芸能

新川優愛、縁もゆかりもないハワイでの「アナザースカイ」が薄っぺらすぎる!

20170217shinkawa

 2月10日放送の「アナザースカイ」(日本テレビ系)に、女優でモデルの新川優愛が登場した。海外にある“第二の故郷=アナザースカイ”をゲストが訪れる様子を映し出す番組だが、新川がハワイを訪れた今回の放送は毛色が違った。

 ゲストが思い入れのある海外の地を訪れ、そのゆかりを紐解いていくのが番組の趣旨のはずだが、今回は新川がハワイに訪れた理由については完全スルー。せいぜい「以前、撮影で来た」というナレーションが入ったくらいである。

 さらに、訪れる場所も「番組MC今田耕司のおすすめレストラン」「はじめて行く夕陽スポット」など、新川には何のゆかりもない場所。過去にハワイを訪れたときのエピソードもなければ、その時と今の心境の比較などの語りもない。

「新川は番組内で、インドア派で外出さえあまりしないと明かしていて、ハワイにも特に思い入れがなさそうでした。そのため、ハワイでのロケ中に本人も『撮れ高が心配だな。面白味ある? 大丈夫かな?』としきりに心配していました」(テレビ誌ライター)

 その新川の心配どおり、内容が薄く見ごたえのない回になっていたのだ。

「もともと新川とハワイとの接点が大してないため、そうなるのは仕方がないですよね。新川のせいではありません。もっとも、このオファーを受けたときに事務所が断る勇気があれば、こんなことにはならなかったとは思いますが‥‥。」(前出・テレビ誌ライター)

 実は、このような回は珍しいことではないという。

「過去には“行ってみたかったから”という観光感覚で初めて訪れる国に行く回や、友達を連れて旅行に行くような回もありました。オファーしたタレントに、海外で関わりの深い地がない場合にしかたがなくそうなるようですが、総じて内容が薄いのです。他の回が自分のルーツがある国だったり、人生観が変わった場所だったりと、内容が濃く人物像にもグッと迫るものが多いだけに、よけいに中身がないように見えて、出演したタレントさえも薄っぺらく見えてしまう」(前出・テレビ誌ライター)

 海外に“アナザースカイ=第二の故郷”のないタレントを強引にキャスティングすることが、本当にこの番組に必要なのか。視聴者が何を期待しているのかを、いま一度、制作サイドは考えるべきだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    薬用和漢のチカラで髪を強くしなやかに…頭皮環境から考える山野愛子流「育毛」ケアとは?

    Sponsored
    76814

    20~60代の女性を対象に行った、ある髪に関するアンケートの結果によると、なんと9割以上の女性が「髪にツヤがあるほうが若く見えると思う」と回答し、4割以上が「初対面の女性の髪の状態またはヘアスタイルを見て、年齢を判断する」と答えたのだそうで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    女性と無縁の理系アラフォー男が3ヵ月で結婚!男が頼んだ“婚活のプロ”の正体とは?

    Sponsored
    74637

    「男子校出身で、おまけに大学も職場も理系のため、女性との接点がほとんどなかったんです。仕事も忙しく不規則なため、友人からの飲み会の誘いやサークルにも滅多に参加できず、そんな男性社会で20~30代を過ごしていたら、気づけば40歳。そこで慌てて…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    放っておくと命に関わる血管のリスク 「血管の老化」に要注意!?

    Sponsored
    75325

    突然ですが、日本人の主な死因を知っていますか?最も多いのは、1/4以上の割合を占めるガンです。実はその次に多いのが、心疾患や脳血管疾患を合わせた「血管事故」。心筋こうそくや脳卒中などは心臓や脳の特殊な病気ではなく、実は血管が詰まったり破れた…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
古舘伊知郎が「小川アナは櫻井くんに会いに行っていた」と暴露しファン大激怒
2
中居正広がWBCの現場で“暗黙のルール”を破り記者たちから大ブーイング
3
マネージャーに厳しい!?武井咲と演歌界の“小天狗”に「第二の細川茂樹」の声
4
細川茂樹「事務所契約解除」のウラに意外すぎる「バッチバチ素顔」
5
「相棒」最終回に2年越しの伏線が!?成宮寛貴は以前から復讐に手を染めていた?