芸能

NHK紅白“出場落選女”たちの激烈バトル(3)安室奈美恵は週刊誌の記事が原因で…

20161208d

 リオ五輪テーマ曲を歌っていた安室奈美恵(39)にも一波乱があった。なんと内定直前から一転、出場辞退となったのだ。転機となったのが「週刊新潮」(11月10日号)の記事。安室が紅白出場の条件として「フルコーラス」「事前収録」を要求していると報じられた。

「安室は自身の評判をネットで検索するのを日課とするほど、報道に敏感。今回、週刊誌に書かれてしまったことが相当嫌だったようで、『私の歌はライブに聴きにきてくれるファンにだけ伝えられればいい』と態度が一変し、そのまま流れてしまいました」(NHK局員)

 昨年、ようやく特別枠として4年ぶりに紅白の舞台には戻った小林幸子(62)だが、今年も無念の不選出となった。

「12年に個人事務所社長S氏との解任騒動が世間を騒がせましたが、このS氏が実は現在、福田こうへい(40)のマネージメントをしている。S氏は福田が紅白の内定を得ると『小林だけは出さないでください!』と、紅白のキャスティングにも影響があるという芸能界の大物に要望を出したんです。コミケに出展するなど小林の“若者迎合路線”は、紅白に復帰させるため長年NHKの幹部が主導して進めたことです。昨年が好感触で、今年は完全復帰の最大のチャンスでしたが、S氏の暗躍で白紙となりました。急遽交渉を打ち切られた小林の落ち込みは相当なものです」(スポーツ紙芸能デスク)

 出場が確実視されていた女性3人組メタルバンド・BABYMETALも落選に。今年は世界各国で単独ライブを実施し、全米アルバムチャートでは坂本九以来、53年ぶりのトップ40入りを成し遂げるなど実績は申し分なかったが、立ちふさがったのは芸能界の“鉄の掟”だった。

「彼女たちが所属する事務所に紅白で割り当てられた出場枠は、4つとされています。うち2つは福山雅治(47)、Perfumeの指定席。交渉過程で、残り2枠に昨年出場したSEKAI NO OWARIと星野源(35)を出してきた。NHKがBABYMETALを欲しがっていたのを知って、暗に枠の拡大を狙ったようです。ただ、枠の増減は他の事務所と揉めることが多く、よほどのことがないかぎり変わりません。今回は『年配層への訴求力がまだ足りていない』と理由をつけて、出演を諦めることにしました」(前出・NHK局員)

 今年は昨年より出場歌手が5組少なく、特別枠が増えると見られている。現状、著しく期待値は低いが、予定調和を覆す“救世主”が現れないものだろうか‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    薬用和漢のチカラで髪を強くしなやかに…頭皮環境から考える山野愛子流「育毛」ケアとは?

    Sponsored
    76814

    20~60代の女性を対象に行った、ある髪に関するアンケートの結果によると、なんと9割以上の女性が「髪にツヤがあるほうが若く見えると思う」と回答し、4割以上が「初対面の女性の髪の状態またはヘアスタイルを見て、年齢を判断する」と答えたのだそうで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    女性と無縁の理系アラフォー男が3ヵ月で結婚!男が頼んだ“婚活のプロ”の正体とは?

    Sponsored
    74637

    「男子校出身で、おまけに大学も職場も理系のため、女性との接点がほとんどなかったんです。仕事も忙しく不規則なため、友人からの飲み会の誘いやサークルにも滅多に参加できず、そんな男性社会で20~30代を過ごしていたら、気づけば40歳。そこで慌てて…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    放っておくと命に関わる血管のリスク 「血管の老化」に要注意!?

    Sponsored
    75325

    突然ですが、日本人の主な死因を知っていますか?最も多いのは、1/4以上の割合を占めるガンです。実はその次に多いのが、心疾患や脳血管疾患を合わせた「血管事故」。心筋こうそくや脳卒中などは心臓や脳の特殊な病気ではなく、実は血管が詰まったり破れた…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山本裕典が人気アイドルの性癖を暴露!?解雇されても仕方がない裏の顔とは?
2
ブルゾンちえみに飛び交う「パクリ疑惑」と「メンタルの弱さ」
3
経営店も続々閉店…テレビから消えた川越シェフに一体何が?
4
筧美和子、「とんねるず」特番で起きた“胸ポロ”の裏に隠された苦悩
5
「精霊の守り人」が壮絶爆死!綾瀬はるかより真木“棒”子に辛辣意見が続出