社会

海外でも大注目!「豆類」にダイエット効果が期待できるワケ

20170201mamerui

 健康雑誌でもよく取り上げられる「豆類ダイエット」。タレントの実体験がレポートされてブームにもなったりする。医学的効果を疑問視する向きもあるなか、海の向こうから舞い込んできたニュースが話題になっている。

 発端は「The American Journal of Clinical Nutrition」に掲載された記事だ。カナダ・トロントのSt. Michael’s hospitalで940人の成人について行った臨床試験によれば、他の食品を減らさず、豆類を毎日130グラムほど食べ続けただけで、6週間で体重が340グラム減ったという。この実験を指導したRussell de Souza氏は、誌上でこう述べている。

「今回の実験では体重減少はわずかだったが、食事に豆類を加えるだけで減量に役立ち、減量後のリバウンドも防ぐ可能性がわかった」

 食べないダイエットではなく、食べて痩せられることが期待できるというのだから魅力的である。管理栄養士の中川孝子氏も後押しする。

「豆類にはビタミンB1、ビタミンB2が豊富。ビタミンB1には糖質のエネルギー代謝を促す働きがあり、ビタミンB2は脂肪の燃焼を促す。ダイエット効果は高いと思います」

 そこで思い出されるのが、一時、大ブームを呼んだ「納豆ダイエット」である。さるテレビ番組の「ヤラセ疑惑」でブームは消えたが、効果も消えたわけではない。食文化研究家で西武文理大学講師の永山久夫氏が解説する。

「わが国では古来より、大豆は100歳食、食べる薬とも言われてきました。みずほの国の食文化の基本は、米と大豆と季節ごとのありあわせ料理。この食事は太らないばかりか、成人病も防ぎます。納豆に含まれるナットウキナーゼは血栓を溶かし、血液サラサラ効果を持つので、代謝アップに繋がります。代謝が上がることで、脂肪燃焼を活発化させる。ご飯と納豆は理想的なダイエット食なのです」

 元来、日本人の食生活に豆類は欠かせなかったのだが、今や正月のおせちからも黒豆が消えかかっている。これを機に、豆を見直してみてはどうか。

(谷川渓)

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    溶解~抗菌~浸透~鎮痒のプロセスで白癬菌を退治!「水虫」の正しい治し方

    Sponsored
    86516

    「あれっ、なんだか足がかゆい」こんな症状に覚えはありませんか? 我慢できないほどのかゆみがなくても、もしかしてそれは「水虫」かもしれません。水虫は、白癬(はくせん)菌という真菌(カビ菌)が、皮膚、角質、爪などのケラチンを栄養源に繁殖して起こ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    実写映画化で話題沸騰! 『ジョジョの奇妙な冒険 第4部~PART4 ダイヤモンドは砕けない~』のコミック版が無料試し読みに登場

    Sponsored
    85664

    最近は、新聞も雑誌もコミックもスマホで!なんて話をよく聞きます。デジタルをスマートに使いこなすサマは、かっこいい「大人」って感じですよね。でも、紙の雑誌で育った世代にとっては、まだ未体験という人も多いのでは。そんな人にオススメしたいのが、電…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    30代、40代から顕著になる「小じわ」などのお肌への不安、あなたはどうする!?

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
上原多香子、無言で謝罪する足元に漂う違和感で囁かれる「妊娠説」!
2
上原多香子 夫の自殺に親友が姿を見せない本当の理由
3
愛子さま 憧れの佳子さまを支えに「ふっくら回復」
4
上原多香子「奔放だった男グセ」を「居酒屋デート」ミュージシャンが初激白!
5
「不貞報道」上原多香子、夫遺族が「証拠」を今公開せざるを得なかった理由!