芸能

松本伊代も真っ青!?あの線路が観光地化して活動「自粛」から「休止」の危機

20170223matsumoto

 やはりこうなったか‥‥。

 タレントの松本伊代と早見優がJR嵯峨嵐山駅近くの線路に立ち入り記念撮影。その写真をブログにアップしたことが問題になり、書類送検される事態にも及んだあの事件。本人や松本の夫であるヒロミも含め、まさに平身低頭。反省を込めて謝罪をしていた。

「写真内に立ち入り禁止という札まで写っているのに、不特定多数の人たちが見るブログにアップするのは、不注意を通り越して社会人として残念。有名人としての自覚がないと責められても文句は言えなかった。その後は反省もしているようですし、一時的な活動自粛状態でもありますから、二度とこんなことはないでしょう。ところが、世間でも一部の人たちが危惧していたことが起こり、再び松本と早見の責任がネット上で問われています」(女性誌記者)

 というのも、2人の書類送検で瞬く間に有名になった“あの線路”に、毎日のように多くの人が訪れるようになってしまったのだとか。

「土日などはまるでテレビのロケでもあるの? というぐらいに人が集まり記念撮影をしています。踏切が開いている時は立ち止まってピースでパシャリ、動画を撮影している人もいますし、一種の観光地になってしまっている。松本と早見に対するお咎めは『こんなことしたら警察に捕まりますよ』という警告のはずだったのに、世間のSNSかぶれはちょっとひどい。みんなでやれば怖くないとばかりに、法律違反の聖地巡礼のような状態です」(前出・女性誌記者)

 ここにきての“線路侵入”は松本や早見の責任とは言い切れない部分はあるが、2人が火種となったことも間違いないところ。一般人の常識に訴えるしかない問題だが、警察や鉄道会社を巻き込んだこの騒動が続けば、松本と早見は芸能活動自粛の延長、もしくは活動休止という形で責任を取らざるを得ないかもしれない。

(小机かをる)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「蜂に刺されたら尿をかける」は大間違い!実はキケンな「応急処置」

    88462

    この夏も各地キャンプ場で「蜂に刺された」という被害が報告された。「スズメバチはもともと攻撃性の高い蜂なのですが、夏~秋にかけて攻撃性がさらに高まります。家の軒先や樹木などにも大きな巣を作りますので、レジャーの時だけでなく、この時期は日常的に…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石原さとみ危うし?Fカップ「全見せ」解禁で今野杏南が女優として猛追!
2
江角マキコの落書きどおり?長嶋一茂が放った一言に共演者が凍りついた!
3
有名人家族「骨肉の修羅」全真相(2)安室奈美恵 「親族が実母を惨殺」事件のトラウマ現場
4
嵐・櫻井翔に真っ向勝負!?関ジャニ∞は「苦学生時代」をアピール!
5
泰葉、イラン人男性との婚約会見で見せていた「不協和音」!