芸能

爆笑問題・太田光の「WBC打ち切れ」発言に大ブーイング

 なぜ、言う必要があるのか?

 現在開催中のWBCで無敗で決勝トーナメントに駒を進めた侍ジャパン。残念ながら準決勝で米国に惜敗したものの、第2ラウンドまでは全勝、しかもほとんどの試合を乱打戦を制しての勝利ということもあり、ファンはおおいに盛り上がった。

 なかでも特に今大会のベスト試合にあげられるのが、12日に行われた「日本×オランダ」の一戦だろう。

 日本が得点してはオランダがしぶとく追いついていくという絵に描いたようなシーソーゲームは延長11回のタイブレークに突入。中田翔が値千金の2点適時打を放ち、逃げ切ることに成功し、約4時間半にも及ぶ激戦にピリオドを打った。そのため、東京ドームでその結末を見届けた野球ファンたちは最終電車を逃す人が続出したものの、ほとんどの観客がそれも気にならないほど日本の勝利に歓喜した。

 ところが、その勝利の余韻を打ち消しにするような発言をして叩かれている著名人がいた。

「14日放送のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』での太田光の発言ですね。同試合の野球中継を担当したテレビ朝日で21時から放送予定だった番組『現役・OBレスラー200人&ファン1万人がガチで投票!プロレス総選挙』に出演した太田ですが、試合時間の大幅延長で、深夜0時過ぎからの放送となったことで『どうしてくれるんだ。なんなんだ、アレは!』と嘆いていました。さらに『打ち切りゃいいじゃねぇか』と野球放送を打ち切るべきというまさかの暴言。太田の気持ちもわからなくもないが、19時から野球中継がスタートして、2時間できっちり試合が終わることのほうが少ない。視聴率が取れるWBCの中継を打ち切ることはまず考えられませんから、太田もジョークのつもりで言ったのでしょう。しかし、まったく誰も期待してないジョークですから、盛り上がりに水を差したと感じる野球ファンも多く、かなり反感を買ってしまったようです」(エンタメ誌ライター)

 野球ファンからは「冗談でも許せない」「冷める発言する意味がわからない」「やっぱ太田は嫌いだわ」「大物芸人は勘違いしてるのかひと言多いね」など、残念ながら賛同は得なかったようだ。

 リアルなスポーツが庶民にもたらす熱気は、芸人の軽口やギャグでは簡単に消火できないことをそろそろ知ったほうがいいかもしれない。

(田中康)

関連記事:太田光のこぼしたコーヒーを田中裕二が拭く!?爆笑問題の「主従関係」がエグい! http://www.asagei.com/excerpt/74228

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
清水良太郎、逮捕現場ホテルに垣間見えた「薄っぺらいプライド」!
2
戸田恵梨香の車で事故った成田凌にファンが「交際発覚」より失望した事実!
3
「さんタク」正月放送決定でも2人を隔てる不穏な空気
4
竹内涼真に「最速で人気急落」が囁かれる5つの“問題言動”!
5
「しつこいオトコと仮眠中」石田ゆり子の寝顔が驚愕の美しさ!