芸能

杉原杏璃 自伝映画「…and LOVE」で魅せた妖艶濡れ場!(1)極上ボディが思う存分に味わえる

20161229n1st

 現役アイドルが実体験をもとにグラビア界の裏側を書き下ろした自伝的小説がついに映画化された。人気グラドル・杉原杏璃(34)が原作、主演の“二刀流”で挑んだベッドシーンをどこよりも早く公開する!

 ホテルのベッドの上、鮮やかなショッキングピンクのナース服を着た美女が、白いリボンで目隠しされ、よつんばいスタイルで男の攻め手を待っている。

「エッチだな」

 女のカラダを舐め回しながら男がささやくと、ツンと尻を突き出して、短いナース服の裾から真っ赤なレースのパンティがあらわになる。

 さらに、男はナース服のフロント部分に手をかけ、ジッパーを徐々に引き下ろす。胸元、へそ‥‥、ジッパーがジリジリと引き下ろされると最後は全開となり、赤いパンティがまる見えとなる。2つに引き裂かれたかのようなナース服の合間からはこんもりとしたGカップ谷間が飛び出すのだ──。

 衝撃的なコスプレセックスの濡れ場に挑んでいるのは現役グラビアアイドル・杉原杏璃だ。身長157センチと小柄ながらも、スリーサイズはB89・W56・H80というみごとにクビレたスーパープロポーションを武器に、数多くの写真集やDVDを発売してきたトップグラドルだ。橋本マナミ(32)、磯山さやか(32)、手島優(34)など、最近は“三十路グラドル”の活躍が目立つ中、この熟女ブームを牽引してきたのが杉原なのだ。

 さらに杉原は、昨年6月に突如、自伝的小説を発表。その処女作では、グラドルデビュー前の元カレとの口淫プレイ、先輩グラドルからのいじめ、グラドルを襲う枕営業、ナンパ男とのハメ撮り‥‥と、冒頭のコスプレセックスのみならずグラビアアイドルの“性態”と私生活のセックスをつづった。その現実とも虚構ともつかない衝撃的な内容は、グラビア界にセンセーションを巻き起こしたが、今回はみずから、その濡れ場映画「…and LOVE」(3月18日公開)に体当たりしている。

 冒頭のコスプレセックスに場面を戻そう──。

 男の手がアイスペールに伸びる。目隠しの次は氷責めだ。ロックアイスを持った男の手は、まずは杉原の唇を責める。とがった氷が半開きになった杉原の唇をぐるりと舐めるように愛撫すると、目隠しされて敏感になった杉原のボディは弓なりに反って好反応。半開きになった唇から舌先を伸ばして舐め返すのだった。

 さらに、氷の刺激が杉原のボディに襲いかかる。ナース服の前面が観音開きになった状態でベッドにあおむけで横たわると、透き通るような胸元には静脈が青く浮き出て、官能的なムードを醸し出す。その渓谷をロックアイスがツツーと滑り落ち、再び杉原の敏感ボディをのけぞらせる。そして目隠しをしたまま男に唇を奪われると正常位で強く抱きすくめるのだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    女性と無縁の理系アラフォー男が3ヵ月で結婚!男が頼んだ“婚活のプロ”の正体とは?

    Sponsored
    74637

    「男子校出身で、おまけに大学も職場も理系のため、女性との接点がほとんどなかったんです。仕事も忙しく不規則なため、友人からの飲み会の誘いやサークルにも滅多に参加できず、そんな男性社会で20~30代を過ごしていたら、気づけば40歳。そこで慌てて…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    他人ごとではない…冬に注意すべき「血管事故」対策は「血管年齢の若返り」!?

    Sponsored
    75325

    突然ですが、日本人の主な死因を知っていますか?最も多いのは、1/4以上の割合を占めるガンです。実はその次に多いのが、心疾患や脳血管疾患を合わせた「血管事故」。心筋こうそくや脳卒中などは心臓や脳の特殊な病気ではなく、実は血管が詰まったり破れた…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    最大75%効率アップ!「まだスマホの充電が終わってない!」を防いでくれる急速充電器

    74187

    仕事や趣味で活躍するスマホやタブレット。重宝する半面、ヘビーユースする人にとって問題となるのがバッテリー問題ではないだろうか。満足に充電できず慌てて外出した際、電車内や取引先で電池残量がピンチになる不安は避けたいところ。そこで今回セレクトす…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
櫻井翔が女子アナと真剣交際の裏で大事な“相棒”を乗り換えていた!?
2
「今夜くらべてみました」で日テレがSHELLYをリストラできない裏事情
3
ブレイク俳優の高橋一生が「an・an」で一糸まとわぬ姿を披露しファンが困惑
4
「重病説」が飛び交うホリケンの「顔色が悪い本当の理由」とは?
5
細川茂樹「事務所契約解除」のウラに意外すぎる「バッチバチ素顔」