芸能

石田ゆり子 WOWOW新ドラマで挑む「アラフィフ」艶技!(2)色香増す演技だが私生活は?

 ドラマの舞台となるシェアハウスは、1階がカフェで、2階の住居にオーナーである石田を含めた男女が一つ屋根の下で暮らす。家賃月5万円で、おいしい食事付き。ただし各個室にプライバシーを守るドアはないのだ。

 原作では、初めてこの家を訪れた主人公に対して、他の女性住人が、

「いいこと、教えてあげる‥‥ここって、夜這いし放題なのよ」

 と、“夜這いし放題ハウス”であることを耳打ちする。

「逃げ恥」では、アラフィフ淑女を演じていた石田だが、今作ではずいぶんと刺激的な状況に追い込まれたものである。

 テレビ誌ライターが思いを巡らせる。

「WOWOWの強みは、地上波のコードでは放送できないような幅広い表現も可能なところです。14年にAVメーカーを舞台にカラミ満載のドラマ『モザイクジャパン』を放送したり、15年には相武紗季が大胆な濡れ場に挑戦した『硝子の葦』も話題となりましたからね」

 原作で最も性描写が露骨なシーンに登場するのは、ドラマで仲里依紗(27)が演じる、壮絶な闇を抱えた女・美羽。レズプレイまでこなすほど性に開放的な彼女は、売春で生計を立てているのだ──。

 原作では、貴生を自室に呼び寄せ、自分の過去を告白しながら、徐々に裸になっていく。ナマ乳を貴生の顔に押しつけて、相手を手際よく脱がせたら、相手の股間に腰を落として“くわえ込む”のだ。

〈腰に感じる重みが、リズムが、それ以外の思考をことごとく奪っていく(中略)下から美羽の乳房を掴んだ。痩せているわりに、意外なほど重みがあった(中略)突き上げる力を、余さず美羽に伝えたかった〉

 と、仲の推定Fカップ乳が揺れる様が想起されるシーンで、されるがままの貴生がかいま見られる。また、

〈実際、射精の寸前まではいったと思う。しかし、そこまで至らず貴生は終わった。避妊していなかったから途中で止めた、というようなことではなかったと思う〉

 と、美羽の心情がつづられ、ナマ騎乗位での生々しい状況が浮かび上がる。

 やはり夜這いは通例なのか、そして、オーナーである、石田演じる潤子が気づいているのか──。

 濡れ場に躊躇しない、最近の石田にも期待が高まるばかりなのである。

 今年で芸能生活30年を迎えた石田は、仕事に関してまさに絶好調。では、気になる“色恋”事情についてはどうか──。

 芸能プロ関係者が話す。

「石田は所属事務所の社長としての顔も持ち、仕事ばかりの生活。料理やピラティスという女性らしい趣味はありますが、もともと水泳に打ち込んだ体育会系の男っぽい性格なので、日曜大工もこなし、男には依存しないようですね」

 近況を知るべく、高級住宅街にある石田の自宅近辺を取材すると、近所の住人から、こんな話が聞こえてきた。

「そんなに頻繁じゃないけど、ワンちゃんの散歩をしている石田さんに会うよ」

 石田がペットを溺愛しているのは有名な話だ。ところが、話には続きがあって驚いた。

「キャップをかぶった男性とよく散歩をしているのよ。犬と石田さんの写真を撮ってあげたりしてね、仲がよさそうよ。いつも日が沈んだ頃に見かけるわよ」

 “訳あり”の住人たちを優しく受け入れる潤子のような、石田のよりどころとなっているのだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    寒い屋外からオフィスに戻ると頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    98132

    厳しい寒さが続き、屋外と室内の温度差が激しいと、「顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバーしたり、さ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    モデルや芸能人も愛用!管理栄養士が監修するダイエット方法「スルスルこうそ」の実力とは?

    Sponsored
    91454

    ダイエットをする人にとって、その理由はそれぞれ。でも、いざ始めてみると、一筋縄ではいかないのがダイエットというものですよね。簡単に痩せることができたら苦労しません。失敗する人は何をしたってうまくいかず、負の連鎖を繰り返すことになってしまいま…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    少しのお酒で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    年末年始の飲み会が増えるこの時期、「少しお酒を飲んだだけでも顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバー…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
眞子さま「婚約延期」で「皇太子vs秋篠宮」代理戦争(1)「母親だけの問題じゃない」
2
浜崎あゆみ、「新幹線のファーストクラス」移動に鉄道ファンがキョーレツ羨望!
3
眞子さま「結婚延期」で浮上した皇室内の“壮絶ウラ攻防”
4
有賀さつき「52歳ガン死」までの過酷闘病(1)病名が伏せられていた理由は?
5
眞子さま「婚約延期」で「皇太子vs秋篠宮」代理戦争(3)お相手の醜聞を広める理由