事件

きゃりーも困惑!ファンの仕切り役が中学生を毒牙にかけたゲス手口とは?

 アイドルのファン活動を通じて知りあった当時13歳の少女に、性的な行為をさせ、その様子を撮影したなどとして、無職・森川和城容疑者が逮捕された。森川容疑者は、きゃりーぱみゅぱみゅの熱狂的なファンであり、リーダー的存在だったという。

「森川はツイッター上で『ちゅんせかずき』の名前で活動し、きゃりーのライブに足繁く通っていました。また彼は常に前列でライブ鑑賞し、きゃりーにプレゼントするファンの寄せ書きなども仕切るなどして、現場ではよく知られた存在だったようです。そして今回被害にあった少女も、同アーティストのファンだったため、リーダー的存在である彼の誘いを断れば、今後、応援活動ができなくなると危惧し、要求を受け入れてしまったと証言しています」(アイドルライター)

 また森川容疑者は昨年、アイドルオタクとしてニュースサイトにインタビュー記事が掲載され、その内容が一部で話題になった。

 記事によると彼は、アイドルを追いかけている女性ファンを、様々な手口で落としていたという。

「森川は、インタビューにて、未成年がストライクゾーンであると話し、『50人以上の女オタを抱いた。経験人数は200人以上』と告白。さらに女性ファンの落とし方については、イベントの現場に1人で来ている女性に声をかけ、のちにSNSでやり取りをしつつ、家に誘う。またはアイドルに寄せ書きを送るからと女性を誘い、距離を縮めていくという方法をとっていたようです。さらに心に病を持ち、自傷行為を行っている子は扱いやすく、高圧的に出れば有利にコトを運べるというゲスな考えも明らかにしています」(前出・アイドルライター)

 きゃりーぱみゅぱみゅなど、多くのアーティストたちは、ファンを選ぶことはできない。それだけに今回、ゲス行為を繰り返す男のせいで、メディアに名前を使われたきゃりーには、同情の声が集まっている。

カテゴリー: 事件   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    溶解~抗菌~浸透~鎮痒のプロセスで白癬菌を退治!「水虫」の正しい治し方

    Sponsored
    86516

    「あれっ、なんだか足がかゆい」こんな症状に覚えはありませんか? 我慢できないほどのかゆみがなくても、もしかしてそれは「水虫」かもしれません。水虫は、白癬(はくせん)菌という真菌(カビ菌)が、皮膚、角質、爪などのケラチンを栄養源に繁殖して起こ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    実写映画化で話題沸騰! 『ジョジョの奇妙な冒険 第4部~PART4 ダイヤモンドは砕けない~』のコミック版が無料試し読みに登場

    Sponsored
    85664

    最近は、新聞も雑誌もコミックもスマホで!なんて話をよく聞きます。デジタルをスマートに使いこなすサマは、かっこいい「大人」って感じですよね。でも、紙の雑誌で育った世代にとっては、まだ未体験という人も多いのでは。そんな人にオススメしたいのが、電…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志、「発言がカットされた」苦言で囁かれる「上原多香子」と「番組降板」!
2
上原多香子 夫の自殺に親友が姿を見せない本当の理由
3
上原多香子、無言で謝罪する足元に漂う違和感で囁かれる「妊娠説」!
4
「不貞報道」上原多香子、夫遺族が「証拠」を今公開せざるを得なかった理由!
5
上原多香子「奔放だった男グセ」を「居酒屋デート」ミュージシャンが初激白!