スポーツ

石井一久が元阪神・赤星とのデッドボール遺恨にトンデモ持論で対抗

 3月26日放送のバラエティ「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)に、元阪神タイガースで現在は野球解説者として活躍する赤星憲広が出演。この日は「根に持っているSP」と題して、出演者たちは自身が根に持っている出来事について語ったが、赤星は現役時代に受けたデッドボールにまつわるエピソードを披露した。

 赤星いわく、デッドボールを受けた後には後日その投手から直接謝られたり、電話で謝罪を受けたりするのが球界の暗黙のルールというのだが、ただ一人だけデッドボールを当てた後にも謝罪がなかった投手がいると紹介。それが元ヤクルトのエースでメジャーでも活躍した、現在は野球解説者として活躍中の石井一久だった。

 石井のデッドボールで赤星は腰椎を骨折。2週間試合に出られなかったというのだが、後日、石井とすれ違った時にも一切の謝罪もなかったとのこと。これを赤星はいまだに根に持っているのだという。

 しかし、VTRで登場した石井は番組スタッフからそのエピソードを伝えられると、「あ、そうなんですか? 10年も経ってるんですよ、もう」と笑いながらコメント。視聴者もびっくりの相変わらずの変わり者ぶりを発揮した。

「石井は『自分が悪くなくても謝るタイプなんで、その時はやっぱり帽子を取ったと思うんですよね』と話したが、当時の映像を振り返ると、帽子は確かに取っていたもののあきらかに汗を拭っているだけで、謝っているようには到底見えなかったですね。さらに石井は『もし赤星くんがホームランを打ったら謝ってくれるワケじゃないじゃないですか? ボクがデッドボールを当てて謝る、赤星くんはホームランを打って喜ぶっておかしくないですか?』と独特のコメント。ホームランと天秤にかけている時点で、やはり一筋縄ではいかない性格ですね(笑)」(エンタメ誌ライター)

 これには視聴者も「言ってることがめちゃくちゃだな」「人としてそこは黙って謝ったほうがいい」「赤星は相手が悪かったとあきらめるしかない」と、石井の持論には納得がいかないという声が多かった。

 それでもプロは結果を出さなければ追い出される厳しい世界。わざと当てたのでなければ、謝る謝らないは本人の生き様だけに強制するものでもないかもしれない。

(本多ヒロシ)

関連記事:メジャーリーガーを目指すプロ野球選手たちの理想の妻は木佐彩子!? http://www.asagei.com/excerpt/20400

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
竹内涼真に「最速で人気急落」が囁かれる5つの“問題言動”!
2
「さんタク」正月放送決定でも2人を隔てる不穏な空気
3
広末涼子、「ぶっちゃけ発言」で囁かれ始めた“深刻な家庭事情”!
4
松本潤が有村架純に完敗!?主演映画で魅力を発揮できなかった意外なワケ
5
座ったまま合体!有村架純、松本潤との超過激ベッドシーンに映画関係者も大興奮