エンタメ

孫正義 長者日本一への⑦決断「若くても、資本がなくてもNO1になるには…」(1)

「コンピュータ業界」を選ぶまでの沈思黙考500日!

学生時代に1日1発明を自分に課した孫正義氏が1980年代初頭に実社会に出てまず行ったのは、一生を捧げる業界の選択だった。驚異の探究心で各業種を1年以上かけ研究。結果導き出された「コンピュータ業界」の土俵で、総資産6800億円、年収93億円という長者日本一への道を猛進していく─。

「メダカの子」か「鯛の子」か

 孫正義は、1980年3月、カリフォルニア大学バークレー校を卒業すると同時に、日本に帰った。

 福岡市内の古いビルの二階に、企画会社としてユニソン・ワールドという社名で事務所を構えた。

 会社を登記する時、自分の名前を「孫正義」と書き込んだ。それまでの日本姓である「安本」を捨て、代々伝わる韓国名の「孫」姓を名乗る決意をしたのである。

 親戚たちは、懸命に止めた。

「正義よ、お前は、まだ子どもだからわからないんだ。学生上がりで、世の中ってもんがわかっていない。韓国名の孫の名前で出ることが、どれだけのちのち苦しむことになるのか‥‥。悪いことは言わん。安本の名前で行け」

 孫は、耳を貸そうとはしなかった。

「ぼくは、みなさんのように苦しい体験をしていないから、確かにわからないところがあるかもしれない。しかし、ぼくの人生です。どんなにつらいことがあったとしても、それはそれでいい。そんなコソコソ隠すような人生は、ぼくには合いません」

「そんなきれいごと言っても、実際には銀行が金を貸してくれなかったり、お客や社員がとりにくくなるんだぞ」

「いや、国籍の違いで離れていくような人は、むしろ自分が後で恥ずかしい思いをするんだ。ぼくから言わせれば、そういう人たちのほうがかわいそうな人ですよ。物事の本質を見られない人間ですからね」

孫にとって大きな決断であった。

〈問題は、どの土俵を選ぶかだ。一度選んだらこれから何十年も闘わねばならないのだ。その土俵選びのためなら、1年かけても2年かけてもいい〉

 孫は、自分のスタートにもっともこだわっていた。

〈メダカの子どもで生まれるか鯛の子どもで生まれるか。それとも鯨の子どもで生まれるか。同じ子どもでも、何の子どもで生まれるかで、成長したときの大きさは大抵決まってしまう。確率論から言えばそうなる。もしも、規模が小さく、てっとり早い業種から始めれば、10年先、20年先はかならず頭打ちになる。そのたびに業種を替えていかなければならない〉

 孫は、土俵を選ぶための条件をまずノートに書き出してみた。

「儲かる」

「ビジネスにやりがいがある」

「構造的に業界が伸びていく」

「資本がそれほどなくていい」

「若くてもできる」

「将来の企業グループの中核になる」

「自分自身やりがいを感じる」

「ユニークである」

「日本一になりうる」

「人を幸せにできる」

「世界中に拡大できる」

「進化を味方にできる」

 その数は、25項目にも及んだ。

 孫は、ひとつひとつの要因に指数をつけた。例えば「新しさ」の指数は20点満点。「世の中の役に立つ」は50点満点。「小さい資本でできる」が30点満点というようにしながら、眼をつけたバイオテクノロジーや光通信、ハードウエアの販売といった40もの新しい事業の切り口を持った事業プランに点数をつけていった。総合点がもっとも大きいものに一生を捧げるつもりだった。

 アルバイト社員の2人には、いつも熱っぽく語っていた。

「おれは、5年で100億円、10年で500億円、いずれは何兆円規模の会社にしてみせる」

 孫は、40もの事業アイデアひとつひとつに対しての資料を膨大に集めた。スタートから10年間のビジネスプランを作り、予想損益計算書、予想バランスシート(貸借対照表)、予想資金繰り表、予想人員計画、マーケティングプラン、競合分析、市場規模の大きさ‥‥まさにしらみ潰しに調べた。自分なりの新しい切り口で、圧倒的なナンバーワンになれる決定要因を考え抜いた。

カテゴリー: エンタメ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    薬用和漢のチカラで髪を強くしなやかに…頭皮環境から考える山野愛子流「育毛」ケアとは?

    Sponsored
    76814

    20~60代の女性を対象に行った、ある髪に関するアンケートの結果によると、なんと9割以上の女性が「髪にツヤがあるほうが若く見えると思う」と回答し、4割以上が「初対面の女性の髪の状態またはヘアスタイルを見て、年齢を判断する」と答えたのだそうで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    女性と無縁の理系アラフォー男が3ヵ月で結婚!男が頼んだ“婚活のプロ”の正体とは?

    Sponsored
    74637

    「男子校出身で、おまけに大学も職場も理系のため、女性との接点がほとんどなかったんです。仕事も忙しく不規則なため、友人からの飲み会の誘いやサークルにも滅多に参加できず、そんな男性社会で20~30代を過ごしていたら、気づけば40歳。そこで慌てて…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    放っておくと命に関わる血管のリスク 「血管の老化」に要注意!?

    Sponsored
    75325

    突然ですが、日本人の主な死因を知っていますか?最も多いのは、1/4以上の割合を占めるガンです。実はその次に多いのが、心疾患や脳血管疾患を合わせた「血管事故」。心筋こうそくや脳卒中などは心臓や脳の特殊な病気ではなく、実は血管が詰まったり破れた…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
乃木坂46西野七瀬が「Mステ」で見せた難易度MAXの立ちポーズにファン驚愕
2
古舘伊知郎が「小川アナは櫻井くんに会いに行っていた」と暴露しファン大激怒
3
エマ・ワトソン、バラまかれた“秘部なし”私的写真に全世界がため息!?
4
マネージャーに厳しい!?武井咲と演歌界の“小天狗”に「第二の細川茂樹」の声
5
「相棒」最終回に2年越しの伏線が!?成宮寛貴は以前から復讐に手を染めていた?