社会

アメリカで人気NO1の薄毛治療は「吸血療法」だった!

20170307usuge

 新たな療法が浮かんでは消え、消えては浮かぶ育毛・発毛法だが、アメリカで昨年、最も注目を集めた発毛法のが、その名も「バンパイアPRP」。吸血鬼バンパイアから名前をとった、いわば「吸血療法」である。

「PRP(Platelet-Rich Plasma)療法というのは、自身の血液を採取し、遠心分離機にかけてPRP組織(血小板を濃縮したもの)を抽出。それを患部に注入するというものです。PRPはもともと、体内にある血小板を濃縮したもので、新しい組織や細胞の成長を促す栄養素が豊富に含まれており、これを患部に注入することで治癒力をより加速することができる。リハビリなどで効果がみられなかった慢性アキレス腱炎、足底腱膜炎などの治療法として有効だと、FDA(米食品医薬品局)にも認められています」(山田クリニック・佐藤整医師)

 この療法は、アメリカ・マイアミ大学の外科医ロバート・マークス教授によって1990年頃に行われたと言われている。教授は自著の中で、次のように述べている。

「血小板に含まれている増殖因子は、創傷に対して驚異的な治癒力を持っており、血小板は創傷治癒を開発する重要な細胞であることを発見した」

 ニューヨークヤンキースの田中将大投手が右肘靱帯の部分断裂の治療にこの療法を取り入れたことで知られているが、女性のしわ、シミ、目の下のクマなどが目立つ肌への美容治療にも応用されて成果を上げており、これが発毛療法へと進んだのである。ヘアーコンサルタントで美容師の工藤澄雄氏が言う。

「治療の方法は、患者の体内から採取した血液を加工してカクテルを作り、これを頭皮に注射する(もちろん麻酔を施す)。これによって頭皮や周辺の血行を促進させ、髪の成長を促します。自分の体から採取した血液を頭皮に直接注入することで発毛を促す手法ですから、吸血鬼のバンパイアになぞらえて命名されたと言われています。一定の効果が見られた、植毛よりも頭皮を傷つける必要がない、などとアメリカで人気になり、我が国でも治療を行う医者が出てきました。ただ、この治療を行う医師はやはり少ないのと、少々費用がかかるのがネックです」

 関心のある向きはじっくり調べてみるといいだろう。

(谷川渓)

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
カトパン初出演ドラマ、ラストシーンでよみがえるフジ史上最悪の放送事故!
2
胸のトップがハミ出てる!?水原希子「ギリギリ画像」大量公開の切迫事情
3
竹内涼真に「最速で人気急落」が囁かれる5つの“問題言動”!
4
清水良太郎、逮捕現場ホテルに垣間見えた「薄っぺらいプライド」!
5
戸田恵梨香、伝説の「黒歴史ダンス」が土屋太鳳に蒸し返された!