芸能

相方の親に挨拶を強要!ムーディ勝山のエグすぎる天狗エピソードにドン引き

20161115moody

 数多い一発屋芸人のなかでも「断トツで性格が悪い」と、視聴者はまだおかんむりだ。

 10月31日に放送されたバラエティ番組「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)に、07年にムード歌謡ネタ「右から来たものを左へ受け流すの歌」で大ブレイクした過去を持つムーディ勝山がしくじり先生として出演。

 ムーディといえばピンで活動しているイメージが強いが、実は養成所時代の先輩・梶剛と「勝山梶」というコンビを05年に結成。10年に解散しているため、現在は正真正銘のピン芸人なのだが、ブレイク当時はまだコンビ続行中。その元相方への扱いがひど過ぎたことが番組で明らかになったのだ。

 コンビ結成2年目にしてムーディが突如として売れてしまったため、コンビ内格差が広がったという。仮にも相方は先輩。にもかかわらず、ムーディは敬語から完全なタメ口にシフト。呼び方も“梶さん”から“お前”に変わったといい、「寄生虫同様」に思っていたとまで暴露。結成から5年後には「相方を見下し、捨てるように解散した」と語った。

「エピソードの1つですが、梶の地元・香川で営業する機会があった際、梶の親が観に来ていたとのこと。ところがムーディが、ステージ上で『梶くんの親が来てるみたいですけど、僕のところに挨拶に来てないんですわ』と言いのけてしまったとのこと。営業終了後に梶の親は楽屋に来て、ムーディに『すみません。挨拶しなくて』と謝ったようですが、ムーディは挨拶に来ていなかったことに本気で腹を立てていたようで、一切その謝罪中に笑わなかったようです。この絵に描いたような天狗ぶりにはドン引きでした」(女性誌記者)

 ムーディは番組で涙を流し反省していたようが、エピソードのエグさから「売れなくなったから謝っただけだろ」と、同情はほとんど得られなかった。

 結局、元相方の梶も現在はピン芸人として活動しているが、テレビでまったく見かけなくなったムーディとは対照的に、地元の香川でレギュラー番組7本を持つ売れっ子だという。これも絵に描いたような立場逆転。まさに、おごれる者は久しからず、だ。

(佐伯シンジ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
体操 田中理恵 「カメラマン」に対抗した仰天措置 「恥骨テーピング」で激写封じしていた
2
上西小百合、タレント転身も「全局が一斉出禁」の衝撃情報!
3
「美女タレントを射止めた芸人」になり損ねた残念オトコたち
4
「私にくわえさせると薬物に火を点け…」清水良太郎を通報した女性が告白
5
香取慎吾「仮装大賞」降板危機を救う萩本欽一の爆弾発言!