた山崎賢人ではなかったことを喜んでいるんですよ。その証拠に、ドラマ版で主役の夜神月(ライト)を演じた窪田正孝が映画版のキャストに名を連ねていないことを残念がる声は多いのに、今回の発表では山崎のほうが良かったという声はほぼ皆無ですからね」

 山崎といえばイケメン俳優の筆頭格として高い人気を誇る一方で、「棒演技」と評される演技力のなさでも知られている。ドラマ版「デスノート」(日本テレビ系)では窪田の演技が達者すぎるためか、終盤では山崎の出番が減らされたとの噂もあったほど。しかも今後の展開しだいでは、さらに「山崎不在」を喜ぶ声が高まりそうだという。前出の映画ライターが続ける。

「今回の映画版は、ライトが死んでから10年後の世界を舞台にしていますが、予告編ムービーには『夜神月は生きている』というセリフが出てきます。そのため、ライト=窪田が出演するのではという期待が高まっているんですね。これで本当に窪田が出演するのであれば、L役の山崎だけ降板させられた形になります。それは映画ファンにとっては願い通りの配役と言えるでしょう」

 若い女性ファンからは高い支持を受けている山崎だが、「デスノート」に関してはどうやら疫病神という扱いになっているようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    実写映画化で話題沸騰! 『ジョジョの奇妙な冒険 第4部~PART4 ダイヤモンドは砕けない~』のコミック版が無料試し読みに登場

    Sponsored
    85664

    最近は、新聞も雑誌もコミックもスマホで!なんて話をよく聞きます。デジタルをスマートに使いこなすサマは、かっこいい「大人」って感じですよね。でも、紙の雑誌で育った世代にとっては、まだ未体験という人も多いのでは。そんな人にオススメしたいのが、電…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「軽く親睦はかる」なら屋台!深刻度別「部下の相談に乗る」ためのベスト酒場

    87979

    時と場合に合わせるのはもちろんだが、部下の悩み相談に合わせて酒を飲む店を使い分けてこそ、慕われる上司。そこで、正しい酒場&つまみの選び方をご紹介しよう。深刻度★/おでん屋職場に入ったばかりで雰囲気に溶け込めていない新人。これからの付き合いを…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
市川海老蔵と小林麻耶で噂される再婚は大河ドラマにも出てくる風習だった!?
2
真木よう子「主演ドラマ打ち切り」の恐怖現場(1)視聴率低迷だけでなく…
3
橋本環奈のドラマ打ち上げ会場はホテル!フジの扱いが真木よう子と違いすぎ?
4
座ったまま合体!有村架純、松本潤との超過激ベッドシーンに映画関係者も大興奮
5
「コード・ブルー」出演女優・新木優子の「霊感トーク」にテレビ関係者が騒然!