政治

石原慎太郎が暴露した小池百合子都知事の「手下の記者」とは誰だ?

20170309_asagei_koike

 小池百合子都知事との「果たし合い」の覚悟で記者会見に臨んだ石原慎太郎元都知事。築地市場の移転先として豊洲の土地購入に関しては、石原氏は会見で「任せていた」と歯切れの悪い応対を見せた。

 だが、さすが「侍」である。石原氏は小池氏に対しては舌鋒鋭く斬り込んだ。

「『混迷の責任は小池知事にある』として、かなりおかんむりの様子でした。そして、石原氏は『小池知事のランニングドッグのマスコミが自宅に詰めかけた』と言ったのです。その件で報道陣はザワついています」(社会部記者)

 ちなみに、「ランニングドッグ」とは、「手下」とか「子分」という意味。この発言に報道陣が反発したのかと思いきや‥‥。都庁担当記者が話す。

「『あいつのことでは?』と誰もが思い当たったのです。というのも、小池知事の定例会見では、質問者として指名される記者がとても偏っているためです。毎回、会見に出席して手をあげているのに、まったく指されない記者がいる一方で、毎回のように指名される記者もいるのです」

 小池氏が指名した回数NO1記者は日本テレビの女性記者だという。

「もちろん熱心に取材をしている記者ではあるのですが、やはり小池知事が気に入る質問をする記者が指名される。2位と3位はネットメディアの記者で、小池知事の目玉政策だけど、イマイチ注目されていない無電柱化について質問をして気に入られたんです。批判的な質問をすると“ブラックリスト”に入ってしまうのか、まったく指名されなくなるのです」(前出・都庁担当記者)

 小池氏は「オープンな場での議論」を石原氏に求めていた。だが、記者相手には「オープン」とはいかないようだ。石原氏の会見で思わぬことが判明したのだ。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    寒い屋外からオフィスに戻ると頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    98132

    厳しい寒さが続き、屋外と室内の温度差が激しいと、「顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバーしたり、さ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    モデルや芸能人も愛用!管理栄養士が監修するダイエット方法「スルスルこうそ」の実力とは?

    Sponsored
    91454

    ダイエットをする人にとって、その理由はそれぞれ。でも、いざ始めてみると、一筋縄ではいかないのがダイエットというものですよね。簡単に痩せることができたら苦労しません。失敗する人は何をしたってうまくいかず、負の連鎖を繰り返すことになってしまいま…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    少しのお酒で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    年末年始の飲み会が増えるこの時期、「少しお酒を飲んだだけでも顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバー…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
眞子さま「婚約延期」で「皇太子vs秋篠宮」代理戦争(1)「母親だけの問題じゃない」
2
眞子さま「婚約延期」で「皇太子vs秋篠宮」代理戦争(3)お相手の醜聞を広める理由
3
眞子さま「婚約延期」で「皇太子vs秋篠宮」代理戦争(2)「得体が知れない」との声も
4
眞子さま「結婚延期」で浮上した皇室内の“壮絶ウラ攻防”
5
有賀さつき「52歳ガン死」までの過酷闘病(1)病名が伏せられていた理由は?