スポーツ

イ・ボミ サービスカット満載のフォトブック「イ・ボミ STYLE」に重大ペナルティ疑惑

20170105_12o

 2年連続賞金女王に輝いた女子プロゴルフ界のヒロイン、イ・ボミ(28)。「スマイルキャンディ」と愛称がつくほどの笑顔に抜群のプロポーションを誇るが、この体が悪事の片棒を担がされたというのである。

 ベッドに寝そべりながらとびきりの笑顔を向けるボミ。身を包んでいるサテン地の白い洋服の胸元はあまりにも緩く、思わず見入ってしまう。16年1月に刊行されたフォトブック「イ・ボミ STYLE」(セブン&アイ出版)に掲載されたワンカットだ。

「今年は賞金女王も含め、史上最多の5冠に輝きました。中でもボミが喜んでいたのは新設の資生堂賞。最も強く美しい選手を表彰するもので、授賞式の場では『えへへ』と、にやけ顔でした。試合とはまた違った素の表情でしたね」(スポーツ紙ゴルフ担当記者)

 話をフォトブックに戻そう。「美しすぎる素顔」とうたい文句がある同書内では、ラウンド中より露出の多い部屋着やドレスばかりで、体のラインがまるわかり。くびれたウエストからむっちりとしたお尻、太腿、そこに至るラインを思わずなでたくなるほどだ。この限界露出を可能にした裏には、陰に隠れた彼女の努力があった。

「今でも『写真は苦手』と語っていますが、デビュー当初は鼻に傷があったこともあり、カメラを向けても厳しい表情でした。日本ツアー参戦2年目の12年オフに母国・韓国できれいに“修復”してから変わりましたね。本人も生まれ変わった自分の顔を『化粧みたいなものですよ』と、てれ隠すほどの喜びようでした。これで体全体に自信が生まれたようで、ミニスカ姿で気持ちの乗った笑顔が生まれましたね」(前出・スポーツ紙ゴルフ担当記者)

 だが、話を先のフォトブックに戻すと、刊行から1年たった現在、同著を巡り“競技失格”ものの重大ペナルティが発覚していたのだ。

「出版に携わったスタッフへのギャラがいまだに払われていないんです」

 と声を潜める出版関係者が続ける。

「コーディネーターのX氏と制作会社が主体となって本を作成したんですが、X氏がカメラマンやヘアメイクなどスタッフのギャラを持ったまま連絡がつかない状況だと聞きました。通常の刊行であれば版元の出版社が支払いを行うので、こういったことは起きにくいのですが‥‥。今回は出版社が印刷や流通のみ携わる『発行元』にすぎません。もう一方の責任者である制作会社にもスタッフが何度も請求を促しているようですが『来月には払えると思います』の一点張りでけんもほろろな対応とのこと。このままでは訴訟につながりかねません」

 このX氏は業界内で著名ではあるのだが、一方でこうしたトラブルの常習者だったという。

「一般的にギャラの額で揉めることはあっても、未払いは珍しいので業界でも話題になりやすいですが、こうしたX氏のトラブルが目立っています。今、『Xには気をつけろ』と、各社は自主規制を敷いている状況です」(大手出版社編集者)

 そのX氏に事情を聞くと、

「もう1人いる別のコーディネーターとの間での処理がうまくいかず、ギャラが遅れるトラブルがあるのは事実です。ただ、スタッフと連絡が取れていないことはなく、現在、処理をしているところで、責任を持ってお支払いいたします」

「リカバリー」なるか。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    薬用和漢のチカラで髪を強くしなやかに…頭皮環境から考える山野愛子流「育毛」ケアとは?

    Sponsored
    76814

    20~60代の女性を対象に行った、ある髪に関するアンケートの結果によると、なんと9割以上の女性が「髪にツヤがあるほうが若く見えると思う」と回答し、4割以上が「初対面の女性の髪の状態またはヘアスタイルを見て、年齢を判断する」と答えたのだそうで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    女性と無縁の理系アラフォー男が3ヵ月で結婚!男が頼んだ“婚活のプロ”の正体とは?

    Sponsored
    74637

    「男子校出身で、おまけに大学も職場も理系のため、女性との接点がほとんどなかったんです。仕事も忙しく不規則なため、友人からの飲み会の誘いやサークルにも滅多に参加できず、そんな男性社会で20~30代を過ごしていたら、気づけば40歳。そこで慌てて…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    放っておくと命に関わる血管のリスク 「血管の老化」に要注意!?

    Sponsored
    75325

    突然ですが、日本人の主な死因を知っていますか?最も多いのは、1/4以上の割合を占めるガンです。実はその次に多いのが、心疾患や脳血管疾患を合わせた「血管事故」。心筋こうそくや脳卒中などは心臓や脳の特殊な病気ではなく、実は血管が詰まったり破れた…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
乃木坂46西野七瀬が「Mステ」で見せた難易度MAXの立ちポーズにファン驚愕
2
古舘伊知郎が「小川アナは櫻井くんに会いに行っていた」と暴露しファン大激怒
3
エマ・ワトソン、バラまかれた“秘部なし”私的写真に全世界がため息!?
4
マネージャーに厳しい!?武井咲と演歌界の“小天狗”に「第二の細川茂樹」の声
5
「相棒」最終回に2年越しの伏線が!?成宮寛貴は以前から復讐に手を染めていた?