政治

トランプショック!永田町に蠢く「新大統領利権」発生で「年末総選挙」急浮上!(2)小泉進次郎氏も所属したCSISとは?

20161201b2nd

 そのCSISには日本政府からは防衛省、公安調査庁、内閣情報調査室の職員、民間ではNTTの職員などが客員研究員として所属している。また麻生氏ばかりか、安倍総理もそこを訪れ、何度も講演を行っている。政治評論家の浅川博忠氏は、トランプ側と窓口になる自民党キーマンを、

「麻生氏、進次郎氏」

 と明かすが、背景には、CSISが将来有望な若手官僚や政治家を目指す人物の、出向先や留学先となっていることがある。

「現政権でCSIS出身者の有名人といえば、自民党衆議院議員の小泉進次郎氏(35)です。現在は党の農林部会長ですが、トランプ大統領誕生で外務系に起用される可能性があります。ただし、政治家としての器がまだまだなので、大臣抜擢とはならないでしょう」(政治部記者)

 ところで永田町では来年1月の衆院解散・選挙風が吹いていたが、最近鳴りを潜めている。その理由もトランプ氏にあった。

「大統領の就任式は、来年1月20日です。政権交代という大事に、日本で政治を動かすのはまずいだろうということになりました。代わって水面下で急浮上したウルトラCが、11月解散、12月の年末総選挙説です」(前出・政治部記者)

 対立政党の民進党は代表の蓮舫氏(48)が、みずからの二重国籍問題について苦しい言い逃れに終始し、有権者の信頼は崩れ落ちた。野党転落の戦犯・野田佳彦氏(59)の幹事長登用で、党内もガタガタ。野党共闘のパートナー共産党も距離を置き始めている。また民主党政権時にアメリカは、米民主党のオバマ政権だったが、この“事変”に直面して「トランプ氏とのパイプ」はあるのか。

「それなりにはあります。今後はそこを使ってアプローチしていくでしょう。ただ、自民党のほうが明らかに太い人脈を持っています」(前出・浅川氏)

 と、どうも新大統領の利権にあずかるには心もとない。この状況での電撃選挙は、自民党にとって千載一遇のチャンス。米新政権誕生と歩調をそろえてスタートする、という意味も生まれる。

「現時点では、2月選挙が可能性として高い。『12月』は現実的ではないものの、11月中旬くらいから議員の忘年会が選挙区で始まります。そうした場で支持者から『12月』の声が高まればあるいは‥‥」(前出・浅川氏)

 トランプ氏は選挙期間中、

「在日米軍の駐留経費を100%日本に支払わせる。条件によっては米軍を撤退させる」

 と公言。これをはき違えたのが、基地移設反対の沖縄県・翁長雄志知事(66)だ。琉球新報は10日、

「トランプ氏勝利 翁長知事、異例の祝電」

 と報じた。来年2月に訪米してトランプ氏との面会も希望している翁長知事。中国の脅威が高まる中、日米同盟は気になるところだが──。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    薬用和漢のチカラで髪を強くしなやかに…頭皮環境から考える山野愛子流「育毛」ケアとは?

    Sponsored
    76814

    20~60代の女性を対象に行った、ある髪に関するアンケートの結果によると、なんと9割以上の女性が「髪にツヤがあるほうが若く見えると思う」と回答し、4割以上が「初対面の女性の髪の状態またはヘアスタイルを見て、年齢を判断する」と答えたのだそうで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出荷本数26万本の隠れヒット!「ころころ歯ぶらし」はお口のトラブルに万能の歯ブラシだッ!

    Sponsored
    43394

    お口のトラブルを気にされている方の大半が、「もっとしっかり磨かないと!」と、力いっぱい歯を磨いてしまっていないだろうか? こういった“ゴシゴシ”磨きは歯や歯ぐきに負担をかけてしまうので、口内環境に悪影響を与える可能性が高い。またお口のトラブ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    放っておくと命に関わる血管のリスク 「血管の老化」に要注意!?

    Sponsored
    75325

    突然ですが、日本人の主な死因を知っていますか?最も多いのは、1/4以上の割合を占めるガンです。実はその次に多いのが、心疾患や脳血管疾患を合わせた「血管事故」。心筋こうそくや脳卒中などは心臓や脳の特殊な病気ではなく、実は血管が詰まったり破れた…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
マツコの番組で「ドリカムアレルギー」が話題に、吉田美和の不貞過去が原因?
2
香川照之と長谷川博己が一触即発?「小さな巨人」現場が険悪ムードなワケ
3
坂口良子、40億円借金返済から急逝までの「日陰人生」57年
4
フジテレビ新社長があの人なら「めちゃイケ」「みなさんのおかげ」は即粛清!?
5
ブルゾンちえみ、キムタクへの上から目線な直撃が放送事故レベル!